キャリアアップマガジンTOP  >   初めての婚活パーティーで会話のネタに困ったら!?婚活でうまくいく男女別の会話術

初めての婚活パーティーで会話のネタに困ったら!?婚活でうまくいく男女別の会話術

 2018年4月17日  Posted by  編集部

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&~4年目は特にオススメ
マイナビジョブ20's

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

キャリコネ
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・無料会員登録で”社員クチコミ”見放題
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

公式 

婚活パーティーや初めてのデートで、異性に何を話したら良いのか悩んだ経験はありませんか?全く知らない男女が出会ったとき、間違えれば大失敗にもつながりかねない会話のネタ。適切な質問や会話のテクニックをご紹介します。

気になる相手に初めて会話を仕掛けるには?

初めての会話はどうして難しい?

婚活パーティーや初めてのデートでは、つい緊張してぎこちない雰囲気になりがちです。相手もリラックスできないと、あなたと一緒にいる時間を楽しめません。

初めて出会った異性同士の会話が難しいのは、お互いを知らなすぎる上に異性であるという状態が引き起こしています。事前知識のない者同士は、無意識に自身の過去から接点を探そうとしますが、同性ならまだしも異性では全く想像がつかないのです。

なんとか接点を作るために質問や自分語りを繰り出すと、相手に嫌悪感を与えてしまう可能性もあります。

今、未来、過去の優先順位を

会話のネタの鉄則は、「今、未来、過去」の優先順位で話を進めることです。まずはたった今、目の前にある共通事項から会話を作り出していきましょう。たとえば、婚活パーティーなら目の前にある食事やお酒の話題、映画デートなら見ている作品についてなどです。

一見相手に何のかかわりもないような質問や会話からも、相手の好みや特徴を引き出すことができます。そこから順に、これからの予定や今後の期待などを訊きましょう。過去は、男女問わずいいことも悪いことも経験しています。気をつけなければならないのは、よほど質問がポジティブでない限り、印象強く残っている過去はネガティブなものであるということです。

過去の質問は、ある程度関係性を構築してからでないと失敗のリスクを増やす要因となりますので注意が必要です。

「嬉しくない人はいない」ことから順に

婚活パーティーや初めてのデートは、次につなげるための場です。したがって、加点を重ねることより減点をなくすことのほうが、戦略としては優先されます。

褒める、注目する、笑顔にさせるなど、「嬉しくない人はいない」ことに注力して相手との会話を構築しましょう。自分の知識を活かしてアドバイスをする、相手にダメ出しをする、誰かと比較するなどの行為は、気にしない人もいるでしょうが、なかには深く傷つく人もいます。リスキーな会話より、確実に相手を幸せにできる言葉を常に選びながら会話の運び方をコントロールしましょう。

婚活で役立つ!会話のネタのテクニック―女性編―

男性にカッコつけるタイミングを贈る会話のネタを

「カッコいい」と言われることを嫌がる男性は、ほとんどいないでしょう。しかし、カッコいい瞬間をあなたがいつでも見られるわけでもありません。そこで、会話のネタから相手の男性がカッコつけられるシーンを作り上げると好感度を上げることができます。

趣味の話で彼が輝いたならば、趣味の話題を掘り下げ、知識が深いことを褒めましょう。仕事について語る人ならば、ビジネスにおいて彼がこだわっている部分を評価することで嬉しいと感じてもらえます。カッコいい瞬間を自分の中で捉えたら、それをどこまでも注目してあげましょう。

男性が自分語りできるネタを探す

社会に出た男性は意外と、自分のことを精いっぱい語れるシーンには恵まれていないものです。だからこそ、何の気兼ねもなく自分のことを語れる相手を探しています。

相手の男性にとって、普段は語れないネタは何なのかを会話の中で導き出しましょう。休日の過ごし方や、自分の部屋のこだわりなど、相手が食いつくポイントを探しながら雑談を広げてみてください。

誤解させないで期待させるネタ選び

「この人、俺のこと好きかも」と思わせると、あなたの会話ではコントロールできない部分ができてしまうかもしれません。それはそれでネタに尽きませんが、あなた自身が楽しめる時間は減るでしょう。「この人、俺のこと好きになってくれるかなあ」と期待させる会話がベストです。

程よく共感し、相手を褒める。一方、共感しすぎることなく、一定の距離を置く。本当にプライベートな話題は、相手が自ら話しださない限りは振らない。そんな姿勢をキープすると、自分のペースで会話のネタを提供し続けることができます。

婚活で役立つ!会話のネタのテクニック―男性編―

「自信を与える」ことをゴールに何気ないネタを

女性は外見、仕事の評価、プライベート、過去など、どこかで自信を失う経験や、焦りを経て生きている場合が多いです。そのことにわざわざ触れて「大丈夫!」と根拠なく言うよりは、何気ない会話のネタの中で「この人になら弱みを見せても大丈夫かもしれない」と思わせることが重要です。

相手が教えてくれたほんの一言でも褒められるポイントがあれば、「いいねそれ」など小さな肯定を積み重ねてください。また、女性が出すケースの多い「これって引くよね」というような話題に「気にしないよ」というのも好感度が高いでしょう。

会話で「知らずとも共感できる」男を演出する

女性の趣味は多様で、かつ男性とは相いれない種類のものも多くあります。それは男性も一緒かもしれませんが、女性の場合は「それを理解してほしい」、「褒めてほしい」という欲望が男性よりも強い傾向にあります。

知ったかぶりをする必要はありませんので、その女性と仲良くなりたいならば、初手の共感は大切です。メイク、ネイル、香水、服装、アクセサリー、休日に行くカフェ、寝る前に焚くアロマ。さまざまなこだわりがあるでしょうから、その話題が出たら「そういうのもあるんだね、いいね」と一言共感しておくことで距離は縮まります。

相手が甘える瞬間を会話ネタから引き出す

女性の多くは「甘えたがり」と「甘えるのが下手」の2種に分類できますので、いずれも「甘えやすい環境」を提供すると一気に好感度が高まります。初回でその環境を作る手段は、会話しかありません。

甘えやすい状態は、寛容な心でしか作れません。どんなシチュエーションも肯定できるという姿勢を、会話の節々でアプローチしてみましょう。相手が「そこに甘えたい」という反応を見せたら、「大丈夫だよ」と受け止めてあげてください。

会話のネタ=相手を楽しませる素材

なぜ、知りもしない相手と会話を盛り上げなければならないのか? それは相手と距離を近づけたいから。そんな前提条件を、緊張する婚活パーティーの場やデートの時間にはつい忘れてしまいがちです。会話のネタを一生懸命探すのは、何よりも相手を楽しませ、次もまた会いたいと思ってもらうためです。そのことを忘れずに、相手を思いやって話を進めれば、きっと次につながる素敵な時間を過ごせることでしょう。


【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リアライブ
★ベンチャー企業でキャリアアップしたい方向け
・非公開 優良ベンチャーを厳選紹介
・8月末までの登録で限定コンテンツ公開

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

宿木雪樹

広報/企画分野での企業経験を経て、フリーランスへ。ニーズに応じた企画/執筆を担当。2018年1月よりMAMORIOチーフエディター。一緒に仕事した方を"幸せにする”がモットー。”幸せになる考え方”をコンセプトにしたブログ「宿木屋」運営中。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)