キャリアアップマガジンTOP  >   「きつい仕事」の王様?今すぐ辞めたくなる不動産業界の特徴とは

「きつい仕事」の王様?今すぐ辞めたくなる不動産業界の特徴とは

 2018年6月20日  Posted by  編集部

doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

転職サイトを見ると不動産業界の募集はたくさんあり、提示される収入も魅力的であるところが多いです。さらに「未経験歓迎」の文言も見られるので、転職を検討している人もいるのではないでしょうか?

しかし、不動産業界については、条件面や「何となくやりがいがありそう」という心持ちで飛び込むのはおすすめしません。募集が多いということは辞める人も多いということ。ハードな仕事といえば必ず候補にあがる業界なので、そんな評判が立つ理由を見ていきましょう。

全業種でワースト3!不動産業界の離職率

まずは離職率から紐解いていきます。不動産業界の離職率は昔から高いと言われていますが、近年もその傾向は続いているようです。

離職率の高い業界ワースト3

厚生労働省の産業別離職率データをみると、不動産業界の離職率は平成27年実績で3位にランクインしています。そもそも離職率の高い営業職に重きがおかれるうえ、不動産を売る難易度の高さからも「楽な仕事ではない」ことが想像できます。ごまかしのきかない営業力が求められることで、成果偏重主義がいきすぎた結果とも言えます。

不動産業界は「人を育てる概念がない」とも言われた業界なので、以前として「結果が出るまで帰れない」「結果が出なければ辞めるしかない」といった古い体質の残る企業もあるのでしょう。

きついと言われる不動産営業でも比較的楽なのは?

ただ、不動産営業といっても種類はさまざまで、向き不向きもあります。一般的には「飛び込み」や「テレアポ」といった消費者に嫌われやすい手法を使い、かつ歩合給の割合が高いほど「きつい」と感じる傾向にあります。そこで参考までに、きついランキングをつけてみますと、

土地活用の提案営業>投資用マンションの営業>売買仲介の営業>分譲住宅・マンションの営業>賃貸営業(左からきつい順)

といった具合でしょうか。賃貸営業は、お客さまが相談に来るのを待つ姿勢のため比較的ゆるく、どちらかという接客業に近いといえます。

一方で土地活用の提案は、相続などを考えている家庭に出会えず、そもそも必要性を感じていないケースが多いです。営業をかけたところで門前払いを受けることがスタンダードなため、精神的ストレスを抱えやすい仕事といえるでしょう。

不動産業界で働くデメリット

離職率が高い理由のひとつは、職場で抱えるフラストレーションの大きさです。では、その原因となっている不動産業界で働くデメリットはどんなものでしょうか。

景気に左右されやすい

不動産がとにかく営業を重視するのは、1件あたりの売上が非常に大きいからです。そのため、不景気によって企業や一般家庭が買い物を控えるようになれば、最もダメージを受けやすい業界といえます。2014年4月、消費増税前に駆け込み需要があったことは記憶に新しく、今後さらなる増税やオリンピック需要なども控えています。

良くも悪くも景気に振り回されやすい業界ですが、その対応策は経営層の手腕に委ねるしかないところはリスクと言えるかもしれません。

土日に休みが取れない

不動産業界は仕事の性質上、土日祝日が客数の増えるタイミングとなります。そのうえ、慣習的に水曜日が休みとなっているようですが、お客さまの都合に合わせて休日返上することも少なくありません。もちろん休んでもいいのですが、営業成績との天秤にかけたとき、仕事を優先するしかないというのが苦しい現実のようです。

例外として、オフィスやテナント販売、社宅管理などを専門に扱う「法人向けの会社」は土日休みが基本になります。法人が休みの土日に営業をしても仕方ないですからね。ただし今後、不動産業界でキャリアアップしていく観点で見ると、土日休暇にこだわりを持つのはデメリットになりかねないことも覚えておいてください。

売れないと収入が増えない

歩合給があることは、営業職では珍しくありません。しかし、特に不動産業界は給料全体に占める歩合の割合が高いと言われています。努力した分がすべて報酬になることはメリットともいえますが、相当な営業力がないかぎり、自分の生活に困ってしまうことにもなりそうです。

基本給ありでも、売れる営業マンは若くして年収1000万円以上も可能な反面、売れない営業マンはがんばりに反して年収200万円程度という世界です。つまり、非情なまでに結果にシビアな世界ですので、「夢がある」と捉えてがんばれる人は向いているでしょう。

不動産業界で働き続けるのがきつい理由

「景気の影響を受けやすい」「土日休みがない」などは、業界の特徴からいって仕方ないかもしれません。しかし不動産業界がきついと言われる理由はこれだけではありません。

ノルマがきつい

不動産営業のノルマは、営業の世界でも特にきついことで有名です。「ひと月〇〇件」というノルマがあることはもちろん、1件の契約を決めることは給料に大きく影響しますので、その重みが他業界の比ではありません。

他業界に転職する場合、不動産営業をしていたといえば「デキる人認定」されることもあるくらいです。ゆえに、職場はガツガツ働く体育会系の雰囲気である会社も多く、結果がでなければ、百戦錬磨の上司から容赦ない怒号が飛ぶこともあるでしょう。

強引で過酷な営業手法

「マンション買いませんか?」と、何度も電話がかかってくることを想像してみてください。おそらく「うっとおしい」「欲しくても自分から問い合わせるわ!」と思うのではないでしょうか。不動産は多くの人にとって人生最大の買い物となりますので、時期によってはニーズがかなり少ないこともあるのです。

そのため、「欲しいと自然に思わせる」のが営業の極意と言われたりしますが、不動産ではそんなことを言ってられません。テレアポ、飛び込み営業を駆使して、嫌でも強引な営業に出るしかない場面もありますので、冷たくあしらわれても気にしない精神力が問われます。

労働時間が長い

先ほどの「休日が少ない」ことにもつながりますが、不動産業界は残業が多いことでも知られています。引っ越しの多い2~4月などの繁忙期となれば、問答無用の休日返上もあるとか、、、お客さんの都合に大きく左右されるため、拘束時間が多少長くなるのは避けれないのがつらいところです。

ただし、近頃は大企業を中心に、働く環境を見直す動きも増えている様子。たとえば、三井不動産レジデンシャルサービスでは、2016年から多様な働き方を認める独自の働き方改革を進めています。ワークライフバランスを重視する時代の風潮もあって、風向きは良くなっていますので、今後転職を考えるならばブラック企業との見極めがいっそう重要になりそうです。

参考:三井不動産レジデンシャルサービス「働き方改革

働く環境に変化の兆し。でもハードワークに変わりなし

以上、不動産業界の厳しい現実をあげてきました。しかしながら、企業によって働く環境はかなりの差がある、というのが実際のところです。業界の中でも率先して働き方を見直しているところもありますので、転職するならぜひそういった企業を探しましょう。

ただし、依然として相対的にハードワークな業界には変わりありません。不動産業界は選択肢の1つにすぎないことを忘れず、自分に合った転職を叶えてください。

 


doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

和田

和田

東京在住のフリーライター。公務員からライターに転身し、転職サービスサイト、女性向けメディアなどで記事を執筆。自己実現、女性の活躍、美容健康にも高い関心がある。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)