キャリアアップマガジンTOP  >   20代必見!効率的な情報収集に「Googleアラート」「Feedly」を活用しよう

20代必見!効率的な情報収集に「Googleアラート」「Feedly」を活用しよう

 2018年6月14日  Posted by  編集部


社会人にとって、情報収集はキャリアアップの要。自分がどのような社会に生きているのかを知らないと、確実に時代に置いていかれてしまいます。そこで今回は、GoogleアラートやFeedlyを使って効率的に情報を集める方法を伝授します。

効率的に情報収集する方法(1)Googleアラートで必要な情報を集める

Googleアラート:https://www.google.co.jp/alerts

Googleアラートの特徴

インターネット上に転がっている数多のエントリーから、キーワードに沿ったものを抽出し、メールで知らせてくれるツールです。大手ニュースサイトだけでなくマニアックな専門サイトからも情報を集めてくれるため、その分野に詳しくなりたい時に非常におすすめのツールとなっています。

登録方法

GoogleアラートのURLにアクセスし、Googleアカウントでログインするだけで利用を始めることができます。Googleのアカウントを持っていない方は、作成しておきましょう。

使い方

検索窓にキーワードを入力します。検索には論理式を使うこともできるので、たとえば「転職 and 20代」(20代の転職に関する記事だけ集まる)、「転職 or 就職」(転職や就職に関する記事が幅広く集まる)などの条件で検索することができます。

検索したら、「アラートを作成」ボタンを押すことでメールでのお知らせを受けることができるようになります。さらにアラートのオプションからメールの送信頻度、情報ソースの選択(ブログ・ニュース・動画etc)などを設定し、自分だけの情報源としてカスタマイズすることが可能です。

効率的に情報収集する方法(2)Feedlyでお気に入りのブログをまとめて読む

Feedly:https://feedly.com/i/welcome

Feedlyの特徴

いわゆるRSSリーダーと呼ばれるもので、ニュースやブログなどの更新情報をまとめて読めるシステムです。自分がRSS登録した全てのサイトの更新情報を、Feedlyでチェックすることができるわけです。RSS登録とは、YouTubeでいう「チャンネル登録」みたいなものですね。

登録方法

WEB版:Feedlyのページにアクセスし、Feedlyアカウントもしくは各サービス(Google、Facebook、Twitterなど)のアカウントでログインします。直接Feeldyのアカウントを作成する際は、名前・メールアドレス・パスワードを入力します。

アプリ版:App StoreGoogle Play からアプリをダウンロードすることで利用できます。またアカウント登録をしておくと、WEB版とアプリ版で同期することも可能です。

使い方

RSS登録したいキーワードもしくはURLを入力し、Followボタンを押すことで新着情報を受け取ることができるようになります。初めての場合はカテゴリーの名前を入力し、登録完了です。

転職ノウハウについて知りたい時は「Websites」欄に登録したいWEBサイトのURL(たとえば当サイト「https://rebe-career.co.jp/」)を入力し、カテゴリーは「転職ノウハウ」などとしておきます。その後、転職情報を取り扱うメディアやブログなどのURLも登録することで、毎日さまざまなサイトから転職ノウハウを集めることができるようになるというわけです。

情報収集のコツは、情報源を使い分けること

上記2つのツールは、いわゆる情報のキュレーションを行なっているものです。そして、キュレーションは「情報源が異なる」という点で情報収集の方法として非常に効率がよいと言われています。

検索エンジンは情報収集に向かない

いわゆる「ググる」などは検索エンジンにキーワードを入力して検索することですが、情報収集の方法としては不向きです。なぜなら、検索エンジンで上位に表示されるのは「正しい情報」というよりも「SEOに強い情報」であるため、そこから得られる情報は表面的なものである可能性が高いからです。

ですから、情報収集というよりも「ゴキブリが出た」とか「iPhoneの位置情報サービスが機能しない」といった状況を解決するための即時的な情報を調べる時には便利だといえるでしょう。

SNSでトレンドを把握する

若者女子2人が運営しているnote「ワカモノのトリセツ」のエントリ「コスメはSNSでトリプルチェック以上を経てからじゃないと購入できない!」にも書かれているように、最新のトレンド情報を調べるにはSNSが欠かせません。トレンドは企業などの組織発の情報よりも一般ユーザーやインフルエンサー発の情報が信頼される傾向にあります。

本・雑誌で深堀する

特定の分野を深掘りするためには、やはり長い文章を読む必要があります。書籍であれば、テーマに沿って疑問提示→結論まで書かれているので、ひとつのパッケージとして体系的な知識を得ることができます。さらに、より深く語れるようにするためには、異なる著者の書籍を最低でも3冊くらい読んでおきたいところです。

 

情報収集をするときは、目的を持つことが重要。現代人はあふれるほどの情報に囲まれているので、目的を持たずにダラダラとインプットしてしまうのは時間の無駄です。必要な情報を効率よく集め、活用するところまでが情報収集なのです。


市根井

市根井

1994年生まれ群馬県在住、新卒でいきなりフリーライターになりました。 群馬メディア「gooma」、観光メディア「SPOT」などで記事を書いています。得意分野は地方・フリーランス・WEBなど。 http://gooma.jp

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)