ジョブトラ20s TOP  >   バリキャリになりたい女性へ…バリキャリになりやすい職業や年収、プライベートで困るポイントは?

バリキャリになりたい女性へ…バリキャリになりやすい職業や年収、プライベートで困るポイントは?

 2018年4月6日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

バリキャリになりたいと考えている女性へ、バリキャリの指標となる年収やバリキャリになりやすい職業、バリキャリになることの注意点などをご紹介します。バリキャリを積極的に目指す方はぜひご覧ください。

バリキャリとは?

バリキャリの定義と年収

バリキャリとは、「バリバリ働くキャリアウーマン」の略称です。もともとバリキャリという言葉は、男性社員と比較して女性社員は結婚や出産などの機に、キャリアアップのルートからそれることが一般的であったため、キャリアウーマンとしての時間を優先して働き続けることが特別視されていることが背景にあります。

バリキャリのもうひとつのポイントは、年収です。バリバリ働いていれば当然収入も高くなるのですが、平均して同年代の男性社員よりも高収入を得ていることが、バリキャリの暗黙の指標になっています。30代女性で年収600万円以上の場合、バリキャリと呼ばれることが多くなるかもしれません。

バリキャリとゆるキャリの違い

バリキャリの対義語として登場したのが、「ゆるキャリ」です。ゆるキャリはマイペースに働くキャリアウーマンを指し、プライベートの時間とのバランスをとりつつ仕事を続けるスタイルを指します。

バリキャリと呼ばれる働き方ではプライベートの時間をとることができないという視点から、あえてゆるキャリを選ぶという女性が近年は増えています。

一方、ゆるキャリという定義ができたことで、バリキャリがより明確になり、仕事に打ち込む女性も一定数います。

バリキャリになると選択肢が増える

バリキャリのもっとも大きなポイントは、経済的余力を自分の力で作る点です。日本では女性の年収が男性と比較すると低いため、女性が経済的自立を維持することは非常に難しい現状があります。

バリキャリという働き方を選ぶことで、人生のパートナーや転職先、キャリアアップ方法など制限なく選べることが増えます。計画的な貯蓄をすることで、精神的な安定を維持することもできるでしょう。

バリキャリになりやすい職業

高年収の専門職は言うまでもなく狙い目

女性の平均年収が多い職業は、キャビンアテンダント、医師、大学教授など専門職が並びます。もとよりその職業を目指して努力すること、学歴を重ねることを前提とした職業ですが、そのぶん年収と安定した仕事を手に入れることができます。

特に、医師や大学教授は他業種への転職ということも少なく、女性がバリキャリになることも多い業種でしょう。

管理職を目指してキャリアを積んで年収アップ

キャリアアップを目指せるもうひとつの職種として、プランナーや経営企画などの管理職があります。

管理職は目指すプロセスで実績を積むことが求められ、年収アップするまではある程度の残業など時間の拘束も必要です。一方、信頼を勝ち取ればバリキャリとしてのポジションは安定するでしょう。

女性の社員が多い企業で気持ちよくバリキャリに

子育て向けの商品企画をする会社や幼児向けの教育商材を扱う会社など、女性の視点を取り入れることに重点を置いた企業では、気持ちよくバリキャリを目指すことができます。

そうした企業ではある程度出産や育児に対する優遇制度があるからこそ、キャリアと家庭を両立できる社員が多く在籍します。そのなかでキャリアアップを目指して専業で働く存在は、一定の価値を得ることができるはずです。

仕事は上手、恋愛は下手?バリキャリがモテない理由

仕事が忙しすぎて誘いづらい

バリキャリ女子は、何よりも仕事が第一です。ある程度の年数も経つと任される仕事も増えてきて、後輩の教育や取引先との商談、社内会議に資料作成など、とにかくやるべき仕事が多くなります。そうなると、仕事以外で人とコミュニケーションを密に取る時間が少なくなってしまいます。連絡を取っても仕事のために返信が遅かったりすると、「仕事が忙しそうだから、誘っても断られるかも」と男性に思われている可能性もあります。

バリキャリ女子はモテないというよりも、まず恋愛の対象として認識されるためのきっかけがそもそも作りづらい人もいるかもしれません。

「守ってあげたい」「頼ってもらいたい」という気持ちになれない

男性と同等、あるいはそれ以上に仕事ができるバリキャリ女子は、仕事と同様にプライベートでも1人で何でもできてしまうのでは? というイメージがつくようです。その結果、男性からは「何でも1人でやれちゃうから、俺のことは必要ないのかも」と思われてしまいがちのようです。

すべての男性に当てはまるわけではありませんが、女性を「守ってあげたい」「頼ってもらいたい」というのは多くの男性が秘めている気持ちなのかもしれません。

自分より年収が高い = 自分のプライドが傷つく

男性の心情として、自分よりも仕事ができる女性や、年収の高い女性に対して恋愛感情を抱きづらいことも、バリキャリ女子がモテない一因になっています。

前述したように、男性は女性を守ったり頼られたいという気持ちがあります。自分が働いてお金を稼いで養いたい!と考えたいのに、自分より仕事ができて立場が上で稼いでいたら…なかなか恋愛対象とするのは難しいですよね。

仕事も恋もうまくいく!幸せなバリキャリ女子になる方法

愛嬌も持っている女性を目指す

「男は度胸、女は愛嬌」という言葉がありますが、愛嬌のある女性は周囲から良い印象を持たれやすいようです。人には「人から何らかの施しをうけた場合、自分もそれを返さなくては」と思う「返報性の原理」というものがあります。愛嬌のある女性の笑顔や明るい言葉を見ていると、それを向けられた相手も笑顔で対応しようと思うのです。

「でも愛嬌なんてどうしたら身につくの?」と思っている方もいるかもしれませんね。まずは「愛想」を振りまくところからスタートしてみましょう。とはいっても、心と体を連動させるのはなかなか難しい作業です。そんな時は、まず形から入ればOK!笑顔やポジティブな言葉で、相手に話をすることを心がけましょう。

仕事や専門分野が被らない男性と付き合う

同じ業界で似たような仕事をしている男性だと、「あの人は俺より仕事ができる」というイメージを抱いてしまいます。同じ土俵で仕事をしている人ではなく、業界や職種、専門分野が被らない男性と付き合うことを考えましょう。

違う業界や分野であれば、仕事における優秀さや立場を比較することは難しくなりますし、お互いに知らないことを知る機会も増えて刺激になるでしょう。

幸せにしてもらうのではなく「幸せにする!」という意識で結婚相手を選ぶ

もともと持っている気質は変えられません。バリキャリ女子が結婚相手としてパートナーを探すのであれば、「自分が相手を幸せにする」気持ちを持って探すことをおすすめします。

仕事にバリバリ取り組むバリキャリ女子なら、自分のパートナーとなる相手を幸せにする手段を考えることができるはずですし、「女性に幸せにしてもらいたい」と思っている男性もいるはずです。

バリキャリで気をつけたいこと

男性社員の目は気をつけて

バリキャリという言葉は、男性との比較によって生まれている言葉です。男性社員よりも年収を稼ぐ女性に対して、良い気持ちを持たない男性もいます。また、バリキャリというだけでプライドが高い、孤独などの偏見を持たれる場合もあるでしょう。

男性社員から不必要な悪評を増やさないよう、常に謙虚な姿勢を持ち、自身がどのように見えているかを意識しながら働くとトラブルは避けられます。

プライベートの時間も大切に

バリキャリを目指すことで、仕事以外の時間をとれなくなる女性もいます。仕事に心から打ちこんでいることは素敵なことですが、あなたの人生は仕事だけでは成立しないことも事実です。

休日はあなたの好きな場所に赴いたり、読書をしたり、仕事とは関係のないものに触れる時間を作りましょう。

あなたに理解のあるパートナーを見つけて

バリキャリになることのデメリットとして取り上げられるのが、パートナー探しの難しさです。高年収というだけで男性に一目置かれてしまい恋愛に発展しないケースや、家事より仕事を優先したい気持ちが受け入れられず破局してしまうケースなど、恋愛や結婚が難しくなってしまうようです。

生き方を曲げる必要はありませんが、そばにいるパートナーの存在は、あなたのキャリアにも意外なメリットを生んでくれるかもしれません。あなたの生き方を認めてくれるパートナー探しをあきらめないでください。男女問わず、生き方や価値観は千差万別です。どこかに必ず、あなたの働き方や生き方に賛同してくれるパートナーはいます。

バリキャリは自立した女性の生き方のひとつ

バリキャリは、自立した女性の生き方です。男性からの視線や女性ならこうあるべきという決めつけに苦しむこともあるかもしれませんが、バリキャリを目指すことはひとつの明確な目標です。気をつけるべき点を押さえながら、努力を惜しまずバリキャリを目指せる職業を探してみましょう。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

近岡一磨【ジョブトラ20s編集部】

☆キャリアに関するブログ更新中☆//リアライブ創業メンバー/20代に特化した転職支援会社の事業責任者/社員数4名の折大学1年時に長期インターンシップとしてジョイン/大学2年の時に内定承諾/年間MVP最多取得/累計数千名支援/年間読書量1500冊超え/キャリア面談受付中!詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)