キャリアアップマガジンTOP  >   面接の結果の連絡が来ないときはどうする?理由や対処方法などを徹底解説

面接の結果の連絡が来ないときはどうする?理由や対処方法などを徹底解説

 2017年12月20日  Posted by  編集部


一次面接や二次面談、最終面接など、面接の結果連絡がなかなか来ないとき、どのように対応するべきなのでしょうか。ここでは、面接の結果連絡が来るまでの期間の目安や、連絡が来ない理由についてまとめました。また、選考結果の連絡来ないときの対処方法もご紹介します。

面接の結果連絡が来るまでの期間の目安

合格なら3日が目安

合格の場合、比較的早い連絡が来ることが特徴です。

平均して面接から3日程度で電話かメールで連絡が来るケースが一般的です。

しかし、転職にあたる面接結果の連絡が来るまでの期間は企業によって違いがあります。

遅いと1週間かかることも

企業側が繁忙期であったり、合格通知方法が郵送であったりする場合は、1週間ほどかかるケースもあります。

ですので、複数面接に合格している場合の判断には面接から1週間程度待ったほうが良いでしょう。

1週間以上経過したら不採用を覚悟して

1週間以上経過すると、ほぼ採用のチャンスはないと考えましょう。

企業側も人材を求めていて人材募集をかけているので、面接から1週間以上経過しても報告できないということは考えづらいです。

採用者のみに連絡をするケースもありますので、連絡がないからと言って待ち続けるのは懸命ではありません。

ごくまれに1ヶ月後に採用連絡が来ることも

ただし、全ての企業が1週間をめどに合否の連絡をしているわけではありません。

たとえば、なんらかの事情で採用プロジェクト自体が停滞していた場合や、採用者の検討に時間のかかる組織の場合、1週間以上経過してから合格通知が来ることもあります。

遅いケースでは1ヶ月という長期間の末に採用が決まったケースもあるので、その企業の採用スキームや自身の転職状況を照らし合わせて、待つかどうか判断しましょう。

面接後の結果連絡が来ない理由

面接の結果が来ないときは、下記のような理由が企業側にあるかもしれません。

連絡が来ないから不採用、企業側の対応が悪いと決めつけてしまわず、理由を推察して待つのも一つの手段です。

①応募者が多い

大手の企業や人気企業の場合、中途採用に多くの応募者が集まります。面接期間のはじめのほうで自身が面接を受けられた場合、単純に面接する人数が多いために時間がかかることがあります。

応募者が多い企業かどうかは事前のリサーチや企業の知名度で大方つかむことができますので、面接結果を長めに待っていることもできます。

②社内調整に時間がかかる

大規模な企業の場合、採用の承認を得るまでに何人もの管理責任者の合否を検討する期間があり、調整に時間がかかることがあります。また、本社と支社がある場合は、支社での判断を本社に最終確認してから決定するというケースも。いずれも、社内の決定権限が厳密な企業にありがちなので、自身の応募した企業がそうだと考えられるときは気長に待ってみても良いかもしれません。

③辞退者の補欠

最後に、採用者の辞退が出た際の補欠枠としてキープされていることがあります。転職の場合、採用者側は新卒採用のような決められたリミットのなかで採用プロジェクトを締める必要がないため、確実にマッチする人材を見つけようとしています。そのため、補欠として人員を確保することや、より良い人員を探すまでのキープとしてカウントすることなどは珍しくありません。

不採用者には連絡をしない理由

企業によっては採用決定者のみに面接の結果連絡を行い、不採用者には連絡が行われていません。理由として多いのは、不採用の連絡に多くの人手や経費を要するためです。特に上場企業などの人気企業では、採用者よりも不採用者が多く、応募者全員に合否の連絡をするとなると、多くの人手を投入することになります。電話で一通り連絡するには、つながらない場合もあるため、人手が必要で時間を要しますし、郵送の場合にも書面を作成したり、封筒に宛先を記入して発送したりする作業が必要です。メールでも、文面の作成やアドレスの入力などの手間がかかります。

また、法律上は不採用の理由を開示する義務はなく、不採用の旨を連絡することで、説明などの手間がさらにかかることが想定されます。応募者の側も不採用であれば連絡不要と考えているケースも少なくありません。採用者以外には連絡をしない企業があることも理解しておきましょう。

面接後の結果連絡が来ないときの対処法

確認の連絡は面接後2週間が目安

合格の場合、企業側からの連絡の目安は1週間程度とご紹介しましたが、企業の採用スキームはそれぞれなので、2週間は待ちましょう。

連絡すること自体は失礼ではありませんが、あまりに早い催促は多忙な企業にとってはやや戸惑うものとなるでしょう。

面接結果が来るまでのあいだは不安なものですが、企業がさまざまな業務のなかで選考を進めていることも思いやって待つことを心がけてください。

連絡の方法と相手

連絡する相手は、採用担当者です。

ほとんどの場合、あなたが転職の面接をするにあたってナビゲートしてくれた担当者の名前が知らされているはずなので、直接その人に連絡しましょう。

また、方法はメールよりも電話が望ましいです。

もしも転職エージェントを介して転職活動をしていた場合は、キャリアアドバイザーを通じて選考結果について問い合わせれば問題ありません。

連絡する内容

直接企業の採用担当者に電話をする場合は、下記のような形で話を進めると滞りなく話せるでしょう。

お忙しいところ失礼いたします。

私は〇月〇日に御社の面接を受けさせていただいた〇〇と申します。

人事部採用担当の〇〇様いらっしゃいますでしょうか。

……(つないでもらう)……

お忙しいところ大変失礼いたします。

私は〇月〇日に御社の面接を受けさせていただいた〇〇と申します。

先日は面接のご対応をいただき、誠にありがとうございました。

恐れ入りますが、選考結果をいただける時期をお伺いしたくご連絡いたしました。

……(確認)……

ありがとうございます。

それでは正式な選考結果が来るのをお待ちしております。

失礼いたします。

結果を確認するときのポイント

結果を確認する際のポイントは、「忙しいのは知りつつも確認している」という姿勢を表すことです。

内心焦っているかもしれませんが、企業側にも事情があるということを理解したうえで、丁寧なことばを紡ぎましょう。

また、「選考結果そのもの」を自分から直接するのは失礼です。

あくまで「選考結果が出るまでの期間」を訊くにとどめましょう。

まとめ

面接の結果連絡が遅くても、不採用と決まっているとは限らず、選考に時間を要しているケースもあります。ほかの企業からの内定との兼ね合いなどで、早急に返事をもらいたい場合は、電話で問い合わせてみましょう。


Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)

;