キャリアアップマガジンTOP  >   バイタリティがある状態とは?バイタリティがない人への改善方法と仕事のコツ

バイタリティがある状態とは?バイタリティがない人への改善方法と仕事のコツ

 2018年4月6日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

ジョブトラ20s
★非公開の優良ベンチャー情報を厳選紹介
・第二新卒&未経験業界への転職もOK
・20代で市場価値が高まるキャリアを提案
・選考フォローが手厚く、内定獲得率・年収UP率ともに高い
大注目の優良ベンチャー情報を得るなら、ジョブトラ20s

公式 

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

バイタリティがあるという言葉をよく聞きますが、バイタリティとはいったい何なのでしょうか?バイタリティを高める方法や仕事におけるバイタリティの意義などをご紹介します。

バイタリティとは?

バイタリティとは、直訳すると「活力」です。その人に宿るエネルギーや生気を指し、「バイタリティがある=やる気に満ち溢れている」という意味合いで使われます。

バイタリティはその人の生き方や働き方によって滲み出るものであり、先天的な才能というわけではありません。

バイタリティが仕事で求められる理由

ビジネスシーンにおいては「あの人はバイタリティがある」などの使われ方をする言葉で、耳にしたことがある人も多いでしょう。

バイタリティが仕事で求められる理由は、活力があらゆるコミュニケーションを円滑にし、プロジェクトを進行するための動力となるからです。

目には見えないバイタリティですが、バイタリティがある人は仕事において自然と中心人物になることが多く、キャリアアップもスムーズです。

バイタリティのある人は公私ともに充実している

あなたの周りにいるバイタリティのある人は、単なる仕事ができる人ではないはずです。バイタリティは仕事のために培うスキルではなく、その人の人生の積み重ねからにじみ出るものです。したがって、バイタリティのある人は仕事だけに限らず、趣味や家庭の時間も大切にし、充実しています。

意識して作るバイタリティは偽物?

バイタリティという言葉が注目されることで、バイタリティを身につけようと意識してしまう人も多いでしょう。しかし、バイタリティは先ほどお伝えしたように、何かを学んだからと言ってすぐに身につけられるものではありません。

バイタリティにばかり固執し、表面上のバイタリティを装うことは、本質的なバイタリティにはつながりません。偽物のバイタリティで満足してしまうと、ビジネスシーンでもトラブルが多くなってしまうでしょう。

バイタリティがある人の3つの特徴

それでは、バイタリティがある人にはどのような特徴があるでしょうか。ここでは3つご紹介します。

周囲にたくさんの人が集まる

バイタリティがある人は集団の中でも、とりわけイキイキとして楽しそうです。しかし無理にテンションを高めている様子はないので、自然と周りに人が集まってきます。「バイタリティが溢れる」と言うこともあるように、非常にパワフルで周りに元気を与えるからなのでしょう。

それゆえに、バイタリティ溢れる人はリーダーに選ばれやすかったり、仕事で評価もされやすかったりするのです。

努力家

バイタリティは努力したから高まる、というものではありません。しかしバイタリティがある人は総じて、努力家であることが多いように感じます。努力をするのは、目標があるからに他なりません。目標があるからこそ、人より率先して動いたり、スキルを高める努力をすることにも迷いや不安が少ないのです。本人にとっては自然なことですが、周りから見ると、パワーがあるように感じられるのでしょう。

切り替えが早い

また、バイタリティがある人はささいなことで落ち込まず、失敗を引きずることも少ないです。はたから見ると何でも卒なくこなしているように見えますが、実際はみんなと同じように多くの壁にぶつかっています。つまり、人一倍、切り替えが早いだけなのです。

バイタリティのない人=仕事しづらい?

バイタリティのない人とは

自分にはバイタリティがないと悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、多くの人は、公私ともに充実して活力にあふれた状態をキープしておくことは難しいはずです。つまり、バイタリティに溢れている状態を誰しもが目指す必要はないということです。

一方でバイタリティがない人とは、常に悲観的かつ消極的な状態が続いており、誰かとチームを組んだ際に、チームの活力と相殺してしまうような行動に出る人です。

自分がその状態だと感じた方は、なぜ自分がそのような状態になっているかを分析してみる必要があるでしょう。

仕事においてバイタリティがもたらす影響

バイタリティは、0か100かという定義があるわけではありません。しかし、職場にいるメンバーそれぞれの持つバイタリティの平均値によって、仕事の成果は大きく変わります。

職場のバイタリティが高いことによるもっとも大きな効果は、失敗からの回復が早いことと、日ごろのストレス値が低いことです。この積み重ねが、成果や質に徐々に影響を与えます。

自分自身が職場のバイタリティを高めるために必死になる必要はありませんが、下げない意識を持つことは大切でしょう。

バイタリティを高めれば生活水準が上がる!

バイタリティを意識することで仕事の質だけではなく、プライベートにおける生活水準の上昇も期待できます。

なぜなら、バイタリティを高めるための具体的な方法のほとんどは生活スタイルを改善することによるため、身心そのものの変化が起き、職場以外での時間も楽しめるようになるのです。

バイタリティを高めるための6つの方法

心を豊かにする時間を作る

厚生労働省「働く人の意識と就業行動(平成20年)」によると、労働者が求める豊かさは「モノ」より「心」の豊かさへと移行しています。また、自由な時間が欲しいと考える労働者も年々増え続けています。バイタリティは「活力」と直訳できますが、自身の求めるものを満足に得られなくては活力が湧いてくることはないでしょう。

したがって、好きな音楽や本を取り入れる時間を作ることや、誰か好きな相手とそばにいる時間を大切にすることがバイタリティの源となる可能性が高いです。

健康な状態を保つ

バイタリティを育てる土壌となるのは、健康的な体です。厚生労働省「健康意識に関する調査(平成26年)」によると、人が幸福であるかどうかを判断するにあたって最も重要視する項目が健康状態であることがわかります。

自身が不幸だと感じる状態で、バイタリティを引き出すことは極めて難しいもの。健康な状態をキープすることが、バイタリティを育てるための第一歩と言えるでしょう。

睡眠時間を確保すること、食生活の偏りを減らすこと、飲酒・喫煙を控えることなど、少しずつ取り入れられることから健康への意識を高めてみてください。

厳密なルールを作るとそれ自体がストレスになってしまうかもしれませんが、意識しているだけで自分の体が変わっていくことを感じられるはずです。無理のない部分から挑戦してみましょう。

成長ホルモンでストレスを解消する

薬理と治療2017年6月20日発行vol.45(ライフサイエンス出版)」によると、アミノ酸を運動前に摂取した場合としない場合を比較した際、アミノ酸を摂取した場合のほうが成長ホルモンの分泌が促進されることがわかりました。また、成長ホルモンの分泌は良質な睡眠や、ストレス軽減の効果があることが実証されています。

バイタリティは日々のストレスやプレッシャーにおいて変化するものですが、それらのネガティブな要素を効率的に解消していくことが、バイタリティを高めることにつながります。アミノ酸を多く含むかつおやチーズ、鶏肉などの食材を摂取することや、サプリメントで補給することなどを意識してみましょう。

人との繋がりがある、サポートしてくれる人がいる

バイタリティは、人との繋がりによって生まれるとも言われています。もともとバイタリティが高い人はたしかに存在するものの、一人でバイタリティを保つには限界があるという考え方です。

小さな会社を大企業にまで成長させた偉大な経営者たちは、おそらくバイタリティが人一倍あるのは疑いようもありません。ただし、その偉業は共同経営者や社員、家族、協力会社がいて始めて可能になるもの。周りからのサポートなしでは成し得なかったのは、間違いないでしょう。

ここで発想の転換をしてみましょう。バイタリティを高めれば人を引き寄せやすいのは確かですが、人との繋がりによってバイタリティが保てることも事実なのです。よって、バイタリティを高めるには、あなたをサポートしてくれる人との繋がりを大切にする、ということも忘れないでください。

悪口を言わない

コトダマと言われるように、言葉には力が宿るとされています。あなたもネガティブな発言が多い人との会話に、どっと疲れた経験をしたことがあるのではないでしょうか。

つまり、バイタリティを下げないためには、悪口などのネガティブな発言をしないことが大切。好調のときは問題なくても、不調のときは悪口や愚痴を言いたくなるものです。そんなときこそ、意識してポジティブな言葉に変え、バイタリティを高めてみてください。

プラスの考え方、行動をする

バイタリティがある人は、考え方が前向きで努力家、仕事に対しても積極的に見えます。その根本には、主体的に行動することがクセづいていることもあるのでしょう。つまり、言われたこと以外にいつもプラスアルファして、「他に何かできないか」と思考を巡らせているので、人より仕事が速く、頼られる存在にもなりやすいのです。

ここから分かることは、「バイタリティがあるから行動する」のではなく、行動するからバイタリティが溢れてくるということです。自分に自信がない人ほど、ぜひこの考え方を取り入れてみましょう。

バイタリティを維持する健康的な生活を

バイタリティの有無は、個々人が生活していくうえで日々変わっていくものです。バイタリティのある人に自分が完璧になろうとする必要はありません。

ただ、より良い生活のために、バイタリティがそれなりにある状態を維持することは非常に有意義でしょう。バイタリティがないと感じている人は、ぜひ今回ご紹介したポイントを意識し、日々積み重ねてみてください。


ジョブトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

宿木雪樹

広報/企画分野での企業経験を経て、フリーランスへ。ニーズに応じた企画/執筆を担当。2018年1月よりMAMORIOチーフエディター。一緒に仕事した方を"幸せにする”がモットー。”幸せになる考え方”をコンセプトにしたブログ「宿木屋」運営中。

関連する記事

”初めての転職”で不安な方へ。
第二新卒の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)