キャリアアップマガジンTOP  >   初めての転職。履歴書の「志望動機」は何を書けばいい?細かいルールやコツも解説!

初めての転職。履歴書の「志望動機」は何を書けばいい?細かいルールやコツも解説!

 2018年6月14日  Posted by  編集部


初めての転職だと、履歴書の「志望動機欄」の書き方に困ってしまうかもしれません。転職の際に書く志望動機は、新卒の時に書いたものと少し質が異なります。事前に書き方を確認し、効果的な志望動機を作り上げましょう。

志望動機の書き方(1)応募先企業の魅力と共感できる点を見つける

応募者が「採用してくれるだろうか」と不安になっている時、企業側も「本当にウチでいいのだろうか」と考えているはずです。まずはその疑問を解消するために、応募先企業の情報をリサーチすることから始めましょう。

競合他社と比べた独自の強み

「どうして○○社さん(競合他社)じゃなくてウチなの?」という疑問を生まないよう、同業界の中で応募先企業がどのような立場にあるのかを調べ、競合と比べてどんな強みがあるのかを説明できるようにしておきましょう。そのためには、シェア率や独自の技術など、その企業が持つ特徴をつかむことが重要です。

経営者の理念・メッセージ

「経営者の思想に共感したから」という理由を志望動機とすることもできます。経営者の理念やメッセージは、企業WEBサイトの「トップメッセージ」「ビジョン」などの項目に記載されていることが多いです。また、社長個人がSNSやブログをしている場合はそちらを参考にしてもよいでしょう。

経営状況・今後の事業目標

自分と応募先企業が見据えている方角が一緒であるというのも、立派な志望動機です。事業計画や経営計画をもとに「これから企業がどんな方向に向かおうとしているのか」を考え、どのあたりに共感したのかを記載します。経営状況については、企業WEBサイトの「会社沿革」などを参考にします。

商品・サービスの魅力

「企業が世に出している商品やサービス自体に魅力を感じた、だから自分もこれを提供する側になりたい」と考える人も多いでしょう。具体的に何が・どこが魅力的だったのかを書いておきたいため、商品開発ヒストリーなどがあればチェックしてみましょう。

志望動機の書き方(2)自分の経験・スキルが活かせるポイントを見つける

続いて、応募する側である自分の能力についても言及しておきます。「私はあなたが求めている人材ですよ」ということを伝えるために、応募先企業の求人情報を再度確認してマッチするポイントを探ってみましょう。

募集要項

中途採用の求人情報には、募集要項欄や採用メッセージなどに「募集する理由」が書かれています。実際のところ、ほとんどは事業拡大か人手不足が募集の理由になると思いますが、せっかくWEBサイトに書かれている募集理由の文言を使わないのはもったいない。「企業からの熱いメッセージ、しかと受け止めた!」という気持ちを志望動機欄にぶつけましょう。

仕事内容

企業からすると、新入社員に「実際に働いてみたら想像と違った、辞めたい!」と感じられてしまうのは恐ろしいことです。最近ではそれを防ぐために、社員のスケジュールモデルや具体的な業務内容を求人情報に記載している企業も増えてきています。

ですからそれを参考にし、自分のスキルが実際の業務にどのように活かすことができるのかをアピールすると効果的です。

求める人物像

企業が求人を出すときには、「こんな人と働きたいな」と何かしらの人物像が想定されています。それは採用担当者メッセージやトップメッセージから読み取ることも可能ですが、そもそも求人情報に「求める人物像」という項目があることも少なくありません。自分の性格上の長所などをもとに、自分がいかに企業が求めている人物像に当てはまっている人間かを伝えましょう。

志望動機の書き方(3)フォーマットに沿って文章を作る

ここまで「志望動機に書く内容」を述べてきましたが、ここからは「志望動機の書き方」についてご紹介します。志望動機はある程度のフォーマットが存在しており、ひとまずはそれに従って書いていくことで無難な文章が出来上がります。

重要なのは「共通項」を見つけること

これまで何度も述べている気もしますが、やはり働くうえで労働者と企業の相性・マッチングは非常に重要になります。ですから志望動機においても、「応募先企業・仕事内容」と「自分の経験・スキル・思想・実現したいこと」の相性がどれほどに良いのかを熱く語る必要があります。

「企業の凹な部分(求めているもの)があり、自分がまさにそれを埋める凸である」という結論は既にあるわけですから、その理由を論理的に証明していけばよいのです。

(1)応募企業を選んだ理由→(2)活かせる経験・スキル→(3)入社後に実現したいこと

志望動機を書く順番としては、まず最初に応募先企業を選んだ理由、次に活かせる経験やスキル、そして最後に入社後のビジョンとするのがオーソドックスです。

婚活パーティーっぽく言い換えると、「(1)あなたの穏やかな性格に惹かれました→(2)僕は医者です→(3)お付き合いできたら車を買ってあげます」となります。最後に必ず「相手が受けるメリット」を示してあげるのがポイントです。

志望動機を書くときに注意しておきたいルール・コツ

文量は150〜250文字程度

一般的に志望動機の文量は150〜250文字程度がちょうどよいとされていますが、志望動機は応募先企業に対する「志望の熱量」が問われる部分。「その文量ではとても伝えきれない」というエナジーがある場合は、長くなっても問題ないでしょう。ただし、文章が冗長になるのは避けるようにしましょう。

ネガティブな内容は書かない

「志望動機」には「転職した理由」も少し含まれるわけですが、前職についてネガティブに言及するのは避けた方が良いです。あくまでも「現在の自分が応募先企業に志望した理由」を「ポジティブな言い回し」で記載するようにしましょう。

また、謙虚さはあった方がよいものの、「能力不足であることは自覚しておりますが…」などといった卑屈な表現は必要ありません。自分について語る時は長所のみに触れればよいのです。

企業の魅力と自分の話のバランスは2:8

全ての応募者が履歴書を提出しているということは、全ての応募者が同じように志望動機を書いているということ。そして、そのほとんどが「応募先企業の魅力」について言及していることでしょう。

採用担当者は何通もの履歴書に目を通すわけで、「ああ、この人は社風を褒めるタイプね」「この人は商品を気に入ってるタイプね」と頭の中で分類していきます。

他の応募者から頭一つ出るためには、その分類に埋もれないほうが望ましい。よって、応募先企業を褒めるのは全体の2割くらいに留めておき、残りの8割は自己アピールに使ったほうが良いでしょう。自分は世界に1人の存在ですから、間違いなく独自のエピソードや経験を持っているはずです。

 

求人を出している企業が最も気になるのは、やはり「すぐに辞めないだろうか」ということです。第二新卒は新卒よりもそれを心配されることが多いため、志望動機欄ではしっかり目に「自分は長期的に活躍する人材です!すぐには辞めませんよ!」とアピールする必要があります。


市根井

市根井

1994年生まれ群馬県在住、新卒でいきなりフリーライターになりました。 群馬メディア「gooma」、観光メディア「SPOT」などで記事を書いています。得意分野は地方・フリーランス・WEBなど。 http://gooma.jp

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)