キャリアアップマガジンTOP  >   複数社から内定をもらった!会社を選ぶ決め手や内定辞退の連絡は?

複数社から内定をもらった!会社を選ぶ決め手や内定辞退の連絡は?

 2017年11月29日  Posted by  編集部

doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

doda
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

なかなか内定をもらえない人がいる一方で、複数から内定をもらえる人もいます。その違いはどんなところになるのでしょうか?また、もし複数の内定をもらった場合に、どの会社を選べばいいのでしょうか?会社を選ぶポイントや内定を辞退する場合の伝え方についてもご紹介いたします。

複数の内定をもらう人がやっている2つのこと

企業研究や自己分析を丁寧に行う

複数の内定をもらっている人ほど、情報収集や分析をしっかり行っています。たとえば、同じ業界で複数の会社を受ける場合、1社目は丁寧に調べる人がほとんどだと思いますが、2社目、3社目ともなると、業界や仕事についてなんとなくわかった気になってしまい、調べが疎かになってしまう傾向にあります。

ここが、ライバルと差をつけるチャンスです。どの会社でも同じ項目と熱量(好奇心)で研究を行い、業界での位置や競合会社と何が違うのかなどまで調べておけば、面接の時にいきなり質問されても困ることはないでしょう。

自己分析については、会社ごとに一からやる必要まではありませんが、応募する会社や職種に対して、自分のどんな強みや能力、経験が活かせるのかというマッチングを意識して、志望動機や自己PRに繋げることが大切です。

自分に自信を持つ

同じ能力でも自分に自信がある人と、自分に自信がない人、企業の採用担当者はどちらを採用したいと思うでしょうか。採用担当者は、チャレンジ精神があって、度胸がある、いわば自信がある人を選ぶはずです。

理由は、仕事に取り組む姿勢に違いがあるからです。自分に自信がない人は、守りに走りがちですが、自信のある人は、どんどん新しいことに飛び込むことができます。こうした自信は、面接での立ち居振る舞いにや言動にも表れ、好印象につながります。

複数の内定を獲得して悩んだ時の選択のポイント・決め手


複数の会社で内定が決まった場合、どうやって選んだらいいのでしょうか?ポイントをつけて比べてみるのも、方法のひとつとして有効です。

比較する項目としては、①やりたい仕事(志望動機とリンクしている仕事か、キャリアプランを実現できそうか)、②給与、③勤務地、④面接などでの人事の印象、⑤職場の雰囲気をベースに、自分でこだわりたい部分(残業が少ない、海外勤務がある、など)を付け加えます。

×=1点、△=2点、○=3点として、会社ごとに各項目で点数をつけていき、合計点数が高いほど、自分の希望や理想に近い会社というわけです。

ここで1社にまで絞れない場合には、応募先企業の人事担当者に、実際に働いている社員を紹介してもらえるかどうか、聞いてみてください。社員の生の声を聞くことで、企業研究だけでは見えてこなかった情報や、フィーリングといった部分も確認することができます。

内定辞退と入社意思を伝えるタイミングと方法


複数の会社に応募をするのは、悪いことではありません。転職活動を効率的に進めるためには必要なことですし、応募期限があれば「1社ごとに応募する」なんて悠長なことは言ってられません。

しかしここで、複数の内定をもらってしまった場合、入社する一社を除いては辞退の連絡をしなくてはなりません。あまり気持ちのいいものではないですが、先延ばしにするのはNG。ほとんどの企業では、人員計画に基づいて採用を行っているため、後回しにしてしまうことで、逆に企業側に迷惑をかけてしまうことになってしまいます。

内定辞退を伝えるタイミング

複数社から内定が出てしまった場合、断る予定の企業にはできる限り最速で連絡を入れましょう。新卒採用であれば、研修会や懇親会などに出てしまうと、気持ち的にも辞退を言い出しづらくなります。また、他企業の選考が進んでいる場合にも研修などとのスケジュール調整が難しくなりますよね?早めに辞退すれば人事からのお咎めも少なくて済みますので、すぐに行動しましょう。

また、中途採用の場合も基本的には一緒です。企業は内定を出した段階で、すでに人員の配置計画や必要な備品手配の準備を進めてしまっています。中途応募者の中には入社日を先に伸ばしてその間に他社の選考を受けようとする人もいるようですが、そのような行動は社会人として無責任です。他人にコストをかけさせて自分だけ利益を得ようとするのはやめましょう。

内定辞退の連絡を企業にする場合は、時間帯にも配慮するようにしましょう。この連絡に関しては、企業は何の利益にもなりません。相手の仕事を邪魔しない時間帯を考えましょう。良い時間帯は業界や職種により異なりますが、基本的に始業後の朝一番や昼休憩、終業時間以降(18時以降)に連絡するのはマナー違反でしょう。
新卒採用も中途採用も、内定辞退を引き伸ばしても悪い点の方が多いです。1人の大人として責任のある、早めの行動をしましょう。

内定辞退を上手に伝える方法

内定を辞退する場合は、郵送やメールで連絡するのではなく、電話で伝えるようにしましょう。電話であれば誠意を伝えやすく、また企業側もすぐに知ることができます。さらに電話の後にメールを送っておくと、「言った・言わない」などのトラブルを避けることもできます。

伝える内容としては、自分の都合で内定を辞退することになって申し訳ないということ、面接の機会をもらったことへの感謝を伝えることが大切です。また辞退理由を聞いて、次の採用に活かそうとする企業や採用担当者もいます。内定辞退の理由は伝えられるようにきちんと準備しておきましょう。

<他社の内定先に行く場合>

御社と並行して選考が進んでいた企業に、△△職で内定をいただきました。最後まで悩みましたが、△△職の仕事が私がやりたかったことに1番近いと思い、このような決断となりました。貴重なお時間を割いて選考していただいたにも関わらず、大変申し訳ございません。

 

<他社からの内定と関係なく辞退する場合>

実は大変申し上げにくいことなのですが、この度は内定を辞退させていただきたくご連絡しました。将来を左右することですので十分に考え悩んだ末、私の個人的な事情もあり、勝手ながら辞退させていただきたく決断いたしました。御社には大変ご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません。

入社意思を伝える方法とタイミング

応募した企業すべての結果が出揃ってから、どこに入社するかを決めたい、という気持ちもわかります。しかしこれだと、内定の連絡をもらってから数週間以上待たせてしまうことになってしまう可能性もあります。

そのため、応募時には希望順位をしっかりと決めておき、第一志望の会社で内定をもらったら、すぐに承諾の意思を連絡し、そのほかの会社には辞退の連絡をするようにしましょう。なお、辞退の時と同じく、まずは電話で連絡し、メールで伝えるという形がスムーズです(必要書類などがある場合には、合わせて郵送で送るようにしましょう)。

まとめ

複数の内定をもらえるということは、自分が優秀な人材であることの証明をしてもらったようで、とても嬉しいことです。しかし、それを自慢してふれ回っているようでは二流の人材と言わざるをえません。入社をするにせよ、辞退するにせよ、企業側の状況を考えて、できる限り早く連絡をすることが、一流の人材であるといえるでしょう。


doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)