ジョブトラ20s TOP  >   長所をアピールするには「根拠」が必要!職種ごとの長所アピール例文も紹介

長所をアピールするには「根拠」が必要!職種ごとの長所アピール例文も紹介

 2018年6月22日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

多くの履歴書には、自己PRをする欄が設けてあります。そこには自分の長所を書かなければいけないわけですが、普段から自分の長所について考えることはあまりないのではないでしょうか。「どう書いたら効果的なんだろう」と悩んでしまわないように、長所を書く際のポイントや例文を確認してみましょう。

長所を書く際に気をつけたい3つのポイント

まずは、長所を書く上でのルール・コツから解説します。基本的には、以下の3つのポイントに従って書き進めていきましょう。

(1)アピールしたい長所は1つに絞る

自己分析をしていると、「ポジティブ」「協調性がある」「粘り強い」…など、自分が複数の長所を持っていることが判明することと思います。できることならばすべての長所を伝えたいわけですが、履歴書のスペースは限られています。複数の長所それぞれについて説明していたら、ひとつひとつの説得力が薄まってしまいます。

ということで、アピールする長所は1つに絞りましょう。自分の長所の中でも、「これだけは譲れない!」というものを厳選し、狭く深く説明すると効果的です。

(2)根拠となるエピソード・実績(結果)を含めて伝える

採用担当者に「うん、これは確かに長所だな」と理解してもらうには、根拠が必要です。たとえば「リーダーシップがある」ことを伝えたいのであれば、あなたのリーダーシップが発揮されたといえるエピソード(プロジェクトリーダーとして同僚を引っ張ったなど)を記載しましょう。

また、エピソードはなるべく具体的に書き起こすことが重要です。成果が数字で出たようなエピソードがある場合は、その数値までしっかり記載します。具体的に書けば書くほど独自の自己アピールとなり、採用担当者の印象に残りやすくなります。

(3)仕事に関連した長所を選ぶ

当然といえば当然ですが、アピールする長所は応募先企業での業務に関連しているものを選びましょう。

ちなみに、「会話相手の話をしっかりと聞ける」などの一見して仕事に関係のない長所であっても、「商談で自分の意見を押し通さず、顧客の言葉に耳を傾けることができる」などと関連付けてアピールすることは可能です。(「握力が強い」などの「本当にカスりもしない長所」の場合は別ですが…)

例文つき!職種別・長所のアピールポイント(1)営業・販売・事務

それでは、ここからは職種それぞれのアピールポイントを解説していきます。長所それぞれの例文も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

営業:臨機応変に対応できる、協調性がある

スピーディーな決断やコミュニケーション力が問われる営業職では、「臨機応変さ」「協調性」が求められることが多くなります。

【臨機応変に対応できる】の例文
私の長所は、臨機応変に対応できることです。前職では広告の企画を担当しており、急なオーダー変更や方針の変更が求められることが少なくありませんでした。その際、自ら率先してスケジュールを組み直したり、チームへの指示や代替案を提案したりすることで問題なくプロジェクトを遂行してまいりました。

 

【協調性がある】の例文
私の長所は、協調性があることです。以前は社員の年齢層が幅広い企業で勤務しており、下は20代から上は60代までが共に働いていました。私は誰とでも仲良くなれるほうでしたので、社内の誰かに用件があるときは「とりあえず○○(自分の名前)を通す」ということが何度もありました。そのような経験から、社内のコミュニケーションをつなぐ役割になれていたと感じています。

販売:気が利く、感情をコントロールできる

消費者と直接関わる販売職では、「気が利くこと」と「感情をコントロールできること」が求められます。

【気が利く】の例文
私の長所は、気が利くことです。前職は事務職だったのですが、書類の作成や案内メール、電話対応などの業務それぞれを丁寧にこなすことを心がけていました。具体的には、書類を渡す相手の利き手によってホチキス留めの位置を変えたり、電話対応のお相手が年配の方であった場合は、意識的にハッキリ話したりなどしていました。販売職においても、お客様のことを思って働くことを心がけ、評判の向上につなげることは需要であると感じています。

 

【感情をコントロールできる】の例文
私の長所は、感情をコントロールできることです。前職では法人向け営業として勤務しており、顧客と自社の方針の違いをなるべく無くすことが求められていました。目上の方からお叱りを受けることも少なくありませんでしたが、そこで歯向かったり折れたりすることなく、双方が納得できる道を考えることを心がけていました。感情に負けない心を持って冷静に物事を判断することは、これからの仕事でも重要であると考えています。

事務:責任感が強い、几帳面

データ入力や書類作成の正確さ・確実性が求められる事務職の場合は、「責任感」や「几帳面さ」をアピールすると良いでしょう。

【責任感が強い】の例文
私の長所は、責任感が強いことです。私の前職は店舗営業の責任者だったのですが、ある月の目標が高く、達成できないかもしれないと不安に感じることがありました。しかし、与えられた仕事はたとえ困難であっても最後まで取り組まねばと思い、達成へのプロセスと問題点を挙げて対策を練りました。私の「もし失敗に終わっても自分が責任を取る」という覚悟が伝わったのか、営業のモチベーションアップにも繋がり、最終的にはチームの力で目標の1.5倍の数値を達成することができました。

 

【几帳面】の例文
私の長所は、几帳面なところです。以前は販売を担当していたのですが、請求書入力の正確さや書類のわかりやすさ、連絡のまめさを買われて経理担当へ異動することとなりました。また、そこでは入金業務や本社へ送る書類の作成を任されていました。事務職において「作成物の正確さ」は重視されると考えておりますので、私の几帳面さが活かせるのではないかと思います。

例文つき!職種別・長所のアピールポイント(2)システムエンジニア・クリエイティブ職・企画

システムエンジニア:粘り強い、計画性がある

求められているものを仕様書に従って作り上げるSEの場合は、「粘り強さ」や「計画性」をアピールしましょう。

【粘り強い】の例文
私の長所は、粘り強いところです。以前の職場で納期直前に急な仕様変更が指示されたことがあったのですが、なんとしてでも納品を間に合わせるべく自ら方法論を提案し、現場のオペレーティングに努めました。結果納期に間に合い、顧客からもご満足いただくことができました。もちろん苦しい経験ではあったのですが、最初は「絶対無理だ」と言われていたほどの状況の中で、私の粘り強さがこの結果をもたらしたのではないかと感じています。

 

【計画性がある】の例文
私の長所は、計画性があることです。私は働くうえで「考える時間」の確保を心がけており、行動する前に必ず綿密な計画を立てていました。そして、プロジェクトを進める上で必要になるであろうものをあらかじめ手配するようにしておりました。もちろん全てが計画通りになったわけではありませんが、トラブルは最小限に抑えられていたのではないかと思います。

クリエイティブ職:好奇心旺盛、先入観を持たない

デザイナーや制作のようなクリエイティブ職は、アイデアを作品に落とし込む必要があります。そこで「好奇心があること」や「先入観を持たないこと」を伝えて、良質なアウトプットを期待させるようにしたいところです。

【好奇心旺盛】の例文
私の長所は、好奇心旺盛なことです。前職は営業職だったのですが、お客様との商談においても「何かひとつ持ち帰ろう」という気持ちで取り組み、どんなことからもインプットしていました。さらに、気になったことがすぐに解決されないと気が済まない性格のため、納得のいくまでとことん情報を探すことができます。作り手として活躍するためにはアウトプットだけでなく学び続けることが重要だと考えておりますので、この長所が活きるのではないかと思います。

 

【先入観を持たない】の例文
私の長所は、先入観を持たないことです。はじめから極端な考え方をすることがなく、客観的に物事を判断することができます。先入観や固定観念があると、それだけで出来上がるものの選択肢が少なくなってしまいます。前職では営業企画として勤務していたのですが、この性格が幸いして他の誰もが思いつかなかった企画を提案し、入社して間もないうちから自分の企画を持つことができました。

企画:行動力がある、物覚えが早い

課題に対して解決策を考え、それを伝える仕事である企画職では、「行動力」「物覚えの早さ」などが求められることが多くなります。

【行動力がある】の例文
私の長所は、行動力があることです。前職では新人のうちから「自分にも何かできないか」と考え、担当が決まっていないプロジェクトには率先して手を挙げていました。貴社に就職させていただくことになりましたら、この行動力に思考力も加え、より質の高いアウトプットを目指していく所存です。

 

【物覚えが早い】の例文
私の長所は、物覚えが早いことです。もともと記憶力が特別良いというわけではないのですが、教えていただいたことは素直に受け止め、復習を欠かさず行うことで早くに習得することができます。前職で業務の研修を受けた際も、「絶対に1回で身に付けるぞ」と強くかみしめ、同期の中で最も早い時期に実務に関わらせていただくことができました。

長所は、具体的なエピソードや経験と共に伝えないと事実であることが伝わりづらくなってしまいます。説得力を持たせるために、また採用担当者の心に残るように、まずは「これまでの人生で印象的だった経験」を書き起こすことから始めてみてもよいかもしれませんね。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

近岡一磨【ジョブトラ20s編集部】

☆キャリアに関するブログ更新中☆//リアライブ創業メンバー/20代に特化した転職支援会社の事業責任者/社員数4名の折大学1年時に長期インターンシップとしてジョイン/大学2年の時に内定承諾/年間MVP最多取得/累計数千名支援/年間読書量1500冊超え/キャリア面談受付中!詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)