ジョブトラ20s TOP  >   【 2021年完全保存版】社会人でも難なく取れて稼げる資格はどれ?

【 2021年完全保存版】社会人でも難なく取れて稼げる資格はどれ?

 2021年8月10日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

2021年の稼げる資格ランキングって?

資格を持っているだけで、責任ある重大な仕事を任せてもらえたり、海外事業の立ち上げに携わらせてもらえたり、資格手当がついてお給料がほんの少しアップしたり、やりがいを感じられるきっかけになるもの。

パイロット、医師、薬剤師は高収入を得られる資格ランキングにも常に上位にランクインしていますが、日中働いている社会人がこの資格を取るにはややハードルが高いかもしれません。では、忙しい仕事をしながらでも、すぐにお給料アップに結びつく資格にはどんなものがあるのでしょうか?

持っておくと稼げる資格はどれ?

TOEIC

大学生にオススメな資格といえばTOEIC。理系の学生に人気で、世界150カ国で実施されています。問題用紙はすべて英語でプリントされていて、解答方法についてのアナウンスももちろんすべて英語です。結果は「合格」「不合格」ではなくスコアで示され、最高得点は990点。ちなみに、新卒の場合だと550点以上が基本ラインです。

英語力が求められる企業や業界では、「TOEICスコア○○○点以上」など具体的なスコアを定めているケースは結構あります。語学力が備わって入れば、グローバル社会で活躍できるほか、キャリアチャンスにも恵まれるのではないでしょうか。

日商簿記

次にオススメなのが日商簿記検定。事務や経理を目指している学生から非常に人気のある資格です。また、商社や貿易関係の企業に就職したい人にもオススメ。企業の経営状態をさまざまなルートから計算、把握するスキルを持っていると必ず役立ちます。

近年、多くの大学では、日商簿記3級を通年で学ぶことができる授業が開講されています。私が通っていた高校は商業高校だったため、在学中3年間ひたすら簿記を勉強していました。その甲斐あって、その後に就職した企業ではある程度経営状態を把握できるようになり、非常に役立ちましたよ。

MOS

多くの大学生から人気のあるMOSとは、「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト」の略で、Excel、Word、PowerPointなどのさまざまなオフィスツールをいかに使いこなせるかが問われる資格です。

就職すると、必ずどの職種でもパソコンを使っての業務があります。プレゼンテーションをする際の資料作成、先方に送る企画書、報告書など、入社後はかなり高い確率で利用するシーンがあるでしょう。

パソコンスキルはオフィス業務にとって必要不可欠です。使いこなせるだけで仕事の生産性や効率がアップすることは間違いなく、「パソコンの使い方はよくわかりません」という人よりも安心感を持ってもらえるはずです。

秘書検定

秘書検定を持っていると、社会人としての必要なビジネスマナーが身につきます。秘書検定では、一般常識、コミュニケーション力、ビジネス文書の作成、敬語の正しい使い方や言葉づかい、電話応対、振る舞いなど、幅広いビジネスマナーが問われます。社会人のうちから一般教養やビジネスマナーを身につけることができるのでオススメです。

ちなみに、3級と2級は筆記試験のみですが、準1級と1級になると面接試験もプラスされます。準1級以上を持っていると、「ビジネスマナーがきちんとできる人」と思ってもらえる可能性が高く、好印象を持ってもらえるのです。私の知人は、学生時代に秘書検定1級を取得し、国会議員の秘書として働いています。「秘書検定を取っておいてよかった」と言っていたので、取る価値はあるのではないでしょか。

普通自動車免許

営業職で役立つのが普通自動車免許の資格。外回りをおこなう際、車で移動することが多々あるため持っておくと非常に便利です。また、大手企業になると転勤となる可能性も考えられるため、車生活が中心となっている地方においては、免許があるだけで移動や商品の運搬も楽におこなえます。

年々、試験内容が難しくなっているため、学業やインターン、アルバイトと両立しながら教習所に通うのはとても大変ですよね。短期間で、みっちり勉強して取得できる合宿免許もあるので、自動車免許を持っていない方は夏休みを利用して取ってみてはいかがでしょうか?

ファイナンシャルプランナー

「ファイナンシャルプランナー(FP)」とは、ざっくり言うとお金に対するアドバイスをおこなう仕事です。このファイナンシャルプランナーは、文系の学生からとても人気のある資格のひとつ。

証券会社、銀行などの金融関係の業界では、内定後にファイナンシャルプランナーの資格を取るよう促すケースが多いようです。また、汎用性が非常に高いため、宅建、社労士の資格と合わせて持っているとさらに効果があるのだそう。

1級、2級、3級があり、3級は70%と合格率が高く初心者でも取りやすいのでオススメですよ。日本人は、海外諸国に比べるとお金に関するリテラシーがとても低いため、この資格を持っていると税金や年金についてなどお金の仕組みが理解できるようになります。

有資格者は転職にも強い

資格を持っているだけで箔がつくので、面接官から好印象を持ってもらえるものです。今の仕事に活かせる資格をとって、お給料アップを狙いましょう。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

watanabe

会社員を辞めてフリーランスとして記事を書いたり写真を撮ったりしています。美容、農業、インバウンド、取材記事などさまざまなジャンルの記事を書いています。

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)