キャリアアップマガジンTOP  >   第二新卒の転職に裏ワザはあるか? 体験談の分析で隠れた成功法則を探す!

第二新卒の転職に裏ワザはあるか? 体験談の分析で隠れた成功法則を探す!

 2017年12月3日  Posted by  編集部

ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

ジョブトラ20s
★非公開の優良ベンチャー情報を厳選紹介
・第二新卒&未経験業界への転職もOK
・20代で市場価値が高まるキャリアを提案
・選考フォローが手厚く、内定獲得率・年収UP率ともに高い
大注目の優良ベンチャー情報を得るなら、ジョブトラ20s

公式 

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

第二新卒で転職を考えるのはかなり勇気がいることです。まさに、筆者もそうでした。できれば成功を収めたいところだと思います。そこで今回は、第二新卒での転職体験談を集めて、裏ワザ的な法則を探してみることに。果たして何らかの秘訣はみつかるのでしょうか?

第二新卒の転職に失敗した人

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負け無し」とは、プロ野球の名選手にして名監督・野村克也さんも好んだ金言。つまり、負けや失敗のほうが法則性があり分析しやすいということでしょう。この言葉を信じて、まずは失敗例から見ていきます。

・転職の経緯

メーカー営業職→飲食業正社員

とあるメーカーに勤務していたAさん。内定したと喜んでいたのもつかの間、配属先はなんと縁もゆかりもない北海道の、とある営業所の営業チーム。営業職以外ならなんでもいい、と思っており、内定面談でも営業職以外という約束だったのに反故にされてしまったのです。

Aさんは営業職に興味がもてません。営業所の近くには、友達もおらず、遊ぶ場所もありません。就職して6ヶ月後、Aさんは飲食業界の新興企業が大量募集していた第二新卒募集に採用され、北海道を後にしました。

しかし、よく考えれば飲食業に興味もなかったうえ、お客様に頭を下げる点では営業職と同じ。すぐにやる気を失ってしまい、飲食業界から去るのも時間の問題のようです。

・転職活動期間と転職方法

1ヶ月未満。偶然見かけたサイト上で募集を見かけ、衝動的に応募。

・失敗要因

Aさんは、現状を回避することだけが、転職の目的になっていたのではないでしょうか。

なぜ転職したいのか、どのような職務に向いているのかが棚卸しされていないので、キャリアプランを描くことができていません。また、転職期間が短いため、転職市場にどのような案件があるのかということも把握できていなかったのではないでしょうか。

本来ならしっかりと自己分析をし直し、必要なら他人から客観的なアドバイスをもらい、キャリアプランと転職先の業務内容をしっかり照らし合わせて、やっと転職すべきところです。自分と向き合うことから逃げ、目先の案件に飛びついてしまったばかりに起きた失敗例と言えそうです。

異業種への転職に成功した人

Aさんは異業種へ移ったことが失敗原因なのでしょうか。しかし、しっかり自己分析と転職市場の分析をすることで、全く異業種への転職を成功させる人がいるのも事実です。

・転職の経緯

アパレル業界→IT業界(インフラエンジニア)

アパレル業界で2年目を迎えるBさん。接客の上手さとアルバイトに対する巧みなマネジメントが評価され、早くも店舗運営を任されるようになっていました。しかし、ふと、流行り廃りの激しい業界のなかでの自分の立場に不安をおぼえたのです。接客は好きだが、もっと明確なスキルを身につけて、それを生かすような職種に転職すべきではないか。

アパレルにしか興味がなかったBさんには「明確なスキル」を今から身につけられる職種が思い浮かびませんでした。

そこで、とりあえずアドバイスをと、ハローワークや転職エージェントめぐりを開始。あるエージェントから提案されたのが、IT業界のインフラエンジニアでした。Bさんはそこではじめて、インフラエンジニアがスキルを生かす職人的な職業であること、お客さんと顔をあわせて働けることを知ったといいます。

Bさんはネット上で格安で受講できるエンジニア養成講座を見つけ、エージェントからの紹介もあって無事にインフラエンジニアとなり、活躍しています。

・転職活動期間と転職方法

1年弱。ハローワークや転職エージェントを活用し、未知の業界・職種を開拓。

・成功要因

Bさんの成功の要因は、キャリアプランが明確だったことと、使える情報源を最大限活用する情報収集力にあったのではないでしょうか。

スキル・接客要素、という譲れないポイントを自分で分析したうえで、わからないことは転職エージェントなどの情報源を駆使して収集する、というフットワークの軽さが光ります。いままで自分と接点がなかった情報は、新たなルートから仕入れるしかありません。

人材不足に悩むIT業界では、国の後押しもあり、エンジニアの養成強化を図っています。このような転職市場の最新動向を知ることができたのも、Bさんの情報収集の成果です。

ハードル高め、外資系コンサルへの転職成功した人

では、思い切り高いハードルをクリアした第二新卒の転職成功者の実態はどのようなものでしょうか?

・転職の経緯

IT業界エンジニア→外資系コンサル

・転職活動期間

Cさんの学生時代の夢は、外資系コンサルティングファームでコンサルタントとして活躍すること。しかし、新卒時はあと一歩という段階で選考落ちしてしまい、ひとまずIT企業でエンジニアとして働くことに。

2年後、夢をきらめきれないCさんは、エンジニアとしての経験を生かしてIT領域のコンサルタントになるため行動を起こします。

外資系コンサルの求人はハードルが高く、手近に求人情報があるような案件ではありません。そこで、Cさんは活動のはじめから、エグゼクティブ案件や外資系企業に強い転職エージェントに登録することに。担当エージェントと二人三脚で職務履歴書のブラッシュアップや面接の練習を行い、見事内定を勝ち取りました。

・転職期間

特定領域に特化した転職エージェントを活用して3ヶ月。

・成功要因

Cさんの成功要因は、学生時代からキャリアプランの軸がぶれていないことです。一度は外資系コンサルへの道を絶たれましたが、IT領域に特化することで、業務経験を生かしつつ夢を叶えることができました。求人の特質も心得ており、最初から外資系コンサルに実績のあるエージェントと作戦を練ったことも勝因のひとつでしょう。

数ある転職エージェントのなかには、それぞれ得意な業界や職種を持つエージェントもいます。外資特化、マスコミ特化、IT特化、高額案件特化、そして第二新卒の転職を得意とするエージェントも存在します。自身の目的にあったエージェントを探してみるとよさそうです。

体験談から考える、転職を成功させるポイントとは

転職失敗を防ぐには「適切な自己分析」

まず、転職失敗例から考えられることは「適切な自己分析が失敗を防ぐ」ということです。Aさんは転職後のことをあまり考えず、衝動的に転職しました。すると転職先と自分の間にズレを感じ、「これも違う」という気持ちが生まれてしまいます。転職活動を行う際、「自分は何がやりたくないか」を考えることも重要ですが、それ以上に「何がやりたいか」「どうなりたいか」というビジョンを明確にすることも大切です。適切な自己分析の上、間違いのない転職を行うことで失敗を防ぐことができます。

内定を勝ち取るためには、十分な対策を

自己分析が完了し、希望が固まったら本格的にアクションを起こします。その際、いきなり書類を送ったり面接を受けたりするのではなく、十分な対策を行うことが重要です。具体的には転職についての情報を集めたり、信頼できるエージェントを見つけたりすると良いでしょう。まずは様々な転職エージェントに当たってアドバイスをもらい、書類選考や面接を通過するポイントなどを学んでおくと、転職活動において非常に役に立ちます。BさんやCさんの事例では、これらの対策を怠らなかったことが内定を勝ち取るカギとなっていました。

 

成功・失敗のケースを観察すると、どうやら第二新卒の転職の分かれ目は、「適切な自己分析」や「十分な対策」にあることが分かります。結果的に裏ワザというよりも極めて普通の結論となってしまいましたが、それがひとつの真理ということなのでしょう。転職を成功させるためには、真正面から地道に取り組むことが必要のようです。


ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)