キャリアアップマガジンTOP  >   転職活動中のバイトのメリット・デメリットと上手なバイトの選び方

転職活動中のバイトのメリット・デメリットと上手なバイトの選び方

 2017年11月21日  Posted by  編集部

doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

社会人が仕事を辞め転職活動をする場合、一日も早く内定を得るために転職活動に専念すべきという考え方もあります。しかし、現実問題として収入がゼロというのは厳しいのでバイトをしたいと思う人もいるでしょう。

転職活動中のバイトのメリット・デメリットについて確認しておきましょう。

転職活動中にバイトをするメリット

転職活動中のアルバイトは、選考そのものに悪い影響を与えることはありません。影響があるとすれば、転職活動とバイトが両立できるかどうかという問題で、本人の意識次第です。転職活動中のバイトには、次のようなさまざまなメリットがあります。

転職活動中の収入の不安がなくなる

転職活動中にまったく無収入になると、たとえ貯蓄などがあったとしても、不安に感じることもあるでしょう。また、転職活動そのものにも、交通費などの諸費用はかかります。しかし、バイトをして少しでも収入があると、お金の不安が抑えられます。

また、収入がない状態が続くと、本当に希望する転職先ではなく、とりあえず転職先を決めるという妥協に走りがちです。納得のいく転職先が決まるまでじっくり取り組むことができるのも、バイトという収入があるからこそだといえます。

転職活動に生きる経験を積むことができる

アルバイト経験がそのまま就職に結びついたり、就職活動に有利に作用することもあり得ます。

間口が狭い業界ならバイトから正社員も

たとえば、出版・広告などのクリエイティヴ系・マスコミ系は、未経験の求職者には間口が狭いことで有名ですが、アルバイトとして働いていたら、そのまま正規雇用してもらえた、などという幸運も稀にあります。

履歴書にブランクを作らずに済む

前職を退職してから転職活動をしていると、その期間は無職という取扱いになってしまいます。しかし職歴に空白があるのはあまり履歴書の体裁上よろしくないでしょう。

ですから、職歴欄にアルバイト履歴を書いておけば、退職後も社会にタッチし続けていたことの証明にはなります。

できれば、志望業界に関係したアルバイトや、アルバイトでも裁量のある仕事を任されていた、という風に表現できると良いです。短期のバイトなどは書かない方が良いでしょう。

アルバイトの経歴が転職活動にプラスに働くことも

転職を希望している業種や職種に関係のあるアルバイトであれば、その経験を積んでおくことが、転職活動にプラスに働くこともあるかもしれません。

アルバイトを通して、その業種・職種に興味を持った、あるいは、スキルを身につけた、と面接で表現できるのもメリットです。

気分転換になる

転職活動中は、仕事をしていたときにくらべると孤独になりがちです。転職活動以外に社会と接する機会を持っておくことで、一種の気分転換にもなります。精神的にもよい影響を与えてくれるでしょう。

転職活動中にバイトをするデメリット


転職活動中のバイトはメリットばかりではありません。転職活動失敗のリスクも潜んでいます。転職活動中にバイトをする場合には、次の2つのデメリットに注意することが必要です。

失業保険には要注意、あまり稼ぎすぎると減額も

アルバイト収入がある場合、失業保険の計算に影響が出てきます。

失業保険の受給資格は、

①退職日直前の2年間に、雇用保険に加入していた期間が合計で半年~1年以上ある

②現在失業しており、かつ、すぐにでも働く意思があること。(求職中であること)

以上2つの要件を満たすことが必要です。

上記の要件を満たして、失業中の方は失業保険を受給している方も多いと思いますが、アルバイトをしている場合、減額条件がありますので気を付けましょう。

その条件とは、賃金日額(直近6か月間の収入を180で割った額)の80%を超えた部分のアルバイト収入は失業保険から減額するというものです。

計算式で表すと、

減額分=失業保険日額+(アルバイト収入日額-控除額)-賃金日額×80%

ということになります。

例①「男性、28歳、自己都合退職、前職直近6か月間の収入180万円、アルバイト時給1,200円(3時間勤務)、週20時間未満勤務、失業保険日額手当5,687円、控除額1,296円だった場合」

5,687円+(3,600円-1,296円)-10,000円×80%=△9円となり、ギリギリ減額はなし。

例②「女性、26歳、自己都合退職、前職の直近6か月間の収入150万円、アルバイト時給1,200円(3時間勤務)、週20時間未満勤務、失業保険日額手当5,331円、控除額1,296円だった場合」

5,331円+(3,600円-1,296円)-8,333円×80%=969円となり、969円の減額になってしまいます。

つまり、前職での直近6か月の給与支給金額が低く、高時給のアルバイトをしてしまうと、失業保険が減額されてしまうことになりかねないということです。

自分で計算してもいいですが、複雑な計算なので間違う危険性は高くなります。失業認定などを受ける際、ハローワークの窓口に相談して、給付が減額になってしまうラインを確認して働く方が良いでしょう。

参考:ハローワーク「雇用保険手続のご案内」

スケジュール調整が難しくなる

転職活動が進んでくると、バイトとのスケジュール調整が難しくなります。また、選考が始まると、面接の対策など、転職活動の方に集中したいものですよね。

しかし、バイトで疲れてしまうとうまく時間が使えなくなり、転職活動がおろそかになってしまうことも考えられます。バイトのスケジュールが変更できず面接の日付変更を依頼する、というのは本末転倒です。先方が指定した選考スケジュールの変更は、大きなリスクになるということを肝に命じておきましょう。

フリーターで妥協してしまう

転職活動が思ったようにうまく進まない場合、「このままバイトでもよいか」という妥協の気持ちが生まれてしまうこともあります。特に、そのアルバイトである程度の収入が得られる場合や、社員登用の道が用意されている場合には要注意です。本来の目的である、「転職活動のためのつなぎとしてバイトをしている」という意識を常に持ち続けましょう。

転職活動中のつなぎバイトを選ぶポイント


転職活動中のアルバイトは、デメリットはあるものの、うまく活用すれば転職にもプラスになります。バイトをする場合には、まず転職活動に支障をきたさないことを最優先すべきです。バイトを選ぶには、次のようなポイントに注意しましょう。

スケジュールに余裕のあるバイトを選ぶ

転職活動中には、急に面接の予定が入ったり、書類の準備をしなければならなくなることもあります。スケジュールの調整が比較的かんたんなバイトを選びましょう。フルタイムで働くようなバイトはおすすめできません。

できれば単発のバイトを選ぶ

単発にするか、通常のバイトにするか、という点で迷う人が多いと思います。単発バイトのメリットは、自分の空き時間を活用するだけですので、スケジュール調整が柔軟にできます。

また、就職が決まった時点ですぐにバイトをストップすることができますので、転職活動中のバイトに向いています。バイトではなく、短期間の派遣の仕事を選ぶというのもひとつの方法です。

通常のバイトを選ぶときの注意点

通常のバイトをする場合は、事前に転職活動中であるという事情を理解してもらうなどの工夫が必要です。通常バイトは単発バイトに比べ、時間的な拘束が多くなってしまうというデメリットがあるため、転職活動中には、どうしてもリスクが大きなものとなってしまいます。

しかし万が一、転職活動が長期化してしまった場合には、通常のバイトの方が有利にはたらくこともあります。転職活動が長期化すると、今度は履歴書に空白期間が生じてしまうリスクがあるからです。そのような場合でも、転職を希望する業種や職種に関係するバイトを続けているのであれば、実務に関係する経験を積んでいたという説明をつけることができます。

転職活動中のバイトを選ぶときのポイント

社会経験を得ながら、金銭面でのストレスを減らすことができるバイト選びのポイントを紹介します。

半年分の生活費を割り出し、必要なだけ働く(転職活動に支障が出ないように)

まずは、半年間にどれだけの出費があるのかを書き出して把握し、そこから一日何時間、週何日勤務すればいいのかを割り出しましょう。あまりに勤務日や勤務時間が多いと転職活動に支障をきたす場合があるので、シフトを組むときには余裕をもたせましょう。

前職から遠い職種を選ぶ(バイトなら未経験でも採用してもらえることが多い)

同じバイトをするにしてもお金だけではなく、社会経験として意味のあるバイトを選びましょう。前職と似通った職種を選んでしまいがちですが、どうせバイトをするなら未経験の職種を選ぶことで、自身の新しい可能性に気づけるかもしれません。また、バイトとしてなら未経験でも雇ってもらいやすいためおすすめです。

体の負担が大きい仕事を選ばない

転職活動とバイトを両立する場合、体の方に限界が来てしまっては本末転倒です。ですから、肉体労働など体への負担が比較的大きい業務を選ぶことは得策ではありません。警備員やデータ入力、コンビニなどの休憩が多く取れるバイトを選ぶことをおすすめします。

転職活動中のおすすめバイト(1)収入が目的

転職活動中の急なスケジュール変更にも対応しやすく、金銭面でも期待できるつなぎバイトを3つ紹介します。

デリバリー

デリバリーの中でも特に注目されているのが「Uber Eats」の配達業務です。自身の好きなタイミングでの勤務ができ、服装も自由です。働くペースやスケジュールなども自分で決めることができるので、転職活動との両立もしやすいです。

軽作業・仕分け・検品(工場内作業)

物流会社での軽作業は、単純なルーティン作業で手を動かしていればいい業務になるので、ストレスも少なくつなぎバイトとして適しています。また、休みたい時も前日に電話一本で済む場合が多く、面接などの急なスケジュール変更にも対応しやすいです。

警備員、イベントスタッフ

深夜帯勤務や一日中拘束されるバイトは比較的高時給のため、生活費を稼ぐ面では非常に助けとなるバイトです。警備員は深夜勤務が多く、イベントスタッフは終日拘束が一般的です。

転職活動中のおすすめバイト(2)バイト経験を転職に活かす

アルバイトでの経験を転職活動にも活かしやすいバイトを2つ紹介します。

事務職(正社員の場合、未経験から事務に転職するのは難しい)

未経験で事務に転職したいと考えている人は、転職活動中に事務職のバイトをすることで、その経験が転職に活かせるかもしれません。たとえば事務職のバイトなら、Excelの基本操作やデータ管理のノウハウなどが身につきます。また、事務職の経験があることで、事務職の正社員として採用される可能性もぐっと高まります(事務職は求人倍率が高く、未経験で採用されることは、ほぼありません)。

飲食店・居酒屋(接客の楽しさに目覚めたり、意外と向いていると感じるかも)

飲食店や居酒屋の多くは活気があり、バイト仲間と楽しく勤務時間をともにできるなど、楽しく働けることがメリットです。また、つなぎバイトとして接客業を経験することで、コミュニケーション能力が身についたり、接客の楽しさを知ることで自身の新たな一面を知れたりするかもしれません。

転職活動中のバイトでの注意点

転職活動中にアルバイトをすることは、転職活動の妨げになる可能性もあります。そこで、バイトをする際の注意点をお伝えしておきます。

バイト先に転職活動中であることを伝えておく

バイトの面接時にあらかじめ、自身が転職活動中であることを伝えておきましょう。バイトを辞める時や面接日とシフトがブッキングした場合への対応などが、スムーズになります。

週3~4日程度の出勤にしておく

転職活動中のバイトではフル出勤はおすすめしません。ただでさえ疲労が大きい転職活動に加え、バイトをフル出勤することで疲労が重なってしまうと、面接時に身が入らずしっかりとした対応ができなくなってしまう可能性があります。仮に8時から17時までの出勤を毎日こなしていた場合、急な面接の日程調整にも支障が出ることもあります。

急な面接にも対応できるよう、職場の人間関係を良好にしておく

転職活動中は、面接の日程が急に割り込んでくることは珍しくありません。シフトの関係でブッキングしてしまうこともあるので、シフトの相談を気兼ねなくできるような人間関係を築いておくことも転職活動を円滑に進めるために必要なポイントです。

まとめ

転職活動中にバイトをする場合には、転職活動に影響のない範囲でのバイトを行いましょう。バイト先は、スケジュール変更が柔軟にできる場所や単発のものがおすすめです。また、これから働こうとする仕事に関するバイトを選ぶことも、やり方によっては今後に役立ちます。


doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)