ジョブトラ20s TOP  >   「手に職をつける」ってどういうこと?その意味、メリットとデメリット

「手に職をつける」ってどういうこと?その意味、メリットとデメリット

 2021年11月26日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

働き方の選択肢が多様化している現代に、あらためて見直されているのが「手に職をつける」。よく聞く言葉ですが、具体的にはどういった状態を指しているのでしょうか? また、手に職をつけるメリットやデメリットについても解説します。

手に職をつけるとは?

「手に職をつける」の意味

2017年、メガバンク3行がそろって大規模なリストラ計画を発表しました。かつて「安定した職業」の代表ともいえた銀行員ですが、もはやそれのイメージが覆される時代になってしまったのです。

IT技術などで社会のシステムが変化を続ける中、金融業界に限らず、どんな企業に勤めていても「一生安心」とは言えない現代。そこで見直されている働き方が、「手に職をつけて働く」というものです。

本記事では、「専門的なスキルを身につけて所属団体の動向に振り回されずにお金を稼ぐことができる状態」、これを「手に職をつけた状態」と呼ぶことにしましょう。

資格を取って手に職をつける

手に職をつける方法はいくつかありますが、最もわかりやすいものが「資格取得」です。

医師、弁護士、税理士、美容師、調理師、保育士など、現代日本では「資格を持っていないと働くことができない職業」が多く存在します。そのため、資格を取れば無資格の人と比べて一歩リードすることができます。

またSE、デザイナー、ビューティーアドバイザーなど、「資格を持たずとも働けるものの、資格を持っていると有利になる職業」もあります。これらの職業では、ポピュラーな資格を取得しておくことで直接収入に影響する可能性が高いのも特徴です。

長年の経験を積んで手に職をつける

また、経験を積んでプロのクオリティを生み出すことができるようになれば、資格の有無にかかわらず「手に職をつけた状態」といえるでしょう。いわゆる「職人」と呼ばれる職業がこれに該当することが多いですね。

職人的な世界では、作るモノの質が厳しく問われるうえに、「職人歴」が説得力や価値に影響してきます。キャリアの長さは、「どれくらいの期間、その仕事を追求してきたか」を判断する分かりやすい尺度なのです。

手に職をつけるメリットは?

職を失うリスクが少ない

会社員の場合、リストラや倒産などによって失業してしまうと、次の仕事を探すことになります。その時に「何かのスキル」を持っていないと、就職先を見つけるのが難しくなってしまいます。特に結婚や出産などに合わせて退職した女性の場合、また改めて働こうと思った時に「未経験者」として扱われることも少なくありません。

しかし、技術は一生モノです。手に職をつけている人材は、そのスキルを求めている職場がある限りは仕事を失うことがありません。またそもそも、需要の大きいスキルを持っている人材は貴重なため、失業するリスクが低いというメリットもあります。

アピールポイントになる

通常、転職活動の際には「どうやって自分をアピールしよう?」と頭を悩ますわけですが、手に職をつけていれば明確なアピールポイントになるため、そのエネルギーを節約することができます。また、スキルから人材の価値を明確に判断できるため、手に職をつけている人は企業にとっても嬉しい存在なのです。

独立しやすい

また、手に職をつけることの最大のメリットとも言えるのが「独立」です。手に職をつけていれば会社員としての給与もアップする可能性が高いわけですが、もし「フリーランスになりたい」と考えた時に、そのスキルをもって独立開業することが可能です。

職種によっては年収が会社員時代の数倍になることもあり、ここぞ!というタイミングで独立できるようにスキルを磨いておくと、大きなメリットを享受できることでしょう。

手に職をつけるデメリットもある!

手に職をつけることのメリットが多いことは分かりましたが、デメリットといえるものも少なからず存在します。

資格取得に時間やお金がかかる

まずは単純に、資格取得などをもってスキルを身につけるためにかかる時間的コストのことを考えなくてはいけません。資格の種類にもよりますが、一般的には「稼げる資格」ほど大きな時間やお金がかかります。現代では少なくなっていますが、「職人」的な業界では、本格的に働き始めるまでに数年〜十数年の期間が必要な場合もあります。

普通に会社員をするのであれば「会社のお金で受ける研修・勉強」を受けていればよいのですが、独立を目指してスキルを向上させたいと考える場合は個人的にお金を払って書籍を購入したり勉強会に参加したりして、より深い知識を得る必要も出てきます。

技術の需要がなくなる可能性がある

そうして大きなコストを支払って手に入れたスキルが、必ずしも大きな需要を引き寄せるとは限らない……というのも、辛いポイントです。現代はトレンドの変遷が激しく、これまで大きな需要を持っていたものが突然見放されるようになったり、今まで見向きもされなかったものが突然貴重なものとして持て囃されたりします。

手に職をつけて働いていくためにはスキルのブラッシュアップはもとより、社会の流れも汲んでいく必要があるのです。

報酬が低い仕事も多い(手に職がある=給与が高いではない)

そして、「手に職をつけたからといって必ずしも高給であるとは言えない」ということも忘れてはいけません。職業によってピンきりですが、たとえば介護業界は他の産業よりも月収が10万円ほど低いと言われているように、スキルを持ってしても報酬が低い仕事も多く存在するのです。

ですから高収入を目指して手に職をつけたいと考えているならば、どの産業や技術に需要があるのかを見極める先見の明が必要となるのです。

これから「手に職をつける」のに狙い目の仕事3つ

それでは、「手に職をつける」仕事の中でも狙い目と言われるものを3つご紹介します。

システムエンジニア

ITの進化はとどまるところを知らず、世の中はより便利に、より効率的になっていきます。さらに、モノのIT化(IoT:Internet of Things)によって、あらゆるものにITが組み込まれ、人口知能(AI)の普及によって人の手で行う作業は減っていきます。このように、ITは私たちの仕事の役割まで変えてしまう可能性が高いです。

システムエンジニアはIT時代をこれからも支えていく職業として需要が大きく、今後もいっそう人手が足りなくなると予想されています。

建設関係

建築業界は、高度経済成長期に作られた建築物の老朽化によって修理・解体の仕事が増えています。さらに東京オリンピックによる建設ラッシュ(特需)が重なったことで、人材が不足しています。

本来であれば、建築に関わる知識と経験は必須ですが、まさしく猫の手も借りたい状況なのでしょう。未経験者でも採用するケースが近頃増えているようです。さらに、建築業界の給与は全業界の平均より高めなので、建築に興味のある人には今後もチャンスの多い時期が続くでしょう。

福祉・介護

高齢化が進行し続ける日本において、長きにわたり人手不足が続いている業界です。職場環境の悪さが指摘されているものの、介護に携わる人材を増やしていくことは国としても重要な課題であることから、介護職の働く環境は改善されていくことが予想されます。

見通しはまだ明るいとはいえませんが、介護福祉士などの専門資格を取得することは、現在の仕事を失ったときのリスクに備える一つの方法といえるでしょう。

手に職をつけられるという理由だけで、仕事を選ぶのはNG!?

手に職をつけられば、失業のリスクはぐんと減ります。とはいえ、いわゆる「食いっぱぐれない」というだけで就職を決めるのは少々危険です。決して盲目的にならず、企業を見極める目は持つようにしてほしいと思います。

あくまでも、好きなことや、やってみたいこと、得意なことの中から選ぶ

職業選択の基準として、手に職をつけられることが必ずしも重要だとは限りません。職に就くことはできても、やりがいが感じられなかったり、人間関係や適性に問題があったりすることから、仕事を続けられなくなることも多々あるためです。

つまり、仕事や会社を選ぶときは食いっぱぐれないこと”以外”の理由を持つことが大切になります。まずは、好きなことや意欲が湧くことの中から仕事を選べないかを検討してみましょう。

研修制度やサポート体制が整っている企業を選ぶ

就職・転職が売り手市場なこともあり、未経験者採用を行っている企業も少なくありません。しかし、本来はスキルがなければ務まらない仕事ですから、入社後にスキルを磨くことが前提です。しかも未経験者は、人一倍の努力が求められます。したがって、企業の研修制度やサポート体制が充実しているかどうかは、入社する前によく確認をしておきましょう。

労働条件や働く環境もきちんと確認する

手に職をつけるには、下積み時期が長かったり、労働条件が厳しかったりすることは充分に考えられます。スキルで勝負する以上、実力主義の側面も強いですから、自分が活躍していこうと心から思える場所を選ぶことが大切です。給与などの目に見える条件面だけではなく、社風や職場の雰囲気などにも目を配るようにしましょう。

 

手に職をつけることは、失業のリスクヘッジになります。しかし、そのスキルで稼いでいくためには相応のコストがかかったり、需要がなくなる覚悟を持ったりしなくてはなりません。これも一つの選択肢だとし、どのように働くことが自分に最も適しているのかを考える必要がありそうですね。

資格とスキルという論点で整理をする

手に職をつける、という論点で鑑みた時に最も大切な事は資格とスキルで場合分けする事が大切です。
資格とは、文字通り、業務を行う上で、一般的には業務従事出来ない仕事だが、資格を用いる事で従事する事が出来る内容を指します。
いわば、資格とは、業務を行う上で必要要件となるものです。

一方、スキルとは、業務を行う上で、資格問わず、能力面の適性を満たす事、いわば十分条件にあたるものです、

<

h3>必要条件と十分条件という考え方で、手に職をつけていく
業務を行う上で、どのような内容が必要条件となり、どのような内容が十分条件に至るのか。
自身が目指す業務におけるスキルを分けていく事で、寄り一層具体的な要件となります。

ここで重要な論点なのが、必要条件を積み重ねる事がスキルアップではない、という考えです。
手に職をつける、とは言わば、自身の市場価値を高めていく事だと言えます。
その為、器用貧乏になるのではなく、プロフェッショナルになる事を目的とした方が、年収が上がりやすい傾向にあります。

極める、という意識の重要性

仕事は、プロフェッショナルに業務集中する傾向にあります。
捉え方によれば、器用貧乏になってしまうと、その人でなくても出来てしまう仕事になってしまう為、自身である事を重要付けていく事が大切な考えと言えます。

このように、考えた時に、プロフェッショナルになる、いわば「極める」という意識はとても重要な要素となります。

手に職をつける、言葉で見れば偏位ですが、考察をしていくとかなり深い内容だと言えます。
より強いキャリアへ繋がるように、ご健闘を祈っております。

ジョブトラ20sの「思想」と「考え」

私達は、入社3年後のミスマッチをなくす。という理念を掲げ、
1人1人の人生に沿って、本当の意味でミスマッチを無くす為の努力をしてきております。

転職業界は社会問題と隣り合わせとなっている。

特に昨今の転職活動は、ネットにおける活動が主流化した事により、正しい情報の取得が難しくなり、判断軸に振れ幅が生じている事が社会問題となっております。ジョブトラ20sのプロ意識は、1人1人の人生と向き合い、より良いキャリアの提案になります。

妥協をしないキャリア、人生の在り方、ミスマッチの無い世界を作る事。
人生を賭けて転職活動をされる皆様と、同じ熱量を持って取り組む事を、私達のプロ意識としております。

ジョブトラ20sでは、年間数千名のキャリア支援を行ってきており、1人1人の人生に向き合いキャリアの支援をしてきております。
転職支援、という一つの側面だけではなく、個々人の人生に合わせたキャリア支援をしてきております。

https://job-tryout20.com/
※ジョブトラ20s転職支援サイトとなります。
 上記URLよりご登録を頂けますと幸いです。

今すぐキャリアを変えるような意思決定でなくても構いません。
これからの社会はより、厳しく、生き残る為できうる限りのことを御力添え致します。

良質な事実と情報、そして倫理と道徳を持った専門家の存在が必要だと思っております。
少しでも気になる事、話してみたい事がありましたら、お気軽にご登録下さいませ。

https://job-tryout20.com/
※ジョブトラ20s転職支援サイトとなります。
 上記URLよりご登録を頂けますと幸いです。

最後までご覧頂き心より感謝申し上げます。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

近岡一磨【ジョブトラ20s編集部】

☆キャリアに関するブログ更新中☆//リアライブ創業メンバー/20代に特化した転職支援会社の事業責任者/社員数4名の折大学1年時に長期インターンシップとしてジョイン/大学2年の時に内定承諾/年間MVP最多取得/累計数千名支援/年間読書量1500冊超え/キャリア面談受付中!詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)