キャリアアップマガジンTOP  >   転職成功者の3割は3ヶ月で内定。転職活動を短期間で終えるべき理由と、短期で内定の秘訣は?

転職成功者の3割は3ヶ月で内定。転職活動を短期間で終えるべき理由と、短期で内定の秘訣は?

 2017年12月16日  Posted by  編集部

ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

ジョブトラ20s
★非公開の優良ベンチャー情報を厳選紹介
・第二新卒&未経験業界への転職もOK
・20代で市場価値が高まるキャリアを提案
・選考フォローが手厚く、内定獲得率・年収UP率ともに高い
大注目の優良ベンチャー情報を得るなら、ジョブトラ20s

公式 

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

「転職で重要なのは事前準備だ! じっくりキャリアを棚卸しして、ブラック企業に当たらないように慎重に求人を吟味して……」

確かにその通り。キャリアの棚卸しも、求人情報の収集も大切です。でも、転職活動にいったい何ヶ月かけるつもりなのでしょう?

じつは、企業も転職エージェントも転職期間の短い人を好んでいるため、転職活動の期間が長引けば長引くほど、転職失敗に近づいてしまいます。

本記事では、短期に転職活動を終えるための秘訣を解説します。

転職活動期間「3ヶ月」が、転職成功者の平均像

ある調査によると、転職活動を開始してから内定までの期間は、1~3ヶ月が37.2%でトップ、次いで29.6%の1ヶ月以内、15.6%の3ヶ月~半年(ピタジョブ 転職経験に関するアンケート)という結果でした。

また@typeのデータによると最もボリュームが高いのが「2週間以内」となっており、平均も「2.1ヶ月」です。これらのデータから、多くの人は転職活動をかなり早い段階で終了させていることが分かります。

「2週間以内」というのは何らかのコネクションで転職した可能性も考えられますが、それでも多くの人の転職活動期間は3ヶ月以内です。転職活動はなるべく長引かせないほうが良いと言えるでしょう。

続いて、3ヶ月という短期間で内定を獲得した転職者の実像や、転職活動の内容をデータから分析してみましょう。

応募社数は「2〜5社」の層が最も多い

それでは転職活動期間中、どのくらいの会社に応募する人が多いのでしょうか。

リクルートキャリアの調査によるとピンポイントで多かったのは10社で16.7%でしたが、「2社〜5社」と回答している人の合計は24.6%となっており、やはり多くの人は少なめの応募企業で内定を獲得しています。

平均的な転職活動期間である「3ヶ月」以内に内定を取るということは、応募数もそれほど多くならないということが分かります。

最も内定を貰いやすいのは「30代前半」

続いて、「どの年代が最も内定を貰いやすいか」についてのデータを確認します。

「内定者数」の調査で、最も多く「3社以上」と回答しているのは「31歳~35歳」で21.6%となっており、それ以外の年代では「1社」「2社」の割合が多くなっています。30代前半は「スキル」と「若さ」のバランスが丁度よく、転職市場で重宝される傾向があるようです。

企業もエージェントも「転職活動の期間が短い人」を欲しがっている

多くの転職成功者は3ヶ月以内という短期間で転職活動を終了させており、転職活動は長引かせないほうがよいということがわかりました。これには、「企業も人材紹介会社も、短期転職者を欲しがっている」という事情が関係しているのです。

企業側の事情

中途の求人を出している会社は「欠員を補いたい」「増員の体制を整えたい」という思いがあるため、基本的には「すぐ働き始めてほしい」と考えています。

優秀な人材を採用したいのはもちろんのことですが、それと同じくらい「早く採用したい」という気持ちも強く、ゆっくり転職活動をしている人は選択肢から外してしまう恐れがあります。同様の理由で、入社可能日が不透明な候補者も避けられる傾向にあるので、前職の退職予定日と転職先への入社可能日の調整には注意が必要です。

人材紹介会社(転職エージェント)側の事情

人材紹介の仲介をする会社(転職エージェント)にとっても、転職活動の期間が短い人ほど嬉しいという事情があります。

人材紹介会社は転職希望者の転職が成功すること、すなわち、入社が決まることで仲介料を得ています。つまり、転職希望者1人あたりにかける時間はなるべく短いほうがよいのです。転職が長引いている人を「転職に真面目に取り組んでいない」「実際に転職するかどうか、決心がついていない」とみなして、求人の紹介や転職のサポートにあまり力が入らなることもあるようです。

転職エージェントを使わなくとも転職を成功させることはできますが、プロのサポートを受けることができなくなってしまうのは、大きな痛手です。転職の失敗を避けるためには、エージェントが積極的にサポートしてくれる期間内にひとつは内定をとれるよう、短期集中で転職活動に取り組むほうがよいでしょう。

転職活動を短期間で終わらせるために準備すべき4つのこと

上でご紹介したような事情から、転職活動は長引かせるべきではありません。では、短期間で転職を成功させるためには、どんな準備をしておくべきなのでしょうか。

1.転職活動の期限を決める

転職活動を始める前に、「○月中に転職を成功させる」といったように期限を決めておきましょう。これは転職活動を長引かせないために最も重要であると言っても過言ではありません。とにかく期限を決めないと、いつまでもダラダラと転職活動をしてしまう恐れがあります。

前述の通り多くの転職成功者は3ヶ月以内に転職を終了させているので、おすすめの目安としては「3ヶ月」です。これを基準に、業界や現在の職場の状況も考えて調整していくと良いでしょう。

2.自己分析をする

新卒就活で自己分析に取り組んだ人は多いでしょうが、転職活動でも自己分析は非常に重要です。自分の「強みと弱み」「持つスキル」を理解しないまま転職活動に臨んでしまうと、面接などで上手く話せずに困ってしまいます。具体的には、これまでの経験・身についたスキル・将来の展望を洗い出す「キャリアの棚卸し」や、目標を定めて細かいアクションに落とし込む「キャリアプランニング」などを行います。

自分の持つスキルや大切にしている価値観を確認しておくことにより、志望企業の選定のほか面接や書類の作成にも役立つでしょう。

3.志望業界や企業の情報収集をする

いわゆる「業界研究」も忘れずに行いましょう。転職を考えている業界の動向や採用基準、さらには求人情報が出やすい時期などの情報を集めておくことにより、転職活動をスムーズに進める事ができます。

また、実際に入社した後のことを想定して繁忙期や具体的な業務内容についても調べておくと、入社後のギャップに惑わされることなく転職を成功させることができるでしょう。

4.適切なアドバイスをもらう

「プロからのアドバイス」も重要です。転職市場は規模が大きく、企業のニーズが新卒向け求人よりも細分化しています。人材紹介会社の転職エージェントやキャリアカウンセラーなどから適切なアドバイスを貰わずに、独力で転職に必要な情報を取捨選択するのは困難なのです。

また、転職エージェントは企業の選考過程や、選考で重視する要素についての情報も熟知したうえでキャリアプランの作成から履歴書・職歴書・面接の対策までをサポートしてくれるので、一人で転職活動を行うより確実に効率よく転職することができるはずです。

まとめ

転職期間は、平均的な3~6ヶ月が目安。退職後の場合は、より短い3ヶ月までで考えるのが妥当です。転職期間が長くかかりそうになってきたら、企業研究など必要準備に手を抜くのではなく、応募者数、条件の変更、目標設定を見直してみましょう。

また、転職で困ったことがあれば、転職エージェントに相談することも一つの手です。1人で悩まず、転職のプロに相談してみてはいかがでしょうか。


ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)