キャリアアップマガジンTOP  >   気になる施工管理というお仕事。やりがいや大変さ、必要な資格や実務経験は?

気になる施工管理というお仕事。やりがいや大変さ、必要な資格や実務経験は?

 2017年12月2日  Posted by  編集部

doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

最近、にわかに施工管理という仕事が社会的な注目をあびてきました。

特に2020年に開催予定の東京五輪・パラリンピックの会場建設などの特需があり、人手不足が慢性化してきている事などを背景に連日テレビや新聞で報道されているような状況です。

そんな建築現場に絶対必要不可欠な施工管理という仕事について、その仕事内容や仕事に就くために必要な資格やスキル、やりがいや大変さなどについて、書いていきます。

施工管理の仕事内容とは

施工管理の仕事内容は大きく分けると、工程管理・安全管理・品質管理・原価管理に大別できるでしょう。

工程管理とは、受注してから、契約で定められた工事の完成引渡し日までに、工事を完成させ、納品するためのスケジュールや進捗管理の事です。納期のみならず、人員管理や予算、品質管理などとも密接に関係しており、予見不能なアクシデントに見舞われる可能性などもかんがみて、多少余裕を持って設計しなければなりません。

安全管理とは、読んで字のごとく工事現場の安全を担保する仕事です。オフィスワークと比べると、工事現場は怪我をしたり、あるいは最悪、命を落としてしまうような危険な仕事が圧倒的に多いです。そのため、安全管理は施工管理の内、かなり重大な仕事になります。

品質管理は工事成果物の品質を担保するマネジメントです。これも他の管理内容と密接に関係してきますが、いかに納期内に早く安く成果物を納品できたとしても、強度やバランスなどのクオリティが設計通りに施工されなければ契約違反となる可能性が高く、スケジュールや予算を考えながら、一定程度の品質も保証しなければならないというトレードオフの大変なマネジメントです。

原価管理とは、予算の管理。つまりお金の管理となります。どんなに早く、良いモノを造ったとしても、それが当初策定された予算をオーバーしてしまうと、その工事は赤字になってしまい、当該工事の利益がなくなってしまいます。決められた粗利を確保するための原価管理は営利企業が継続していくためには、かなり重要な仕事です。

上記したように、施工管理とはさまざまな工事現場のマネジメントをする仕事であり、それぞれが密接に関係しあっています。このどれが欠けてもいけないために、常に目を光らせてバランスを取る仕事、それが施工管理なのです。

未経験でもなれる?施工管理に必要な能力・スキルは?

工事現場などで施工管理業務を行うためには主任技術者や監理技術者に選任される必要があります。主任技術者は比較的小規模な元請や下請工事現場で管理監督ができる資格と建設業法で定められています。主任技術者になるためには、2級施工管理技士などの資格や学歴、一定期間の実務経験などを有している必要があります。

一方の監理技術者は、主任技術者では建設業法的に管理責任者としての配置要件を満たせない、比較的大規模な工事を管理監督できる技術者の事です。監理技術者になるためには、1級施工管理技士などの資格が必要で、また主任技術者と同様に、学歴や一定期間の実務経験が求められます。

主任技術者も監理技術者も、専任配置義務があります。これは建設会社が受注する全ての工事現場に必ず主任技術者、あるいは監理技術者を配置しなければならないという規定です。各工事現場には、施工管理技士が1人以上必要という事です。そのため、建設会社は、工事を受注するためにも、主任技術者や監理技術者を雇用したいと考えています。

配置する技術者は、その建設会社が直接雇用(社会保険や雇用保険をその会社が負担している状態)している技士でなくてはならないからです。よって建設需要が大きい昨今では、給料が多く欲しかったら、技術者の資格を持っているとかなり有利と言う事ができるでしょう。しかも、1級施工管理技士等の資格を有していると、監理技術者になれるため、主任技術者では管理できない現場を監督できる資格があり、当然、より有利になります。

また、施工管理技士にも複数種類あり、工事の性格ごとに各種施工管理技士の資格を取得する必要があります。全部で6種類。土木・建築・管工事・建設機械・造園があります。興味のある工事種類においての、実務経験をまず積むことが求められるでしょう。

上述してきたように、施工管理の仕事を行うためには、資格や実務経験、学歴などが必要です。学歴はともかくとして、資格試験の受検資格を得るためにも実務経験が必要です。まずは興味のある工事現場において実務経験を積んでみる事から始めるのが良いでしょう。

施工管理の仕事のやりがい・厳しさ

よく報道もされているように施工管理は激務になりがちな傾向はあります。スケジュール管理や予算監理、品質管理や安全管理などはそれぞれがトレードオフの関係になっており、あちらを立てれば、こちらが立たず、というジレンマに陥りがちです。

また、現場叩き上げで経験豊富なひとり親方などの職人さんを相手に、立ち回らなければなりません。向こうは職人としてのプライドがある人も多いので、ここの人間関係・信頼関係を構築する事はかなり難しいでしょう。

ただ工事を管理するというのはそれだけ大変ゆえに、無事完了して、引き渡した時の達成感はひとしおと言われています。

そして気難しい職人さんとも、逆に人間関係を作れると、いざという時に無理を聞いてもらったり、別の現場でもお世話になったりできるなど、人脈を作れるメリット、楽しさもあります。人間関係を上手く機能させることができれば、以後の仕事はどんどんと余裕が出てくる可能性も考えられます。

何より、自分が管理した物件が出来上がるのを見るのは感慨もひとしおでしょう。未来永劫その建物が地図に残り、人々の役に立ち続ける、とてもやりがいのある仕事ではあります。

施工管理は、大変だけどやりがいのある仕事

東京五輪やパラリンピックの影響などもあり、これから需要が増えてくる仕事である事は間違いないと思われます。

大変な仕事ではありますが、ニーズの高い、人に必要とされる仕事をするのは幸福という考え方もあるでしょう。誰でもなれるわけではないからこそ価値がある仕事とも言えます。

まず興味のある工事現場で実務経験を積んでみるのはいかがでしょうか。


doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)