ジョブトラ20s TOP  >   ストレスの症状は3種類。簡単チェックと予防法で、ストレスから身を守ろう

ストレスの症状は3種類。簡単チェックと予防法で、ストレスから身を守ろう

 2018年3月30日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

「眠れない…」「最近、痩せた気がする…」「頭痛が治らない…」。これらの症状は、ストレスが原因かもしれません。ストレスチェックを行ない、症状と照らし合せてみましょう。

今のストレス度とストレス耐性をチェックしてみよう!

ストレス診断

まずは、厚生労働省が公開している「5分でできる職場のストレスチェック」を行ってみましょう。これは、職場におけるストレスの要因と、回答者のストレス反応を簡単にチェックすることができるものです。

→(厚生労働省 5分でできる職場のストレスチェック

まずはSTEP1、仕事についての質問から入ります。常に仕事がたくさんあるかどうか、人間関係は良好かどうかなどを答えていきましょう。次にSTEP2は、最近1ヶ月の状態についての質問です。精神状態についての項目で、最近はいきいきしているか・イライラしているかなどについて4つの選択肢から回答していきます。STEP3は、人間関係に関する質問です。上司・同僚・家族について、どのように感じているかを正直に回答しましょう。最後にSTEP4は、仕事への満足度をきくものです。短い設問ですが、重要な回答ですのでしっかりと回答します。

また、睡眠メディアの「フミナーズ」によるストレスタイプ診断を行うことで、あなたのストレスがどのようなタイプに分類されるのかを知ることもできますよ。

→(フミナーズ 今すぐストレス診断|タイプ10のストレス解消法・発散法

ストレス耐性診断

また、「自分がストレスにどれくらい強いのか?」を知ることでも、自分に合った対策を考えることができるようになります。マイナビが行なっているストレス耐性チェックは2択10問の簡単なものですから、ちょっとした時間にテストできます。

→(マイナビ ストレス耐性チェック!簡単な診断であなたの耐性をテストしてみよう

ストレスが溜まるとあらわれる症状

ストレスがたまると、単純に「嫌な気持ちになる」だけでなく様々な症状を引き起こします。

心理的症状

最もイメージしやすいのは、心理的な症状かと思います。具体的には、

  • イライラし、感情的になる
  • 憂鬱になる
  • ボーっとすることが増え、注意が散漫になる
  • 消極的な思考になる

などが代表的です。これが重度になってくると、うつ病や双極性障害などの精神疾患につながる可能性も大いにあります。うつ病は、気分が落ち込むのを自分の力で回復できなくなる病気。予防するためには、ストレスを感じた時点で対処する必要があります。

身体的症状

ストレスは、身体的症状も引き起こします。

  • 頭痛や腹痛
  • 肩など関節の痛み
  • めまい、手の震え
  • 倦怠感
  • 睡眠障害、食欲不振
  • 暴飲暴食

身体的に症状が出てくるとそれがまた不調を引き起こし、痩せてしまったり、反対に太ってしまったりすることもあります。

また、女性の場合は生理不順が起こる恐れもあります。これらは自分の体から明確に発せられているサインですから、自ら気づいて対処してあげることが重要です。

行動的症状

行動的症状は、第三者から見えやすい症状です。

  • 寝坊が多くなる
  • お酒の量が増える
  • 笑わなくなる
  • だらだらとSNSや動画サイトを見てしまう
  • ミスが増える
  • ひきこもりがちになる

通常とは異なる行動をしてしまっていたら、ストレスが溜まっている証拠。ストレスはさまざまな不調に始まり、胃潰瘍・神経症・がんなどの大きな病気を引き起こす可能性があるものです。軽度な症状だからといって、安心できるものではありません。

溜めると危険!日常生活できるストレス予防法

ここからは、日常的に実践できるストレスの予防法をいくつかご紹介します。気づいた時にはすでに体を蝕んでいるストレスは、普段の生活で予防することが重要です。

同僚・上司・家族などに相談する

「一人で抱え込むのは良くない」と言われることは多いですが、まさにその通りです。悩み事は、誰かに相談することで解消する可能性があります。仕事関係の相談であれば上司に、上司に相談しづらければ同僚に、また「誰にも相談できない!」という場合は、インターネットを使うのもひとつの方法です。

また、些細な悩みであっても相談することを心がけると、日常的にストレスを抱えづらくなります。

ストレスになりそうなものは、早めの対処を

たとえば、いつも「締め切りに間に合わない!上司に怒られる!」ということでストレスを感じるとします。その場合のストレス予防法は、やはり「早めに仕上げてしまうこと」に他なりません(当たり前ですが)。とにかく、「自分はこういうことをストレスに感じる」ということを分析し、その芽を早いうちに摘んでしまうと、ストレスの原因を根本から解決することにつながります。

温泉やサウナに入る

これは筆者の個人的な方法ですが、温泉やサウナに入ることで交感神経と副交感神経のバランスが整い、ストレスを感じにくい状態が出来上がります(サウナーの間では、これを「ととのう」と言います)。

焦りはストレスの原因になるので、原稿の締切がたくさん迫っている時にあえてサウナを一度挟むことによって、気分をリフレッシュするのです。

 

ストレスの症状は想像以上に多様ですし、「自分では気づかないストレス」も存在します。顕著な症状が出ていなくても、少しでも自分自身に不調を感じたらストレスを疑い、早めの対処を心がけましょう。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

近岡一磨【ジョブトラ20s編集部】

☆キャリアに関するブログ更新中☆//リアライブ創業メンバー/20代に特化した転職支援会社の事業責任者/社員数4名の折大学1年時に長期インターンシップとしてジョイン/大学2年の時に内定承諾/年間MVP最多取得/累計数千名支援/年間読書量1500冊超え/キャリア面談受付中!詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)