キャリアアップマガジンTOP  >   製薬会社に転職したい!MR職に採用される人材とは?

製薬会社に転職したい!MR職に採用される人材とは?

 2018年5月24日  Posted by  編集部

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&~4年目は特にオススメ
マイナビジョブ20's

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

キャリコネ
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・無料会員登録で”社員クチコミ”見放題
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

公式 

MR(医薬品情報担当者)は「医薬品業界の営業職」と呼ばれ、就職・転職で根強い人気があります。年収が高く、未経験でも転職しやすいという話も耳にしますが、実態はどうなのでしょうか。

MRは文系男子が多い

MRの半数は文系出身

医薬品情報のスペシャリストといえば、薬学部や理系学部の出身者を思い浮かべるかもしれません。ところが、MRのおよそ半数は「文系出身」であることが分かっています。一方で薬学部を含めた理系出身者は3割程度しかいないのです。イメージに反して、専門知識がなくても挑戦しやすいことが、幅広い業界から転職しやすいと言われる理由です。

転職者の割合は3.5%

MRは未経験であっても転職できます。しかし、求められる営業スキルと専門性の高さから難易度は高くなっており、他分野からの転職者の割合は3.5%ほどしかありません。国内だけで6万人を超えるMRのうち、転職組は1800人程度ということになり、一般に言われているイメージよりも採用のハードルが高いと言えます。

9割近くが男性

男女比をみると、「9割近くが男性」という非常に偏った現状があります。女性は看護師からの転職者が多いので、未経験者の割合はさらに少なくなりますが、近頃は女性の比率を上げようとする動きもあります。新卒採用では男女比が半々、もしくは女性を圧倒的に多く採用する企業もあるので、女性には追い風となっているようです。

製薬業界は潰れないという安定感に惹かれる人は多いですが、そのぶん競争率も高いのです。企業に応募するまでに自分のアピールポイントを見定め、しっかりと対策を立てていきましょう。

MR未経験者が採用時に見られるポイント

年齢

MRの採用では、「経験者」や「他業界で営業実績を持つ方」であれば35歳まで可能と言われています。採用意欲の高い会社ではそれ以上の年齢でも採用するケースがあるようです。未経験からの転職は20代が8割を占めており、やはり人材育成の観点からも、20代が望ましいというのが企業の本音のようです。

営業スキル・経験

MR未経験であれば、営業経験があることは必須になります。ただし、営業といっても意外に解釈は幅広いです。MRは価格交渉などを行うのではなく、あくまで自社医薬品の情報を提供して、良さを分かってもらう仕事です。求められるのは交渉力よりも説明能力なのです。

そのため、店舗での商品販売、顧客に対してのプレゼンテーションによる提案経験などがあれば、営業経験になると考えて問題ないでしょう。企業に勤めていれば、そういった機会は少なからずありますので、アピールできる人も多いはずです。

目標達成力

MRが売上目標を達成できるかどうかは、製薬会社の売上に直結します。そのため、企業は「どうすれば目標を達成できるか?」を自分の頭で考え、目標達成まで持っていく力があるかどうかを見ています。前職で目標を達成した経験は必ず訊かれるので、成功事例を話せるようにしておく必要があります。まだそういった実績がなければ、何らかの成果を出してから転職に踏み出すほうが良いでしょう。

競合企業に勝った経験・情報収集力

製薬会社が限られた市場の中で大きなシェアを獲得するには、他社に打ち勝たなければいけません。あなたが異業種の営業において、競合他社に勝ったような分かりやすいエピソードがあれば、ぜひ自己PRに含めてください。

また、医師との信頼関係を構築する必要があるため、医師が興味を持つ話題や業界の最新情報などを常に入手しておく姿勢が問われます。前職において情報収集力が評価された実績などがあれば、積極的にアピールしましょう。

新薬メーカーは難しい?未経験からMRに転職する際に応募するべき会社は?

CSO(Contract Sales Organizatio)

MR職は大きく分けて「メーカーMR」と「コントラクトMR」の2種類に分類できます。特に新薬メーカーのMRは、収入や福利厚生面が恵まれており非常に人気が高いです。しかし、それだけ医薬品に関する高い専門性が求められ、「MR認定資格」の取得が必須となるので、未経験の採用はほぼありません。

そこで、未経験者はコントラクトMRとしてCSOに所属するのが一般的になります。コントラクトMRはCSOからメーカーに派遣され、社員と同じように営業活動を行います。CSOではMR認定資格の取得教育も積極的に受けられ、ここで経験を積んでからメーカーへの転職を目指す人も多くいるのです。中には派遣先メーカーから転籍のオファーを受けて、転職を成功させる人もいます。

医薬品卸の営業(MS)

製薬会社の営業職をMRと呼ぶのに対して、医薬品卸の営業職をMSと呼びます。MSの仕事は、製薬会社から仕入れた医薬品や医薬機器などの商品を、医療機関(クリニックや薬局)に対して「販売」することです。価格交渉なども行うため、MRよりも一般的な営業のイメージに近いかもしれません。

医薬品の豊富な知識や営業力など「MRに似たスキル」が求められるため、特にCSOのMR採用ではMS経験者を優遇しています。まずはMSとして経験と実績を積むことも、MR転職をスムーズに実現させる方法の一つと言えます。

医療機器の営業

医療機器メーカーの営業職で経験を積むのもおすすめです。イメージとしては医薬品が医療機器になっただけであり、医師をはじめ医療関係者に説明、提案するという点ではMRと変わりありません。

医療機器業界は、電子システムに知見のある「IT業界出身者」を歓迎している場合もあります。さらに収入などの待遇面は比較的整っているため、1つの転職先としても魅力的な選択肢です。

 

以上のように、MRを目指したいけど営業経験がない人は、医療業界の営業職に飛び込むことがキャリアアップの近道となるでしょう。ただし、スキルだけではなく、MRの採用面接では「なぜ最終的にMRなのか」を伝えなければいけません。特に未経験者は知識や経験が少ない分、志望動機と自己PRの重要度が高くなるのです。

MRの志望動機を作成するポイント・例文

ポイント1:医療や社会貢献への思いを伝える

MRの採用試験では、医療や社会貢献への思いを伝えることは必須になります。しかし、医薬品を通して患者を救いたい、人の役に立ちたいという言葉を面接官は聞き飽きています。心の底からそう思っているという「本気度」を伝えるには、自分の言葉で、過去の個人的な体験を踏まえて語ることが大切です。

ポイント2:営業としての適性をアピールする

医薬品の売上向上がMRの役割ですので、常に売上目標を意識して働かなければいけません。結果にコミットする姿勢を見せることはもちろんですが、プレゼンテーション能力や人と話をするのが好きなどの「営業向きな適性」が備わっていることを伝えられると、さらに好印象を与えます。

未経験(営業経験あり)からMRに転職する際の志望動機の例文

未経験者は不利に感じる面があるかもしれません。けれども、前職までの経験はそれぞれ違うため、「差別化がしやすい」と考えることもできます。頭に汗をかいて考え、オリジナルのストーリーを交えて、思いが伝わる志望動機を作りましょう。

<例文>

私がMR職を目指したきっかけは、親の病気です。昨年、父が胃潰瘍を患った際に、医薬品の進歩によって消化性潰瘍の手術が減ったことを知りました。そのとき、医薬品の力と今後の可能性を強く感じて、未経験でも医薬品業界を目指したいと考えるようになりました。MR職は、医師の方々を通じて医薬品を患者さまに届ける大切な役割を担っています。それは前職の経験から得た、「お客様が何を求めているのか、まずはじっくり聞く」という姿勢も、営業において生かせるのではないかと考えております。ニーズをくみ取り、正しい情報を伝えて、患者さまに必要な薬を届ける仕事をしたいと考えたことが、MR職を希望する理由です。特に貴社は、私の父もお世話になった消化器系の医薬品で国内トップのシェアを誇り、まさに消化器系の病気に悩む患者さまの生活を変えた企業であると思います。私はぜひその一員となって働きたいと考えております。

転職を見据えて計画的にスキルを磨こう

医療業界は景気に左右されにくい数少ない業界です。中でも、MRは高収入で未経験の転職も可能な人気職ですが、いきなりの採用はハードルが高いのも事実です。まずは営業職(できれば医療業界)に飛び込んで経験を積むなどの「計画的なスキルアップ」が転職成功のカギとなるでしょう。そして採用面接では、自身の経験をもとに、待遇以外の部分にどれだけ魅力を感じているかが問われるのではないでしょうか。

 


【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リアライブ
★ベンチャー企業でキャリアアップしたい方向け
・非公開 優良ベンチャーを厳選紹介
・8月末までの登録で限定コンテンツ公開

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

和田

和田

東京在住のフリーライター。公務員からライターに転身し、転職サービスサイト、女性向けメディアなどで記事を執筆。自己実現、女性の活躍、美容健康にも高い関心がある。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)