キャリアアップマガジンTOP  >   販売員からの転職!職務経歴書に書くべきアピールポイントとは?職務経歴書サンプルもご紹介

販売員からの転職!職務経歴書に書くべきアピールポイントとは?職務経歴書サンプルもご紹介

 2018年6月25日  Posted by  編集部

ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

ジョブトラ20s
★非公開の優良ベンチャー情報を厳選紹介
・第二新卒&未経験業界への転職もOK
・20代で市場価値が高まるキャリアを提案
・選考フォローが手厚く、内定獲得率・年収UP率ともに高い
大注目の優良ベンチャー情報を得るなら、ジョブトラ20s

公式 

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

販売員や販売スタッフが転職する際、応募先企業に提出する職務経歴書はどのように書けばよいのでしょうか。職務経歴書の書き方のポイント、転職先の職種ごとにアピールすべき点、職務経歴書のサンプルをご紹介いたします。

販売員の職務経歴書の書き方のポイント

どんなお店でどんな商品を扱っていたのかをイメージできるようにする

販売員にも、アパレル、自動車、化粧品などさまざまな分野がありますよね。職務経歴書に前職について書く時は、商品、単価、顧客層、従業員数などをなるべく具体的に記載し、あなたがどのように働いていたのかを採用担当者にイメージさせてあげることが有効です。

特に「お店の規模」に関しては、能力を判断するうえで重要な情報となります。自分と同じ売り場のスタッフが何人いたのか、また従業員をマネジメントした経験があればそちらも記載しておきましょう。

予算に対する売上の達成率など成果や実績を数字で明記する

販売実績などの成果は、数字で明記すると説得力が出ます。これは特に営業職への転職の際に有効な方法で、リーダー的な役職についた経験があれば、担当店舗の売上達成率を記載しても良いでしょう。

店全体の実績を書いておくことで、目の前の消費者だけでなく周辺地域の動向やシーズン性なども意識していたことをアピールすることができます。

ヒト・モノ・カネの管理経験を伝える

事務系の職種に転職する場合に有効なのが、管理の経験です。店長・リーダー・チーフなどの役職でヒト・モノ・カネを管理した経験があれば、必ず記載するようにしましょう。

事務職はデータ管理が主な業務となることが多いため、スタッフや売上の管理に関わったという経験は「管理を任せられる人材」であることの証拠となり、プラスの評価材料となるでしょう。

販売員から転職したい!やりたい仕事別・職務経歴書でアピールすべきポイント

販売員から事務職:事務能力、ホスピタリティ

販売員が事務職へ転職する際にアピールすべきなのは、事務能力とホスピタリティです。前述のとおり事務的スキルがあることは当然、職務経歴書に含みたいところですが、事務職ではホスピタリティ(もてなし)のスキルが問われることも多いです。

「一定の場所で長時間勤務する」という点では、販売員と事務職とで共通しています。これまで消費者と接してきたように、電話やメールで適切な対応ができることをアピールしましょう。また職場の雰囲気づくりに貢献したような経験があれば、そちらを記載しても良いでしょう。

販売員から営業職:売上を達成する、マネジメント能力

販売員と営業職は業務内容に共通点が多く、販売員として得た経験がそのままアピールポイントとなることが多いです。営業職においても「商品を売る能力」は重視されるため、目標やノルマをどれくらい達成してきたかという定量的な記載に加え、売上を達成するためのコミュニケーション能力があることもアピールできます。

また、営業職では顧客や商品に関する書類を扱うこともあります。業務のフロー全体を見据え、事務的なマネジメントもできていたことを伝えると効果的です。

販売員からマーケティング:企画力、提案力

マーケティング職は、ひとりひとりの消費者と関わる販売員と比べて「消費者全体のニーズ」を掴む必要があり、マクロ的な視点が求められます。そこで、「こうすればもっと売上が上がるのではないか」と企画・提案した経験があればアピールしておくべきでしょう。

商品企画、売り場の工夫、イベントなどにおいて、販売員はもっとも消費者と近いため、独自の視点で売上に貢献することができます。現場だからこそ得ることができた経験から、マーケティングという仕事に活かせるものを探してみましょう。

販売員の職務経歴書サンプル

書くべき内容を確認

職務経歴書を書き始める前に、必須の内容を確認しておきましょう。職務経歴書に書いておくべきなのは、以下の項目です。

  • 職務の要約
  • 具体的な職務経歴
  • 特にアピールしたい知識・スキル
  • 資格
  • 自己PR

職務の要約では、前職(現職)の職場情報、勤続期間、携わった業務内容について簡単に書き、具体的な職務経歴では年表形式で詳細を記載します。その後、転職先の職種に合わせて特にアピールしたい知識・スキルと、関連のある資格を書きましょう。

最後に、これまでの項目を文章化するイメージで自己PRを書き、職務経歴書が完成します。

職務経歴書サンプル(販売員から事務職への転職)

職務要約

デパート「○○」内の化粧品ブランド「○○」にて美容部員として勤務し、接客販売、商品のご提案、売場レイアウトの管理に携わりました。

職務経歴

20XX年〜20XX年:

株式会社○○  入社
(従業員数:○○名、資本金:○○円、売上:○○円)

○○デパート ○○店に美容部員として配属
(売場人数:○○名)
【取扱商品】
・スキンケア用品を中心に化粧品全般
【業務内容】
・店頭での接客販売
・商品発注、在庫確認
・売場レイアウト作成、管理
・売上の集計、分析
・入荷やセール情報のDM作成、電話でのお知らせ
・各種業務連絡、報告書の作成
【売上実績】
20XX年 X月:○○円 目標達成率130%

知識・スキル

・売上向上のためのレイアウトデザイン
・入荷数、在庫数管理など経営に関わる数字的な事務スキル
・文書作成に関わる基本的なPCスキル

資格

秘書検定2級(20XX年)

Microsoft Office Specialist:Word、Excel(20XX年)

自己PR

化粧品ブランド「○○」の美容部員として3年間勤務し、販売スキルを身につけました。お客様に素直な気持ちで向き合い、潜在している「本当に欲しいもの」をご提案してまいりました。また売上管理の業務も任せていただき、目標達成のために売場レイアウトや情報発信に関する企画に携わった経験もあります。それに伴い、入荷数・在庫数管理に関する事務的スキル、PCスキルも習得しております。

 

販売員として培ってきた経験やスキルは、意外にも営業・事務・マーケティングなど多くの職種で役立つものばかりです。それぞれのアピールポイントを確認し、より転職に有利になるような職務経歴書を作成しましょう。


ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

市根井

市根井

1994年生まれ群馬県在住、新卒でいきなりフリーライターになりました。 群馬メディア「gooma」、観光メディア「SPOT」などで記事を書いています。得意分野は地方・フリーランス・WEBなど。 http://gooma.jp

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)