キャリアアップマガジンTOP  >   私だけじゃない?「仕事が辛い」と感じる理由と対処法を徹底解説!

私だけじゃない?「仕事が辛い」と感じる理由と対処法を徹底解説!

 2018年4月6日  Posted by  編集部

ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

ジョブトラ20s
★非公開の優良ベンチャー情報を厳選紹介
・第二新卒&未経験業界への転職もOK
・20代で市場価値が高まるキャリアを提案
・選考フォローが手厚く、内定獲得率・年収UP率ともに高い
大注目の優良ベンチャー情報を得るなら、ジョブトラ20s

公式 

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

「仕事が辛い……」。働いていると、誰しも1度はそんなことを思う瞬間があると思います。でも「辛い」って思っているのは、ひょっとして私だけ? と不安になりますよね。決して、そんなことはありません。今回は、みんなが「仕事が辛い」と思う理由を原因別・年代別に解説、そしてそれぞれの対処法もご紹介します!

ここが辛いよ仕事!(1) 原因は自分にアリ!?


「仕事、辛い……」と感じているあなたは、もしかしたらとても落ち込んでいるかもしれません。しかしちょっと待ってください。実は、自分自身が原因で仕事を「辛い」と感じている可能性があることをご存知でしたか? 一体自分のどんなところに「仕事が辛い」と感じる原因があるのでしょうか?

仕事ができず、成果や結果が出なくて辛い

自分自身が原因で「仕事が辛い」と感じる理由として、「仕事ができない、あるいは成果が出ない」という理由が挙げられます。たとえば営業職であれば、会社から課せられる売上目標が目標が達成できなかったり、事務職であれば、作業スピードが遅かったりケアレスミスが多く周りに迷惑をかけてしまったり……などです。仕事で成果をあげられないと、自分が社会や会社に貢献できている気がせず、モチベーションも下がりやすくなってしまいますよね。

成果が上がっていない人は「成果を出すためにやれることを実践しているか?」を、周囲の人と一緒に振り返ってみましょう。多くの人の「仕事ができない」という悩みは1人で抱え込んでしまうことで、なかなか解消できなくなってしまっているのです。そんな時は、仲のいい同僚や先輩、上司に相談してみましょう。特に、上司や先輩は自分自身が過去に成果が出なくて苦しんだ経験や、自分の周りでそういった人を見てきた経験を持っている場合があります。一緒に考えてもらうことで、今の自分を脱却する良いヒントがもらえるはずです。

職場の人間関係が悪くて辛い

仕事に関する辛さで1番と言ってもいいほど、悩んでいる人がいるのが「人間関係」に関する辛さです。特に上司との関係性に悩んでる人が多いようです(参考:仕事のストレス原因の第1位!上司との関係性と3つの対処法)。上司の他にも、同僚や部下との関係性で悩んでいる人は多くいると思います。

実はこれも、自分自身の解釈が原因で「人間関係が悪い」と思い込んでいるパターンがあります。たとえば、「上司が正論で叱ってくれたのに、理不尽だと思い込んでいた」「自分のミスをきちんと謝らなければならないのに、まだ謝っていない」「自覚していなかったけど、部下への指示の出し方がキツめ」などです。今一度、職場の人たちへのコミュニケーションで、自分に落ち度がなかったかどうか振り返る時間を持つことも大切です。

自己実現ができなくて辛い

毎日毎日働いているけれど、自分が求めているスキルが身についている気がしなかったり、「この仕事で果たして社会に貢献しているのだろうか……?」と疑問を感じてしまう状態が続いているのも、辛いですよね。仕事の中で自己実現ができていないことも、辛さの原因のひとつです。

「自己実現が今現在の働き方でできていない」と気が付いた時は、まず、どんな環境であれば自分が思い描くキャリアを実現できるのかを整理してみましょう。そのキャリアを実現するために身につけるべきスキルは? それはどんな環境があれば手に入るのか? 自分自身が本当に成し遂げたいことは何? それは今の部署や会社で実現できそうかどうか? 細かく検討してみましょう。

ここが辛いよ仕事!②(2)自分以外の外部要因に原因アリ!?


自分に原因がある場合もありますが、やっぱり外的要因が「仕事が辛い」と思う原因になっている場合が多いです。「仕事が辛い」と感じてしまう外的な要因とは一体何なのでしょうか?

会社の社風と自分が合わなくて辛い

会社の方針や、そこで働く人々とウマが合わないまま働き続けることは本当に辛いと思います。たとえば、ゴリゴリの体育会系な社風についていけなくなってしまったり、現場を無視してどんどん経営方針が変わっていくトップダウンな会社などです。

「今の会社の社風は自分と合わないかもなあ……」と感じてしまったら、どんなところが自分と合っていないのか? を冷静に振り返ってみましょう。転職を検討するにしても、今の会社のどんなところと自分が合っていなかったのかがはっきりしないと、また同じような会社に就職してしまう可能性もあります。どんな環境であれば、自分が違和感を感じずに働くことができるかをしっかり整理しましょう。

労働時間が長過ぎて辛い

残業などが日常化しており、労働時間が過剰に長くなっている人も辛いと感じるようです。「毎日終電まで残業するのが常態化している……」「休日出勤が多くて休みらしい休みがない」などです。人はロボットではありませんから、どんなに健康でも知らず知らずうちに心身ともにストレスを溜め込んでいる可能性はあります。

こういった人は業務の進め方を整理し、上司などやチームに相談をしてみたほうが良いでしょう。業務のゴールは何か? それはいつまでにやる必要があるのかを明確にし、そこから逆算して業務スケジュールと仕事配分を見直しましょう。「上司が全く取り合ってくれない!」という場合は、最悪、他部署への移動や転職も検討しなければならないかもしれません。

仕事内容がきつ過ぎて辛い

そもそもやっている仕事内容が自分の適性と合っておらず、仕事内容そのものがきつくて辛いと感じてしまう人もいます。「営業の、数字を追い求めるやり方に納得がいかない」「顧客との調や折衝をするのが精神的にしんど過ぎる」などです。仕事が退屈なものであったり、反対に心と体に厳しい仕事をすることは辛いですよね。

自分にどのような適性があり、どんな仕事なら「辛い」と感じずに毎日取り組めそうか、自分を見つめ直してみましょう。再度、時間を取って自己分析を行うことで今後のキャリアの描き方も道筋ができてくるはずです。自己分析を行うにあたり、こちらの記事も参考にしてみてください!(参考:転職にも自己分析は必要!自己分析の方法と自己分析に役立つ自分への質問

また、今の仕事の仕方を変えてみるという方法もあります。たとえば営業職であれば、テレアポや飛び込み営業などを「嫌々ながら、仕方がなく」という気持ちでやっていませんか?「今は自分を成長させるための期間なんだ」とm前向きな気持ちを自分で形成して仕事に取り組むことも1つの方法です。今やっている仕事が後々に生きてくることでしょう。

給料が低すぎて辛い

仕事をしたら対価として貰えるのが「給料」ですが、これが低すぎて仕事も生活も辛い!という、Wパンチになってしまっている人もいるようです。特に他の会社で同じような職種をしている同期が「月◯万円くらい貰ってるよー!」など話を聞いてしまうと、「あれ?自分より多いな……」と自分の給料が低いのではないかと思ってしまいますよね。また会社の業績などによって、今年はボーナスが出なかった……なども、仕事のモチベーションに大きく影響すると思います。

給料に不満がある人は、「自分が月々どのくらいの手取りがあれば満足できるのか?」を一度具体的に計算してみましょう。「30歳では◯万円くらいは貰っていたいな」など目標が決まると、それが今の会社で出世をすることで叶いそうなのか、または転職をする必要があるのか、自分がどう動けばいいのかがわかってきます。

新人とベテランで辛さは違うよ!(1) 20代が感じる仕事の辛さとは


一口に「仕事が辛い」と言っても、実は職歴などによって「辛い」と感じるポイントには違いがあります。まず、入社して職歴が浅い20代の社員が「仕事が辛い」と感じることをご紹介します。

仕事がなかなか覚えられなくて辛い

入社後、会社に馴染むまでには人それぞれペースがあります。新しい人間関係や会社のルールを覚える中で、当然、メインとなる仕事もしっかり覚えて遂行していかなければなりません。要領のいい同期がどんどん仕事を覚えていく中、なかなか覚えられない人は焦ってしまうかもしれません。

会社に入りたてのうちや、社歴が浅いうちはできないことや知らないことがあって「当然」の状態だということを理解しましょう。仕事を教えてくれる上司や先輩も、最初は若手社員として知らないことわからないことだらけの時期を過ごしたはずです。「誰でも通る道」ということを自覚したうえで、1日でも早く仕事を覚えるよう努力したり、会社に馴染めるよう自分からコミュニケーションを取りに行くことが大切でしょう。

職場に馴染むことができずに辛い

仕事を覚えている最中の20代社員は、仕事で貢献できるようになるまで会社に市民権がないように感じ、肩身が狭くて辛い人もいるようです。また社風に慣れるにも、ある程度時間が必要になるのは仕方がないことです。

すぐに職場に馴染むのは苦手で難しそう……という人は、まず1番最初の目標として「会社へ行くことに慣れる」を設定しましょう。通勤経路の電車の乗り換えになれる、会社までの道のりに慣れる、社員証を使って会社に入るのに慣れるなど、始めは「慣れる」ためのハードルを低く設定して少しずつ実行していきましょう。「ここが自分のデスク、居場所なんだ」と自覚できるようになってきたらシメたものです。

上司の指示が理不尽にしか感じられず辛い

上司や先輩からの指示が、理不尽にしか感じられない時もあるようです。たとえば、上司Aから「◯◯のようにしろ」と指示があったのに、上司Bが「△△みたいにやったほうがいいよ」と、別々の指示がきてしまっては溜まったものではありませんね。

指示を「はい、はい」と聞いて実行するだけではなく、「その時の最適解はどれか?」を自分の頭で考えるようにしながら上司や先輩の指示を仰ぎましょう。自分自身が仕事について主体的に考えるきっかけにもなりますし、「もっとこうしたほうが良くないですか?」など逆にあなたから上司に提案ができるかもしれません。言うことを聞くだけのイエスマンにならないことが大切です。

新人とベテランで辛さは違うよ!(2) 40代が感じる仕事の辛さとは


最後に、経験を重ねている40代の社員はどんなことに「仕事が辛い」と感じてしまうのでしょうか?仕事の経験を重ね、立場が上がってきたからこそ出てくる辛さがあるようです。

管理職だと残業代が出なくて辛い

労働基準法では「管理監督者」には残業代(割増賃金)を払わなくていいと明記されています。このため「管理職になった途端、残業代が出なくなった」なんて人もおり、役職について責任も増して仕事をがんばっていたのにと辛い想いをする人がいるようです。

ただし、「管理職になって残業代が出なくなった!」という人は、1度確認したほうがいいことがあります。実は、会社で定めている「管理職」と、労働基準法上の「管理監督者」が必ずしも一致するとは限らないのです。労働基準法上の「管理監督者」に該当しないということは、会社はきちんと残業代を支払う義務があります。労働基準法の「管理監督者」には厳密な要件がありますので、自分がそれに該当しているかどうか確認してみてください。

できない後輩への指導が難しくて辛い

仕事の経験を積み社歴が長くなってくれば、当然、OJTなどで同じ部署の後輩指導をする機会も増えてくるでしょう。ところが入ってくる後輩は性格も能力も、千差万別。自分とウマが合い、素直に教えを請う後輩ならいいかもしれませんが、中には自分とウマが合わないどころか、指導するのに手を焼いてしまう後輩が入ってくる可能性もあります。なかなか言うことを聞かなかったり、仕事ができないままだと教えている自分の監督責任も問われます。

できない後輩への指導は決して自分1人で行わず、部署やチームの他のメンバーと協力してチームで指導するようにしましょう。後輩も、同じ人から同じ指導を繰り返しされるよりも、言葉や視点を変えて先輩たちから声をかけられたほうが「気づき」が得られるかもしれません。

「このままで終わっていいのか!?」という不安や葛藤に苛まれて辛い

経験や社歴を積んですっかり仕事も熟達し、会社でも頼りにされる存在になってくる40代。今の仕事に大きな不満はないけど、このままぬるま湯に浸かったような仕事の仕方を、定年まで続けていていいのだろうか? もっと自分のスキルを世の中のために還元できるのではないだろうか? と葛藤する40代も多いようです。

そんな人は、自分がこの先の職業人生の中でどんなことを成し遂げたいのか整理してみましょう。目標がはっきりすれば、それは社内で新規事業を起こすことなのか、あるいは転職して別の会社ですべきことなのかがわかります。あるいは、とりあえず転職活動をしてみるのも1つの手です。自分の職歴やスキルが転職市場でどのように評価され、どんな会社に求められるのかを知ることができる良い機会です。

違いはあれど、みんなが抱えている「仕事が辛い」気持ち


いかがでしたか ?原因別や世代別で抱えている「仕事が辛い」と感じるポイントや、それぞれの対処法についてご紹介しました。人によって違いはありますが、みんな何かしらの「仕事が辛い」という想いを抱えています。対処法を知って「辛い」気持ちを上手に解消していきましょう!


ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

大森由理

大森由理

ニーガタのオーモリ。既婚29歳の派遣事務とライター業。大学院まで運動生理学が専門、卒後は研究員として働く。キャリアに興味があり、人材紹介会社で1年営業をする。キャリア、教育、スポーツ、研究界隈が好き。近頃は「やってみるをやってみる」実行中。

関連する記事

”初めての転職”で不安な方へ。
第二新卒の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)