ジョブトラ20s TOP  >   バリキャリ女子が「素敵な結婚」を手にするために選ぶべき男性3タイプとは?

バリキャリ女子が「素敵な結婚」を手にするために選ぶべき男性3タイプとは?

 2018年4月13日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

仕事一筋のキャリアウーマンである「バリキャリ女子」。一般的には恋愛ベタで、独身貴族や婚期を逃してしまう人が多いようです。そんなバリキャリ女子が「素敵な結婚」を手にするためにはどんな男性とお付き合いするとうまくいく可能性が高まるのでしょうか?

バリキャリ女子を恋愛対象から外してしまう男性の3つの本音


バリキャリ女子は本人が恋愛ベタな一方、なぜか男性に恋愛・結婚対象として見てもらえない場合があります。そこには、男性のこんな3つの本音が隠れていました。

男性の本音(1) 自分に劣等感を感じてしまう

バリキャリ女子と一緒に過ごしていると、自分自身に劣等感を感じてしまう男性もいるようです。バリキャリ女子はその名のとおり、仕事においての自己実現を何よりの生きがいとしています。そのため、管理職に就いていたり年収が高かったり、仕事で結果を残している人もいるでしょう。

そういった「仕事のできる彼女」「自分より年収の高い彼女」と一緒にいると、男性自身のプライドが保てなくなるため、始めから恋愛対象外にしてしまうようです。バリキャリ女子のほうが男性側の年収や立場を気にしないという人であっても、男性側が劣等感を感じてしまっていては恋愛・結婚対象として見てもらうのは難しいでしょう。

男性の本音(2) 自分を立ててもらえない

社内の男性社員とも対等な立場で意見を言い、仕事をして成果を残しているバリキャリ女子を見て、男性は「自分のことを立ててもらえそうにない」と思ってしまうようです。男性は自分がしていることに対して「すごいね」「がんばってるね」と認めてもらいたい気持ちがあります。しかし、バリキャリ女子が相手では「自分よりはすごくない」「私のほうが成果が出ている」と思われてしまい、自分自身を認めてもらい立ててもらえないのではないかと思ってしまうようです。

これも「男性の本音(1) 自分に劣等感を感じてしまう」と同じですが、男性のプライドの問題です。案外、男性と付き合うにあたって女性が1番気にしなければいけないのは、この「男性のプライド」が大きな問題となりそうです。その点、バリキャリ女子とは正反対のゆるキャリ女子は、この男性のプライドを傷つけなさそうな雰囲気のため、男性が近寄りやすいのかもしれませんね(参考:バリキャリ女子とゆるキャリ女子のどちらが幸せ?その実態とそれぞれが抱える悩み)。

男性の本音(3) 自分より仕事を優先されそう

バリキャリ女子は、何につけても仕事第一なイメージが強いです。残業や休日出勤もドンと来い!というところがあるため、「自分との時間より仕事を優先するのでは……」と男性は勘繰ってしまうようです。これは女性側も「彼が仕事ばかりで私との約束をすっぽかす……」など、経験のある人がいるかもしれませんので、男性側の気持ちに共感できる女性も多いかもしれません。

どんなに仕事が忙しくても、自分との時間を取ってくれたり大切にしてくれない相手とは、男性も女性もいたくないと思ってしまうものなのですね。

こんな男性には要注意!バリキャリ女子が選ぶべきではない男性3タイプ


バリキャリ女子が恋人や結婚相手を探す際、どのような点に気を付けて相手を選ぶと良いのでしょうか? 男性とコミュニケーションをする中で、こんなタイプの男性がいたら恋愛や結婚の相手には選ぶべきではないかもしれません。

年収600万〜800万のバリキャリ男子

バリキャリ女子が選ぶべきではない男性のタイプとして、まず挙げられるのが同じようにバリバリ働いて高年収を得ている「バリキャリ男子」です。一見「バリキャリ同士、ウマが合うのでは?」と思われるかもしれませんそこには実は意外な落とし穴が隠されているのです。

独身・未婚の、いわゆるバリキャリ男子に該当する年収600万円以上の男性は、実は10%もいません。20代や30代でこれだけ高年収なのは、言わば選ばれし存在なのです。こういった選ばれしバリキャリ男子たちには野心があり、恋愛や結婚相手にも自分の野心を実現するために家庭を中心に考えてくれる女性を求めているのです。

バリキャリ女子のように「自分も仕事で成り上がりたい!」という野心を持った女性は、バリキャリ男子と恋愛・結婚してしまうと、そのうち「家庭に入ってくれ」と言われる危険性もあります。バリキャリとして生きていきたい女性にとっては、本末転倒です。わざわざ恋愛・結婚対象として選ぶべきではありません。

「どこの大学出身?」と女性の学歴を気にする男性

男性の中には、職歴よりも相手の「学歴」を気にする人がいます。「何年も前の学歴を今さらなぜ聞くの?」と思う人もいるかもしれません。実はこの質問は、「女性よりも自分が優位にいたい」と思っている男性にとっては非常に重要な質問なのです。

女性の学歴を気にする男性は「夫は妻よりも偉くなくてはいけない」と考え、結婚後に女性がキャリアを積んでいくのを邪魔する可能性があります。社内ではなく、家庭にキャリアを積む敵がいるだなんて、バリキャリ女子にとっては邪魔以外の何物でもありませんね。

10歳以上の年下女性しかターゲットにしていない男性

やけに若い女性と、恋愛・結婚したがっている男性も要注意です。なぜ、歳の離れた女性と結婚したがっているのか、これらの男性には2つの理由が考えられます。

1つ目は、「結婚したらすぐに子どもが欲しい」と思っている場合が考えられます。出産や育児は、いまだに女性のキャリアプランに大きな影響を与えるため、女性の都合を無視して子どものことを考えていたとしたら、嫌ですよね。

2つ目は「年下女性のほうが、自分が主導権を握りやすいのではないか」と考えている場合です。同世代や歳上女性が相手だと、自分の管理下に女性をおけないと思っているのです。対等な立場でキャリアや家庭を築いていきたいと思っている、バリキャリ女子には向いていないタイプの男性でしょう。

もしかすると相性がいい?バリキャリ女子にオススメな男性3タイプ


ではバリキャリ女子たちはどのような男性を恋愛・結婚相手の対象にすると良いのでしょうか? 最後にバリキャリ女子に相性が良さそうな男性の3タイプをご紹介します!

意外に合う?年収は300万円台、年齢は3〜5歳年下男性

オススメのタイプ1つ目は「年収300万円台」「3〜5歳年下」という2つのキーワードがあります。まず「年収300万円台」の理由です。男性の年収300万円台の場合、現実的な結婚生活を考えたときに共働きしていないと、子どもを育てることが難しい経済状況になります。よって、女性も働いていて欲しいと思っている人が多いのが、この「年収300万円台」の男性たちなのです。

また「3〜5歳年下」という点を見ると、「ちょっとだけ年上の姉さん女房」という設定になります。日本には年長者を敬う文化がありますので、カップルにおいても年下の男性と年上の女性だと、女性の意思も尊重され結果的に対等な関係を築きやすいでしょう。また10歳以上など、あまり歳が離れていてもジェネレーションギャップなどが起こりやすいため「3〜5歳年下」というのがちょうど良い世代と言えるでしょう。

「年収300万円台」「3〜5歳年下」と言われると「えー、なんで?」と思われるバリキャリ女子も多いかもしれません。しかし上記のような理由から、意外と波長が合えばうまくいく可能性があるのです。

いっそ振り切る!年収1,000万円以上の超バリキャリ男子

年収600万〜800万のバリキャリ男子はバリキャリ女子に合わない……とご説明しましたが、ならいっそのこともっと振り切って超バリキャリ男子を狙っていきましょう。年収1,000万〜2,000万円の、ハイクラスな超バリキャリ男子ならいけるかもしれません。

超バリキャリ男子は振り切って成功しているだけあって、亭主関白でなく格が高いタイプが多いです。また超バリキャリ男子は、教養や気品のない女性や、怠け癖のある女性に対して魅力を感じません。いつ何時も自分自身を高めていこうという成長志向のあるバリキャリ女子とは、きっと気が合うでしょう。

よき理解者!対等な関係性を尊重してくれる男性

バリキャリ女子は仕事が好きで、仕事で自己実現を成し遂げることを生きがいとしています。そんなバリキャリ女子に対して、「仕事を辞めて家庭に入って」と言い出すような男性は、不釣り合いです。

仕事も家庭もプライベートも「君の好きにしなよ」と言ってくれる男性こそ、バリキャリ女子にとっては必要な存在かもしれません。出産や育児に関しても2人の問題として「いつ妊活するのか?」「育休はどちらがいつからいつまで取るのか?」など、じっくりと相談できる男性がよいでしょう。

お互いのことを尊重し合える関係性がつくれる相手を選びましょう

バリキャリ女子が素敵な結婚を手に入れるために選ばないほうが良い男性、相性が良いかもしれない男性のタイプをご紹介しました。相手のことをお互いに尊重できてこそ、バリキャリ女子は生きやすいのかもしれませんね。ぜひ素敵な相手探しの参考にしてみてください!


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

近岡一磨【ジョブトラ20s編集部】

☆キャリアに関するブログ更新中☆//リアライブ創業メンバー/20代に特化した転職支援会社の事業責任者/社員数4名の折大学1年時に長期インターンシップとしてジョイン/大学2年の時に内定承諾/年間MVP最多取得/累計数千名支援/年間読書量1500冊超え/キャリア面談受付中!詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)