キャリアアップマガジンTOP  >   第一印象で損しないために!転職面接で外さない服装マナーとは?

第一印象で損しないために!転職面接で外さない服装マナーとは?

 2018年6月8日  Posted by  編集部

doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

転職活動の面接で必要なのは「デキる印象」を与えること。その基準は業界によって異なりますが、最初に目に入るスーツ姿が第一印象に関わることは確かです。そこで、この記事では、面接のスーツマナーの基本から業界に合った着こなしまで解説します。

転職活動時の面接に着ていくスーツは業界ごとに使い分ける!

転職においては、受ける業界によって好かれる服装、マナーに違いあり、その使いわけができてこそデキるビジネスパーソンです。まずは最低限のマナーとなる共通ルールを確認してから、業界別の着こなしについてチェックしていきましょう。

共通ルール1.シワがなく清潔感がある

マナーやセンスある服装を選ぶ前に、まず気をつけたいのは「清潔感」。シワシワのジャケット、シミのついたシャツを見て好印象を持つ人はいないと思います。ですから、必ずアイロンがけやクリーニングでパリッと仕上げたスーツを選ぶようにしてください。

そして、靴の汚れが目立たないこと、かかとがあまり擦り減っていないこともチェックしましょう。人生を変える面接ですから、ここばかりは新調することも惜しまず、できる限り最高の状態で望みたいところです。

清潔感については服装に限らず髪型やヒゲ、眉毛など総合的に見て、見落としがないようにしましょう。

共通ルール2.サイズが合っている

よくありがちなのが、体型と服のサイズのミスマッチ。体型に合っていないスーツは「だらしない印象」を与えてしまうので、注意が必要です。

大きすぎて幅が余るのはもちろんNGですが、スポーツをしていると「肩だけがっちり」していたり、「足の太ももだけがパンパン」になるなど、既製品のスーツではシルエットが崩れることもあります。その場合、今は3万円程度からオーダースーツが手に入りますので、自分にぴったりのものを揃えておくことをおススメします。

堅め・普通・柔らかめの3つに分けて対策を考える

それでは、共通のルールを確認したところで業界ごとの対策を考えていきましょう。面接では、「職場の雰囲気に合った服装」であることが大切。実際に働いている姿を面接官にイメージしてもらえれば、それだけで好印象を与えることにつながります。

また、好まれる服装は業界ごとに異なりますので、ここでは「堅め・普通・柔らかめ」というカテゴリーに分けて、それぞれの傾向をおさえておきましょう。

  • 堅め
    公務員 ホテル 金融
  • 普通
    製薬 建築 電気 食品 商社 サービス 流通 メーカー
  • 柔らかめ
    アパレル マスコミ IT

業界に合うスーツの色柄の目安

  • 堅め
    色:濃いネイビー
    柄:無地やシャドーストライプ
  • 普通
    色:濃いグレーかネイビー
    柄:無地やシャドーストライプ
  • 柔らかめ
    色:明るすぎないグレーやネイビー
    柄:無地やシャドーストライプ

業界別・スーツの選び方:男性編

上記の分類をもとに、まずは男性の服装についてみていきましょう。

銀行・ホテル(堅め)

銀行やホテル、金融系といった信用とマナーを重んじる職業では、「お客様に威圧感を与える」ような印象を与えないことが大切。したがって、黒色のスーツは避けて、白シャツにネイビーかグレーのスーツ、柄は無地のオーソドックスな組み合わせで問題ありません。ネクタイはレジメンタルストライプ、革靴は黒の紐靴でストレートチップが無難です。バッグはブランド物以外の自立型で、上質なものを選びましょう。

メーカー・商社(普通)

ネイビーか濃いグレーのスーツが基本ですが、意思の強さを示すブラックも可。柄は派手すぎない程度のピンストライプもOKです。ネクタイはチェック柄でバッグは自立型ビジネスバッグであればナイロン素材もよいでしょう。シャツは白が無難ですが、サックスブルー、ライトブルーといったカジュアルさでセンスを見せることも可能。

特に商社は、会社によって比較的ラフなスタイルが許されるところもありますので、雰囲気に合わせて個性を出してみてもよいでしょう。ただし、カジュアルすぎて印象を下げるくらいなら無難にまとめたほうがよいことは忘れないでください。

IT・アパレル(柔らかめ)

このあたりの業界になると服装の自由度は高くなりますので、堅すぎる印象は反対に「融通のきかないイメージ」を与えかねません。カジュアルさは取り入れつつ、少々個性を出すくらいでもよいでしょう。

派手に仕上げる必要はありまんが、ストライプスーツにシャツはボタンダウン、ワイドカラーで構いません。ネクタイはレジメンタルが好印象です。なお、アパレルでは服装のセンスを見られていると思ったほうがよいので、全体の色のバランスを見て個性を出してみましょう。

業界別・スーツの選び方:女性編

次に女性の服装についてみていきましょう。

銀行・ホテル(堅め)

タイトスカートの黒や濃紺スーツが最も一般的。特に堅めの業界では白やビビットカラーといった冒険は避けましょう。スカートの丈は膝が8割ほど隠れるくらいにしておくと、椅子に座ったときに少し上がり丁度良い見栄えになります。インナーはブラウスの台襟付きカラーでボタンはすべて留めます。色は清潔感のあるもので暗くなりすぎないように、白や薄いピンク、水色などがおすすめです。

ただし、転職では黒のスーツに白シャツですと、リクルートのような初々しさが出てしまいますので、その他の組み合わせがよいでしょう。バッグはA4サイズのシンプルなビジネスバッグが基本で、黒色が無難です。

メーカー・商社(普通)

黒や濃紺、濃いグレータイトスカートや台形のスカートスーツ、あるいはパンツスーツもOKです。ブラウスはオープンカラーで、淡い色であれば少し個性を出してもよいでしょう。靴は黒のシンプルなパンプスで、ヒールが3~5cmの太目なものが安定感があって綺麗にみえます。

IT・アパレル(柔らかめ)

パンツスーツでバリバリ働くキャリアウーマンの雰囲気を出してもよいでしょう。色は濃紺、グレーが基本で、縦縞が入ったものもOKです。インナーはカットソーでもよいですが、フリルやレースが付いたカジュアルなものは避けましょう。

ちなみにパンツスーツはアクティブで機敏な印象をあたるため営業職の面接に向いており、スカートは女性らしさや清楚感を演出できますので、事務職や受付、秘書などに向いています。ただ、パンツかスカートかが合否に響くことはほぼありませんので、最終的には自分に似合っているものを選ぶと良いでしょう。

「一緒に働きたい人」を意識しよう

転職では新卒と求める基準が違いますので、あまりにも型どおりで地味すぎるのは考えものです。そして、社会人を経験していることから、多少なりとも「デキる印象」を与えたいところ。そのために少々個性を出すのは問題ありません。最終的に、「一緒に働きたい」と思ってもらうことが大切ですので、業界に合わせた服装をおさえたうえで面接に臨んでください。


doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

和田

和田

東京在住のフリーライター。公務員からライターに転身し、転職サービスサイト、女性向けメディアなどで記事を執筆。自己実現、女性の活躍、美容健康にも高い関心がある。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)