キャリアアップマガジンTOP  >   仕事に行きたくない…「サザエさんシンドローム」の原因、克服方法

仕事に行きたくない…「サザエさんシンドローム」の原因、克服方法

 2018年3月27日  Posted by  編集部

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&~4年目は特にオススメ
マイナビジョブ20's

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

キャリコネ
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・無料会員登録で”社員クチコミ”見放題
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

公式 

「明日から仕事だ…行きたくないな…」と考えてしまう人、多いと思います。これは誰にでもある感情で、「サザエさんシンドローム(サザエさん症候群)」と呼ばれてます。今回は、サザエさんシンドロームの正体と、克服方法について解説していきます。

日曜日の夜に起こる「サザエさんシンドローム」って?

ブルーマンデー症候群のひとつ

「サザエさんシンドローム」とは、毎週日曜日夜に放送されるアニメ「サザエさん」を見ているとき、明日から始まる学校や会社のことを考えて憂鬱になってしまうことを言います。一般には「ブルーマンデー症候群」と呼ばれ、曜日に限らず「始業が嫌で仕方ない人」が該当します。

このサザエさんシンドローム、その原因はもちろんサザエさんにあるわけではありません。しかし会社や学校に原因があるとも言い切れず、生活リズムの乱れなどから発症することもあります。

サザエさんシンドロームの症状

「明日から始業することを考えると、憂鬱になる」というのが主な症状ですが、その重さは人それぞれ。嫌な気持ちになるだけでなく、吐き気・頭痛・不眠につながる場合もあります。また、「サザエさん」自体が家族の団欒を描いたアニメであるせいか、一人暮らしで生活しているサラリーマンなどは寂しさを増幅させてしまうこともあるようです。

サザエさんシンドロームに罹りやすい人

この症状は、起こりやすい人とそうでない人とがいます。かかりやすい人の特徴としては、

  1. 慢性的な睡眠不足
  2. 週末と平日でテンションに差がある
  3. 休日の睡眠時間が長い
  4. 無趣味で、休日に予定がない
  5. 学校や職場の人間関係に問題を感じている

などが挙がります。「仕事」と「休み」に落差がある人ほど、患いやすい症状のようですね。

サザエさんシンドロームの克服法(1)考え方を変える

1週間先の楽しい予定を入れる

一週間に一度だけ訪れる「休日」にウエイトを置きすぎると、また明日から始まる仕事にハードルを感じてしまいます。そこで、もう少し長いスパンで時間を捉えてみるという方法があります。

具体的には、次に訪れる「休日」、一週間先の土日に旅行などの楽しい予定を入れてみると良いでしょう。すると、日曜日の夜になっても「一週間頑張れば、来週は楽しいぞ」とポジティブに考えることができるかもしれません。楽しみなことがあれば頑張れるという人は多いので、明日を思って憂鬱になりそうだったら、来週のことを考えてしまいましょう。

休日も平日と同じように過ごす

また先も述べたように、仕事の日と休日に落差があると月曜日が憂鬱になりがちです。そこで、休日と平日を同じように過ごしてみましょう。同じ時間に起き、読書や家事などをしてみる。17時くらいになったら休憩して、ダラダラする。

または、平日のほうを休日に寄せてみても良いでしょう。次の日に仕事があっても構わず飲みに行くなどして、毎日に楽しみを持たせてみます。すると、平日と休日とのギャップが埋まり、「毎週日曜日だけ憂鬱になる」という症状が緩和されるのではないでしょうか。

月曜日の朝にお楽しみを用意しておく

月曜日が嫌になるのは、楽しい日曜日が終わると「つらいつらい平日が来てしまう」と考えてしまうから。そこで、そもそも月曜日を「楽しい日」にしてしまいましょう。早朝は、意外にも魅力がたくさんあります。勉強会や読書会などのイベントがあり、朝日も美しい。普段料理をしない方であれば、朝ごはんや昼食を作るのもおすすめです。また最近では、登山などのアクティビティを行なってから出社するというパワフルな方もいますし、とにかく月曜日を「起きたら楽しみが待っている日」に変えてしまうことが重要なのです。

サザエさんシンドロームの克服法(2)行動を変える

日曜日から月曜日への落差をなくすためには、「日曜日から準備を始める」のも有効です。せっかくの休みなのに!?と思ってしまうかもしれませんが、意外にもこれらを実行することで月曜日が苦痛でなくなるものなんです。

あえて集中力が必要な作業をする

スポーツに限らず、準備運動は必要です。そこで、月曜日から始まる仕事のために少しでも集中力を高めておきましょう。先ほど月曜日の朝に料理をすることがオススメだと書きましたが、日曜日の夜でも問題ありません。このほかにも筋力トレーニング、読書、またはゲームでも良いでしょう(ただし、難易度が高いものにしてくださいね)

ちょっとだけ仕事をする

日曜日のうちから、少しだけ仕事に取り掛かってしまうのもアリです。一週間の計画を立てたり、資料作成のためのリサーチをしたり。1時間以内でサクっと仕事をしておくことで、仕事に追われる感覚を手放すことができます。自分から仕事を追いかけるような気持ちで、先走って業務をやってしまうことは意外にも効果があります。

 


【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リアライブ
★ベンチャー企業でキャリアアップしたい方向け
・非公開 優良ベンチャーを厳選紹介
・8月末までの登録で限定コンテンツ公開

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

市根井

市根井

1994年生まれ群馬県在住、新卒でいきなりフリーライターになりました。 群馬メディア「gooma」、観光メディア「SPOT」などで記事を書いています。得意分野は地方・フリーランス・WEBなど。 http://gooma.jp

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)