キャリアアップマガジンTOP  >   「仕事で能力不足を感じて辛い…」頑張っても出来ない時はどうする?能力不足感を解消するさまざまな方法

「仕事で能力不足を感じて辛い…」頑張っても出来ない時はどうする?能力不足感を解消するさまざまな方法

 2018年4月6日  Posted by  編集部


仕事で能力不足を感じてしまうのは「自分自身に成長が見られない時」、そして「他人と比較した時」。できることなら能力を上げたいものですが、そう上手くいかないこともあります。能力不足を解決するにはどうしたら良いのでしょうか。全ての人の悩みを完全に解決するものではありませんが、少しでも参考になれば幸いです。

仕事で能力不足を感じるのはどんな時?

仕事をしていて、誰に指摘されたわけでもないのに「能力不足感」が襲ってくることがあると思います。ここでは、アルバイトがまったく長続きしなかった筆者の例をもとに、どんな時に能力不足を感じるのかを考えてみます。

3ヶ月以上同じ仕事をしているのに、何がわからないのかわからない

筆者がこれまでに経験してきたアルバイトのうち、比較的長く続いたのが「塾講師」でした。採用されてすぐは言わずもがな仕事について何も分からず、「まあ慣れの問題だろう」と考えていたのですが、なんと3ヶ月経ってもよく分からないまま勤務を続けていたのです。そのうち自分自身に成長を感じなくなり、「自分は何をやっているんだろう……」という気持ちでアルバイトを辞めたのでした。

問題が発生した時に「何が問題か」が分かれば上司などに質問をすることができますが、分からないことが分からず質問もできない状態は、能力不足を痛感してしまうと思います。アルバイトでもそうなのですから、毎日出社して仕事をしているのに過去の自分との差がないのは、かなり辛いことでしょう。

周りの全員ができていることが自分にだけできない

次に、周りの人間と比べたときに起こる能力不足感もあります。カラオケ店でアルバイトをしていた頃、同時期に採用されたK君という人物がおり、非常に気が利くため周りから信頼されているようでした。それに比べて筆者は「何か手伝うことはありますか」の一言が出ないタイプのため仕事を任されなくなり、自分ひとりだけ取り残されているような感覚がありました。

このように、同じ時期に入社した同期全員が出来ていることが、自分にだけできないという時はひどく能力不足を感じてしまうのではないでしょうか。また、自分より後に入社した人が自分よりも大きな仕事を任されていたり、自分より優秀な年下と関わったりすることで相対的に自己評価が下がることもあります。

何度も同じミスを繰り返す

筆者の場合は「気が利かない」ことが最大の弱みだったわけですが、それが改善できないままに次のアルバイト先でも怒られ、また辞める……と、このように何度もアルバイトを辞める経験を繰り返していると、さらに能力不足を感じてきます。

ミスの原因というのは本当に多様で、自分の力だけでは防ぎ切れないものもあります(たとえばコミュニケーション上のミスなど)。しかし一度起きたミスは予防することが可能で、多くの場合は同じミスを再発させないようにつとめるわけです。そんな中、気をつけているにも関わらず同じミスを何度も繰り返してしまうと、自分は能力が低いのではないかと感じてしまうでしょう。

自分が悪いだけじゃない!?能力不足だと感じてしまう原因

原因(1) 自分よりはるかに優秀な人が会社に多い

特に大手企業の場合は、自分は普通に仕事ができるのに、同僚や上司に優秀な人がとても多くいです。その人たちと自分を比較して「自分はなんて仕事ができないんだ」「自分にはスキルが足りていない」と感じてしまうということです。

大手企業では、膨大な応募者の中から選りすぐりの人材を採用しています。応募者も何万人といたかもしれませんし、その中の上位数%だけを採用しているということもザラです。

そんな会社に入れたのですから、あなた自身は他の企業の社員と比較したら仕事ができる人の部類に入る可能性があります。しかし周りが優秀な人たちばかりなら、自分自身が相当努力をしてその人たちを超えていけるようにしなければ、いつまで経っても「自分にはスキルがない」「能力不足だ」と感じてしまう気持ちはなくならないかもしれません。

原因(2) 仕事の進め方や会社の文化が合わない

仕事の進め方であったり、会社の文化がそもそも自分には合っていないケースです。企業によってそれぞれ違うため、自分に適している環境を見つけられていない可能性があります。

たとえば、営業から発注、納品とアフターフォローまでを全部1人で担当する会社もあるでしょうし、逆に営業は営業担当、アフターフォローは技術営業が中心に、といったように分業制でプロジェクトを進めていく会社もあります。文化についても、「仕事とプライベートは別」という会社もあれば、「仕事でもプライベートでも付き合う!」というように休みの日に会社の人と集まって盛んにイベントを行う場合もあります。

自分に適した仕事の進め方、会社の文化ではないために「自分は仕事ができないやつなのかも」と、思ってしまっている可能性もあります。

原因(3) 自分にはその仕事の適性がない可能性もある

「適材適所」という言葉があるように、人にはそれぞれ「得意なこと」「不得意なこと」があります。自分が得意なことを活かせるような仕事に就いているのであれば、能力不足を感じることはあまりないかもしれません。しかし、「不得意なこと」「苦手なこと」を多くやらなければならない仕事や会社に就いている場合、能力不足を感じないようにするためには、かなりの努力が必要と言えます。

自分が今している仕事は、「わりと自分が得意としていることが多い」のか「苦手や不得意なことが多い」のかをよく考えてみて、後者が多いのであれば「得意なことが多い」仕事や会社を探して転職活動をするのも1つの手でしょう。

仕事の能力を高める方法

同僚や先輩にやり方を聞く

筆者は新卒でフリーライターとして活動を始めましたが、もちろん最初は実績ゼロの状態からスタートしました。仕事をもらう方法も、仕事の全体的な流れも全く分からない。取材はどうすれば上手くいくのか、納品の方法は何なのか、また文章はどう書けばよいのか……と、とにかく分からないことだらけでした。

そんな時に筆者が行なったのは、「直接先輩ライターから仕事の方法を聞く」ということでした。新卒フリーランスですから直属の先輩はいませんが、現代はSNSがあります。ライター活動をしている方々にTwitterなどで「仕事の方法が何もかも分からないんですけど、どうしたらいいでしょうか」という失礼極まりないメッセージを送りつけたのです。その結果、何人かの優しい先輩ライターの方が相談に乗ってくださり、徐々に仕事を覚えていくことができました。

というわけで、もしも誰にも相談していないのであれば、仕事の指示をしている上司や同じ仕事を受けている先輩などに相談し、仕事の方法を教わることを最優先で実行するべきです。多くの仕事上の問題は上司や先輩が解決策を知っていますから、これをせずに一人で抱え込むのは本当にもったいないことです。「何が分からないのか分からないから相談できない」のであれば、その気持をそのまま相談してしまえば良いのです。

その仕事をやる意味・目的を考える

先輩や上司が仕事を教えてくれなかったり、教わったにも関わらず理解できない……ということもあります。その場合は、仕事の本質について考えてみましょう。

筆者はフリーランスであるため、自分個人のポートフォリオ(実績とスキル)が今後の仕事や収入に直結します。ですから、「収入源になる」のほかに「実績になる」か「スキルアップになる」のどちらかのメリットが得られる仕事でないと、ほぼ受ける意味がないのです。

メリットのある仕事を受けるためには、常に「仕事の目的」を念頭に置く必要があります。具体的には、「この仕事にはどのような意味があるのか」「何ができたらゴールになるのか」「この仕事をこなすことにより、自分にどのようなメリットがあるのか」などを深く考えるのです。するとモチベーションの向上にも繋がりますし、無駄な業務から距離を置くことで時間の余裕も生まれます。

「なんとなく、やれと言われたからやっている状態」から抜け出すことにより、自分で仕事の本質を考えられる人材に近づくことができるでしょう。

いきなりやるのではなく、必要な情報を洗い出す

指示されてすぐに仕事に取り掛かるのはとても良いことですが、問題が発生したときに仕事の全体像が見えていないと解決が難しくなります。そこで、仕事を受けたらまず必要な情報を紙に書き起こし、仕事の全体的なフローを把握します。

筆者の場合、受けた仕事を管理するのが自分しかいないため、付箋アプリ(Macなので『スティッキーズ』)を使って案件ごとに進捗状況を管理するようにしています。ひとつの案件に夢中になって全体像を見失ってしまうと、別の担当者から「あの件、どうなりました?」と聞かれ、「やばい、手を付けてない!」なんてことになりかねません。

会社員の場合でしたら、必要に応じて上司に確認を取りながら仕事に優先順位をつけて紙に書き出し、あとは順番にこなしていく。これだけでミスは減りますし、仕事をスムーズに行うことができるようになります。

「頑張ってもできない…」そんなときは?

自分の能力を高めるためにさまざまな方法を尽くし、それでも成長が実感できないこともあります。その場合はどうしたら良いのでしょうか。

ダメな自分を隠さない

ひとまずは、「自分は能力が低い」ということを隠すことなくいきましょう。それは同僚に対しても上司に対しても、また自分に対してもです。

というのも、能力不足の自覚は、物事を慎重に進めるためには必要な技術です。逆に、実際には能力がないのに驕っていると、大きな仕事で失敗したり、信頼を失ってしまったりするリスクがあります。自分の本当の能力値がどれくらいなのかを把握するのは難しいからこそ、余計なプライドを捨てて正直な態度を取っておいたほうが無難といえば無難なのです。

ただし、あまり極端に自分を責めるとうつ病など精神疾患の原因になる恐れもあるため、「自分は出来る」という気持ちと「自分は出来ない」という気持ちのバランスを保つことが重要です。あくまでも自尊心を保ちながら、ダメな自分と共生していきましょう。

人に任せる・適度に他人のせいにする

そもそも仕事とは、自分ひとりで完結できるものではありません。「外注」「アウトソース」という言葉があるように、社会でにおいて自社(自分)でこなすのが難しいものは、対価を払って他人に任せるのが当たり前なわけです。仕事では、対価として自分ができることを引き受ければよいのです。

また、仕事で失敗したり成果が芳しくなかったりした時には、それが本当に「自分の能力不足」が原因なのかもう一度考えてみましょう。能力不足を感じるタイプの人は自尊心が低めなので、きっと全て自分のせいだと考えてしまうのではないでしょうか。

物事のバックグラウンドは想像以上に複雑な要因が絡み合っていて、「自分の能力不足」が全ての原因なんてことは絶対にありません。その失敗は上司のせいかもしれないし、睡眠不足のせいかもしれないし、低気圧のせいかもしれないし、給料が低くてやる気がでないせいかもしれませんよ。

転職してやりたいことをやる

現在の職場でずっと能力不足を感じているなら、転職してしまうのも選択肢のひとつ。「やりたくないこと」を続けるのはとても大変なことですし、上達のスピードも遅くなります。人生は有限なので、転職することで「より良い時間」に充てたほうが良いことはたくさんあります。

「自分は能力不足かも……」と転職先で感じないようにするには?

転職活動で経験や能力を盛りすぎない

転職活動における履歴書の内容や面接で「自分をよく見せよう」として、ついつい経験などを大袈裟に話してしまうことがあると思います。事実であれば悪いことではなく、むしろ自分をきちんとアピールできるため良いことです。しかし、張り切ってアピールしたり、ちょっと話を盛ってしまうと、内定が出て実際に働き始めたあとが辛くなる可能性があります。

盛りすぎてしまったことで能力に合わない仕事を任されたり、周囲からも「思っていた人と違ったな」という対応を受けかねません。すると、せっかく自信を取り戻そうと転職したにも関わらず、前職と同じ状況に陥り「やっぱり自分には能力がないのかも」となってしまう可能性があります。

履歴書や面接で話す内容は、盛り過ぎても盛らなさ過ぎてもダメです。自分自身でどの程度話をしたらよいかわからない人は、信頼できる人や転職エージェントなどと相談しながら対策をしましょう。

目標を「努力する」「やり抜く」にする

「営業目標を100%達成する!」など、仕事における「目標」とはどうしても「結果」ありきになりがちです。社会人としてはOKなのですが、これでは結果が出なかった時に「やっぱり自分には能力がない……」と自信を失う原因にもなってしまいます。結果というのは「すぐに出るのが当たり前」というものではなく、時には1年、2年とじっくり時間をかけて「結果が出せる自分」になっていくことが必要です。

そのため、結果を出すまでの過程を目標にしてみましょう。「〇〇の資格を取る」ことを目標にするのではなく、「〇〇の資格を取得するために、毎日●時間ずつ勉強する」「毎日●ページずつ問題集を進める」など、努力することや、それをやり抜くことに注力しましょう。

結果はこれらの過程を経て得られるものです。すぐに結果が出ないからと言って焦らず、まずは自分ががんばることややるべきことを、努力したりやり抜くことを考えていきましょう。

今の環境や自分の適性を冷静に見極めて、活躍できる場所を探そう!

人にはそれぞれ適性というものがあり、すべてのことが得意である必要はありません。もし現在の職場で能力不足を感じてしまっているとしても、別の職種・別の職場であれば得意なことが見つかる可能性があります。どうしてもうまくいかない時は、転職を視野に入れてみても良いでしょう。転職に関する情報は当メディアにも蓄積されていますので、参考にしてみてください。


市根井

市根井

1994年生まれ群馬県在住、新卒でいきなりフリーライターになりました。 群馬メディア「gooma」、観光メディア「SPOT」などで記事を書いています。得意分野は地方・フリーランス・WEBなど。 http://gooma.jp

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)