キャリアアップマガジンTOP  >   【例文つき】転職回数が多いときに使える職務経歴書の書き方

【例文つき】転職回数が多いときに使える職務経歴書の書き方

 2018年6月22日  Posted by  編集部

ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

ジョブトラ20s
★非公開の優良ベンチャー情報を厳選紹介
・第二新卒&未経験業界への転職もOK
・20代で市場価値が高まるキャリアを提案
・選考フォローが手厚く、内定獲得率・年収UP率ともに高い
大注目の優良ベンチャー情報を得るなら、ジョブトラ20s

公式 

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

転職回数が多い場合、職務経歴書はどのように書けばよいのでしょうか。企業にマイナスイメージを与えるのではないか、と心配な人も多いと思います。

しかし、それは書き方次第。ポイントさえおさえておけば、経験の多さをプラスの印象に持っていくことは可能です。そこで今回は、転職経験が多い場合の職務経歴書の書き方を例文付きで紹介します。

転職回数が多い場合の職務経歴書の書き方のポイント

「転職回数が多いと不利にならないだろうか…」という不安を持っている人もいるでしょう。たしかに、これまでの経歴をただ書き連ねただけではそうなります。しかし、以下の点をおさえておけば、あなたの魅力を伝えることは十分に可能なのです。

キャリアに一貫性があることを伝える

まず欠かせないポイントは、キャリアの一貫性を伝えることです。たとえば、営業職、アパレルの販売職、コンサルティングといった経験がある場合、「顧客と関係を築く」という点において共通項があります。その点を転職先にも活かせるとアピールすることで、「無計画な転職ではない」という印象を与えることができます。

どの職業にもこのような共通項はありますので、「前の職業ではどんな経験ができたか」と自分に問いかけ、掘り下げてみましょう。そこであぶり出されたされた要素は、間違いなくあなたの強みです。

転職によってステップアップしたことをアピール

次に、転職によってステップアップしていることも伝えましょう。役職が上がることに限らず、先ほどの共通項を軸として、より高度な仕事を任された経験も含みます。アピールポイントを発見するコツは、「スキルそのものの向上」と「経験の幅の広がり」という縦と横の視点からキャリアを振り返ることです。

たとえば「顧客への提案スキル」を一貫して磨いてきたとすれば、「自らの工夫によって提案スキルが向上したこと(縦)」、その結果「新人の営業研修も担当するようになったこと(横)」のようになります。

以上の視点から、転職を通して確実に成長していることをアピールしましょう。さらにその経験を活かして、今後どのようなチャレンジをしていきたいかも伝えられると完璧です。

自分の強みや専門性を打ち出す

その他にも、仕事の中で自然と身につけてきたスキル、強みとなる専門性があるはずです。たとえば、顧客への提案をするにしてもタスク管理、企画書作成、PCスキルなど、細かくわけてみるといくつも思い浮かぶはずです。

前職の業界知識や仕事の流れの中で身につけたスキル、またそれらの「情報を集める能力」が実は長けているのかもしれません。「自分が当たり前にやっていること」が他の人から見ると長所であることも多々ありますので、ぜひ他人からの意見も聞いてみましょう。

転職回数が多い場合の職務経歴書の書き方(1)業務内容ごとに書く

それでは、以上のポイントをふまえて、職務経歴書の書き方を見ていきましょう。就活本やネット上にあるサンプルをそのまま真似するよりも、それらを参考に、ぜひ自分の経歴が際立つ見せ方を考えてみてください。

年代順に書くと回数の多さだけが際立ってしまう

職務経歴書の一般的な書き方として、在籍していた会社と業務内容を年代順に並べる方法があります(編年式)。しかし、転職回数が目に付きやすいデメリットがあります。

そこで転職回数が多い場合には、業務内容別にまとめる「キャリア式」がおすすめ。転職回数が強調されないだけではなく、各職種の経験の深さもひと目で分かるため、強みとしてアピールしやすくなります。

軸になる能力やスキルを伝える

自己PRでは、先ほど例にあげた「顧客への提案スキル」のように、経験した仕事の中で特に磨いてきたと思える能力を中心に書きましょう。後の面接においても、その強みがアピールの軸となりますので、自分の経験をじっくりと振り返ってみてください。「これなら今すぐ任されてもできる自信がある」と思えるものを基準に考えてみると良いでしょう。

サンプル(例文)

以下に、キャリア式の経歴サンプルを記載しました。職種によって業務内容を端的にまとめるとともに、具体的な実績を盛りこむようにしましょう。

-営業-
2010年9月~2011年6月 〇〇生命保険 外交員
2011年8月~2012年7月 △△株式会社 営業1課で広告営業に従事

【担当業務】

一般家庭を対象とした生命保険の提案、中小企業向けのPR広告営業

【実績】
・〇〇生命保険では2011年、目標達成率115%、年間新規契約数 △件
・△△株式会社では広告好感度調査x位に選ばれ、商品売上も当初の予想をxxx%上回る実績を出すことに貢献。

-接客-
2008年4月~2010年8月 株式会社〇〇カンパニー 池袋店
2012年8月~2014年10月 △△株式会社の洋食店「△△」

【担当業務】

洋服の店頭販売、「△△」の副店長として接客・新人研修・発注管理を行う

【実績】
・株式会社〇〇カンパニーでは、2009年度上半期関東エリア売り上げx位(前期伸び率120%)。上記実績が評価され、2010年4月にサブ店長へ昇格
・△△株式会社ではアルバイト指導を主導し、率先して見本を見せることで接客レベルの向上に努めた。接客満足度、前年比7%アップに貢献。

【自己PR】
私は顧客の声を第一に優先することを考えてきました。特にクレームが寄せられたときこそ改善点が明確にわかるため、飛躍するチャンスと捉えております。そして普段も様々な手段で消費者のニーズを把握することに労力を惜しみません。また、これまでの営業や接客をとおして、資料作成スキル、プレゼンスキルなども磨かれましたが、一番の強みは、お客様のニーズを掘り起こし、施策に転換するスキルであると自負しております。これまでの経験を活かし、貴社においてもお客様との関係性構築・業績向上に寄与できると考えています。

 

転職回数が多い場合の職務経歴書の書き方(2)転職回数の多さを武器にする

一見するとネックに思える転職回数の多さも、デメリットになるとは限りません。伝え方によっては前向きなアピール材料に変わります。

やりたいこと・強みが明確になったことをアピール

たとえば、転職を重ねることで「やりたいこと・強みが明確になった」とアピールする方法です。この場合、経歴に一貫性がなくても「今までの経験は無駄ではなかった」という前向きなニュアンスで伝えることができます。さらに、長い年月かけて導き出した強みを転職先で活かしたいと強調することで、「この会社では腰を据えて働きたい」との意志表示にも繋がります。

どの職場でも馴染めることを伝える

どの企業でも1〜2年以上、在籍している場合、環境が変わっても馴染める「適応力」や「協調性」をアピールできます。なぜなら企業としては、あなたがいかに早く職場に溶け込み、即戦力として活躍できそうか見極めたいからです。

それを示すには、自分の強みを伝えると同時に、能力をすぐに発揮できることをアピールしましょう。このようにさまざまな職場を経験してきたという事実が、あなたの武器になるのです。

サンプル(例文)

以下に、転職回数を強みとした自己PRのサンプルを記載しました。転職が多いことは自覚しながらも、仕事で培った強み、今後の抱負を盛り込み、「常に仕事に対して真剣に向き合ってきたこと」を伝えましょう。

【自己PR】
これまで、スマホ販売・不動産営業・Webマーケティングなどの仕事を経験してきました。それぞれの仕事を通じて私が培ったのは、「短時間で相手にニーズを把握し、商品の魅力を伝えるスキル」です。扱う商品やサービスはさまざまでしたが、仕事の根幹となる能力は変わらないことに気づき、それからは各社で結果を残すことができました。

これらの経験は御社のネット広告事業にも即座に活かせるものと考えております。また、転職回数は多いかもしれませんが、経験の幅が広いため臨機応変な対応が可能です。新たな環境に溶け込むことにも抵抗はなく、周囲との人間関係を構築する速さは自信があります。以上の強みを活かして御社の事業にぜひ貢献させていただきたいと思っております。

 

すべての経験を「強み」として伝えよう

経験豊富で即戦力となる人材がほしいのは、どの企業も同じ。すると、転職は決してネガティブなものではなく、ここで述べたように転職回数の多さも武器になり得るのです。「すべての経験は強みになる」という視点で、あなたオリジナルの職務経歴書を作り、企業の興味を惹き付けてみましょう。


ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

和田

和田

東京在住のフリーライター。公務員からライターに転身し、転職サービスサイト、女性向けメディアなどで記事を執筆。自己実現、女性の活躍、美容健康にも高い関心がある。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)