ジョブトラ20s TOP  >   自分の人生を豊かにするための「働き方」の選択肢とは?

自分の人生を豊かにするための「働き方」の選択肢とは?

 2018年6月7日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

「ライスワーク」「ライフワーク」なんて言葉を最近耳にすることが多くなってきました。働き方改革が国主導で行われている中で、自分の人生を楽しいものにするために、私たちはどのような働き方を選択すれば良いのでしょうか? 今、注目されている4つの働き方に注目して解説したいと思います。

いま注目を浴びる「ライフワーク」とはどんな仕事?

「ライフワーク」とは何か?

働き方が社会的に見直されている中、「ライフワーク」という言葉が注目を集めています。「ライフワーク」とは、「人生をかけてする仕事」のことを指します。言葉のままですが、自分自身が生きている間、一生続けていきたい、何としても達成したいという情熱や使命感が湧いてくるような仕事のことです。「天職」と似た意味で表されることもあります。

ライフワークのメリット・デメリット

誰しもがそんなライフワークに出会えたら、素敵な人生を送ることができそうですよね。まさにその通りで、自分が主体的に「やってみたい」「達成したい」と思っていることそのものが仕事になるため、ライフワークに就いている人は毎日充実した気持ちで過ごすことができるでしょう。

他方、ライフワークは誰しもが簡単に見つけてできる仕事ではありません。自分が人生において、どんな生き方をして何をやりたい・達成したいのかを自覚していないと取り組むことができない仕事です。一朝一夕で見つけることが難しいところがデメリットと言えます。

「ライフワークが見つかれば人生がうまくいく」の落とし穴

気をつけたいのが「自分はまだライフワークが見つかっていないから、こんなに大変なんだ」「ライフワークさえ見つかれば、毎日が楽しくなるはず!」と思ってしまうことです。ライフワークはあくまであなたの人生を充実させるための手段やツールのひとつであり、「何に向かってやっているのか?」「どうすれば成長していけるのか?」という思考や行動を止めてしまってはまったく意味がないのです。

「ライフワークさえ見つかれば、自分の人生はうまくいく」という考えを持っている人は、自分がライフワークをしていく中でどう成長していかなければならないのか? 成長の過程や努力も楽しめそうな仕事があるのか? 自分は目的のために成長・変化していきたいと願っているのか? など、今一度自分自身の人生と仕事について考えてみましょう。

あなたはどんな働き方が理想?ライフワークを含んだ4つの働き方

いまライフワークとともに注目される3つの働き方

ご紹介したライフワークとともに、3つの働き方が注目されています。1つ目はよくライフワークの対比として用いられる「ライスワーク」です。ライスは文字通りお米を意味しており、「ご飯を食べる」=「生活するためだけに働く」という働き方を指した言葉です。たしかに、生活のために仕事をしているのは当然の状態と言えます。しかし、仕事をすることが生活のためだけになってしまうと、仕事に対するやりがいや、人生において達成したいことと仕事を切り離して考えなければならなくなってしまいます。

2つ目が「ライクワーク」です。これはライフワークとの境目が少し難しいですが、要は、自分の好きな好きなことや得意なことを仕事にしているケースを指します。洋服が好きだからアパレル系の会社で働くという感じです。「好き」や「得意」であれば、モチベーションを保ったまま仕事に取り組むことができ、その分野でどんどん高い次元を目指していけます。ただ、興味関心のある分野で仕事をする以上、その分野に興味がなくなると、モチベーションがなくなってしまう危険性も孕んでいます。

3つ目が「ライトワーク」です。ライトとは「光」を意味しており、自分以金銭的な利益を一切求めず、奉仕して貢献する仕事で、これまで培ってきた自分自身の生き方を利他的に届け、奉仕します。これまでにご紹介したライス、ライク、ライフワークの3つの働き方をしっかり満たし、自立し成長を続けられ、他者や社会のために成果をあげられる人のみが、ライトワークを行えます。

4つの働き方に優劣はない

ご紹介した4つの働き方の中で、「どれが最も高尚な働き方か」といった優劣はありません。仕事や働き方をどのようにするかは、あくまでその人個人が人生を生きるにあたって何を大切にしたいか? によって変わるものだからです。

とにかくお金を稼ぐことが大切だという人は、やりがいなどはさて置き給料の高い会社での「ライスワーク」を選択するかもしれませんし、どうしても仕事を通して達成したいことがある人は「ライフワーク」を選ぶでしょう。自分がどう生きたいか? どうなりたいか? の中で、仕事をどのように活かすかを考えた先に、その人に合った働き方を選択することが大切です。

自分の人生を豊かにする働き方に変えていくためには


ここまでライス、ライク、ライフ、ライトの4つの働き方をご紹介してきました。しかし何も、4つのタイプの働き方があるからといって、自分の働き方を何か1つに当てはめなければならないというわけではありません。

たとえば、昼間は会社員として働いている人が、素敵なサイトを作るのが夢でWebデザイナーの勉強をしているうちに少しずつスキルが身につき、いつの間にかWebデザイナーが本業になっていた……、ということもあると思います。これは会社員(ライスワーク)からWebデザイナー(ライフワーク)に働き方が変わったとも言えます。

働き方を変えたいと思う人は「転職しよう!」など、急な変化を思いつきがちです。しかし、まず今の仕事をしながら自分が目指す働き方に変えていくために、「少しずつできることは何か?」と、目の前のできることから始めていくことも選択肢のひとつです。自分が目指す働き方に近づいていくために、まず自分はどんなことから始めたら良いか、考えてさっそく実践してみましょう。

働き方はなりたい自分や理想の人生を実現するための手段でしかない

働き方改革と共に注目されている、ライス、ライク、ライフ、ライトの4つの働き方をご紹介させていただきました。理想の人生やなりたい自分を実現するために、どんな働き方をしたらよいか、この機会にぜひ一度考えてみてください!


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

近岡一磨【ジョブトラ20s編集部】

☆キャリアに関するブログ更新中☆//リアライブ創業メンバー/20代に特化した転職支援会社の事業責任者/社員数4名の折大学1年時に長期インターンシップとしてジョイン/大学2年の時に内定承諾/年間MVP最多取得/累計数千名支援/年間読書量1500冊超え/キャリア面談受付中!詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)