キャリアアップマガジンTOP  >   今さら聞けないスーツマナー上着編|種類から着こなしまで徹底解説

今さら聞けないスーツマナー上着編|種類から着こなしまで徹底解説

 2018年6月22日  Posted by  編集部

doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

仕事、冠婚葬祭、転職活動など、社会人になるとスーツを着る機会が増えます。そのマナーや着こなし一つで人柄からビジネスパーソンとしてのレベルまで判断されることもあります。

1ランク上のビジネスパーソンに見られるには正しい服装マナーとともに、センスある着こなしもできるようにしたいところ。ということで、今回はスーツの上着の種類、選び方、着こなしについて解説します。

スーツの上着の種類(1)

スーツの上着だけでも、ボタンや形状など種類が細かく分かれています。他の種類の存在すら意識しない人も多いですが、仕事とプライベートでスーツも使い分けられるとセンスが光りますよね。ですから、ここでしっかり確認しておきましょう。

シングルとダブル

スーツの種類は大きく分けてシングルスーツ、ダブルスーツの2種類があります。その2つの違いは「ボタンの付き方」になります。

シングルスーツ

シングルスーツはフロントボタンが縦に一列のみのスーツで、ビジネススーツの定番になっています。とくに若い人たちは自然とこちらを着用している人が大多数ではないかと思います。

ダブルスーツ

一方でダブルスーツはフロントボタンが縦二列となり、上着の打ち合わせ部(前ボタンを留める部分)を大きく重ね合わせるデザインのスーツです。ボタンの数は4〜6つのさまざまなバリエーションがあり、シングルもよりフォーマルな印象になります。

ダブルスーツはバブル世代に使われるイメージもありましたが、最近ではさらにスマートなシルエットにデザインし直され、スタイリッシュなスーツとしておしゃれ上級者の間でも好まれています。

2つボタンと3つボタン

シングルスーツのボタン数でも分類することができ、2つボタンと3つボタンのタイプがあります。

2つボタン

フロントボタンが2つのタイプは現代スーツの主流となり、ビジネスから冠婚葬祭まで何にでも使用できます。特徴は、ネクタイが見えるスーツのVゾーンが広くなることから、シャープな印象の着こなしになります。

3つボタン

フロントボタンが3つのタイプは、10年以上前に流行した形です。2つボタンと比べて、スーツのVゾーンが狭くなりますので少しクラシックなイメージになります。若手ビジネスマンには少ない気もしますが、就職活動などではかっちりとした真面目な印象を与えるとも言われています。

ツーピースとスリーピース

他にもスーツにはツーピースとスリーピースという仕様の種類があり、その違いは「ベストを着用するかどうか」になります。

ツーピース

こちらが定番になりますが、ジャケット、スラックスで構成されます。店舗で見るものはほとんどがツーピースになっていると思います。

スリーピース

スリーピーススーツはジャケット、スラックスにベストを加えたスーツになります。「三つ揃え」と呼ばれたりもしますね。こちらは年代などの壁はなく、好みによって使い分けれるオシャレアイテムの位置づけになります。すべて着用すればフォーマルに、ジャケットを脱いでベストのみならカジュアルな印象になりますので、1着持っておくだけでファッションの幅が広がります。

スーツの上着の種類(2)

その他のスーツの細かい違いも見ていきましょう。以下の点はあまりこだわらない人もいますが、それだけに意識して使い分けられると、オシャレ度がグッと上がります。

ラペル(襟)の違い

スーツの目立つポイントとして忘れてはならいのが襟(えり)の部分です。あまり気にしない人も多いですが、流行によって幅の太さが変わりますので、ここでは5つの襟の種類を紹介します。

ノッチド・ラペル

ひし形の襟で、シングルスーツでは定番の仕様になります。

ノッチド・スリム

ノッチド・ラベルよりも襟の幅が狭くなり、よりシャープな印象になります。

ピークド・ラペル

ピークは先の尖ったという意味ですので、ピークド・ラペルは下襟の先端が上を向いているデザインになります。先ほど紹介したダブルスーツに多い仕様で、しっかりした正装の雰囲気を出したいときに向いています。

ピークド・スリム

ピークド・ラペルの襟幅を狭くした形になっており、もともとのドレッシーな印象に加えてよりシャープな印象も演出できます。

ショールカラー

ショールカラーとは別名へちま襟とも呼ばれます。その特徴は、上襟とラペルが繋がっていおり、下襟が丸くカーブしいるという、独特な形になります。主にタキシード向けの襟で、ピークド・ラペルに比べるとやや柔らかい雰囲気になりますので、パーティなどに向いています。

センターベントとサイドベンツ

続いて、スーツの後ろ姿の印象を決めるベントの違いもあります。ベントとは上着のお尻あたりにくる部分に入っている「縦の切れ目」のことです。もともと着心地や動きやすさアップの役割があり、乗馬の際に窮屈にならないために考案されたそうで、種類はセンターベントとサイドベンツの2種類があります。

センターベント

センターベントとは、縦の切れ目が中心に入っているものです。年齢を選ばない定番タイプですので、スーツ店で販売されているのもこのタイプが多いです。

サイドベンツ

サイドベンツとは、縦の切れ目が両サイドに入っているものになります。ベント(vent)が2つあるるため複数形のベンツ(vents)になるわけですね。ベントの切れ目が広がっていないほうが良い着こなしとされていますので、お尻が大きめの方はサイドベンツを選ぶと広がりにくくなります。また、少々クラシックな印象を与えますので、年齢的に30〜50代に好まれる傾向があります。

ちなみに、ノーベントという仕様も存在します。これは基本的に冠婚葬祭などに着る礼服が該当することだけ覚えておきましょう。

春夏用と秋冬用

また、おしゃれとは少し違いますが、季節によって快適に過ごせるようにスーツを使い分けることもできます。一般的には春夏は「背抜き(せぬき)」、秋冬は「総裏(そううら)」仕様が好まれています。

春夏(背抜き、アンコンなど)

「背抜き仕立て」とは、スーツの裏地が肩部分までしかないもの。背抜き仕様にすることで、通気性が高まり、より涼しい着心地になります。他にもアンコン仕立てというのは裏地が全くないタイプで、風通しの良さだけでなく、非常にスーツが軽くなります。また、生地そのものもコットン(綿)やリネン(麻)といった吸水性、通気性に優れたものを選ぶとよいでしょう。

秋冬(総裏など)

一方で、寒い季節には裏地が全体にある総裏タイプがおすすめです。生地は分厚く重いものになるほど保温性が高く、ウール(羊毛)やカシミヤなどが定番としてよく知られています。

スーツの上着の選び方・着こなし方

では最後にスーツの上着の選び方、着こなし方のポイントを確認しておきましょう。

着丈にこだわる

上着のデザインはいろいろありますが、選び方で共通して気をつけたいのは「スーツの着丈」です。着丈とは、上着の襟の付け根から裾の一番下までの長さのこと。この長さが適切でないと、スーツ全体のバランスが崩れて見えますので相手にだらしない印象を与えます。

そこで、一般的に適切な着丈の目安は、まっすぐ立っているときに後ろから見て、お尻が少しだけ見える程度です。最近では着丈の短いカジュアルなものも多いですが間違ってもお尻が半分以上、見えない長さにしましょう。ビジネスの商談や転職活動の場では特に、背丈と全体のバランスに注意を払いたいところです。

ボタンの留め方

ボタンの留め方は、2つボタンであれば一番下を留めず、3つボタンでは上と下を留めないことがマナーです。ボタンをきっちり留めてしまうことでスーツにシワが出来たり、型崩れすることを防ぐためです。

いわばそれらは飾りのボタンであり、特に下のボタンは「アンダーボタンマナー」と言われるほどに共通したルールですので、うっかり留めてしまわないように気をつけましょう。ちなみに、ベストに関してはすべてのボタンを留めることが基本です。

ポケットのフタの扱い

また、知らないと意外に迷ってしまうのが上着ポケットのフタの部分。これは「フラップ」と呼ばれるもので、もともと雨やホコリがポケットに入ることを防ぐために作られています。ですので、室内などで汚れる心配がない場合はフラップをポケットの中にしまうのがマナーです。

というのも、もともと貴族たちのパーティ服としてスーツが着用されていた時代はフラップがなかったため、今でもフラップ無しが正装になっているということのようです。

ただし、今はそこまで厳格なマナーということでもありませんので、フラップを出すかしまうかは左右で統一されていればOKです。何となくしまっておくほうがおしゃれな気がするのは筆者だけでしょうか。

上着だけでもマナーとセンスが丸わかり

上着はスーツの中でも一番目に付く部分ですから、スーツ全体の印象を決めるといっても過言ではありません。そして、ここで挙げたほかにも細かな違いの種類は多くありますので、着こなしのマナーは守りつつもセンスを見せていきましょう。ただ転職活動では幅広い年代に受けるベーシックなタイプでも問題ありません。その着こなしは面接でも案外、見られていますよ。


doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

和田

和田

東京在住のフリーライター。公務員からライターに転身し、転職サービスサイト、女性向けメディアなどで記事を執筆。自己実現、女性の活躍、美容健康にも高い関心がある。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)