ジョブトラ20s TOP  >   一人が好きな人のあるある行動パターンと理由―正しく理解されない一人好きの説明書

一人が好きな人のあるある行動パターンと理由―正しく理解されない一人好きの説明書

 2018年7月18日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

一人が好きな人は、集団生活においては「一人好き」という特徴を正しく理解してもらえないことが多いのではないでしょうか。一人が好きな人のあるある行動パターンや、一人が好きな人が苦手なことなどを考えます。一人が好きなことの特徴を改めてチェックすることで、「一人好き」らしい相手との距離のとり方をご紹介していきます!

一人が好き=“コミュ障”ではない!一人好きのあるある行動

(1)  “なにげないつながり”が苦手なだけ

一人が好きな人は、職場や学校などのコミュニティでは集団行動になじんでいます。一方、特に理由のない人間関係を続けることは大の苦手。たとえば、目標の見えない会話をLINEですることや、一人の時間に電話をすることは極力避けています。

休憩時間のちょっとした会話や、休日に遊ぶ計画に対して、思わず冷たい視線を向けてしまう瞬間があるかもしれません。一人でいる時間のほうが好きという気持ちは変えられないため、合わせることにも努力が必要なのです。

(2)リーダーや調整役を担当していることが多い

誰かと継続的に群れることが苦手なので、集団においては少数派のポジションにつくことが多いです。たとえば、グループをまとめるリーダーや、そのリーダーの元で全体の調整をする役割など、集団から一歩引いた視点で関われる仕事に適しているのです。

一人が好きな人は相談相手がいないことへの孤独感や、同じ悩みを抱える人がいないことへの不安が少ないため、優秀なリーダーやマネージャーになる素質があります。

(3)流行に左右されない

同調圧力への耐性があり、「みんなが好きだから」「あの人が選んでいるから」という理由で何かを選ぶことはほとんどありません。自分の好きなものや似合うものを理解しているため、「センスがいい」と評価されることも。

人と合わせずに一人の時間を大切にしているからこそ、自分と向き合うことに長けており、落ち着いた考えや行動ができるという傾向もあります。

一人が好きな人は意外と付き合いやすい!一人好きの愛情表現

一人が好きだからこそ、周囲には気をつかう

一人が好きな人は、自分が一人でいられる時間を守るためにさまざまな工夫をしています。たとえば、周囲の人に「あの人は付き合いが悪い」と評価されると、いやいや自分の時間を割く必要が出るかもしれません。

不測の事態を避けるため、集団生活では周りに気をつかい、求められていることも敏感に察知します。

一概には言えませんが、一人が好きな人は人間関係に失敗した経験があります。自分と他人の求め合う距離感が違うと気がつくためには、痛い経験が必要なのです。そのぶん、相手を大切にすることの意味にも気がつけている場合が多く、優しい行動が出てくるのでしょう。

自分の時間を守れる相手は大切にする

一人が好きでも孤独が好きではないところが、一人が好きな人の複雑なポイントです。自分が一人になれる時間を確保しながらそばに寄り添ってくれる友達やパートナーは、一人が好きな人にとって唯一無二の大切な存在となります。

たとえるならば、猫のように好きなことをやっているけれど、たまには甘えられる。そんな関係性を築ける人なら、一人好きと言ってもずっとそばにいたいと願うはずです。

自分が大嫌いなことだから、相手を振り回さない

一人が好きな人は、相手の時間を尊重します。意味もなく一緒にいようとは言いませんし、優先したい時間があることをよく理解します。それは、自分自身が大切にしていることだからこその配慮でしょう。

一度心を許すとそんな一面を見せる一人好きですが、周囲からは「何を考えているかわからない」「とっつきにくい」などの印象をもたれることも多く、なかなかそこまで関係性を深めることができないところが難しい点です。

一人が好きな人が苦手なNG行動

「一緒にいて」アピールは大の苦手

一人が好きな人は、相手が誰であれ他人といる時間にストレスを抱えながら生きています。決められた時間のなかで楽しむことは全力で楽しんでいますが、範疇を超えて求められることが大嫌いなのです。

周囲に気をつかえるので頼られてしまうのですが、あまり多くを求めると、一人好きの魅力をつぶしてしまうでしょう。

「空気を読め」には他の人よりへこみがち

社会にとけこむために、一人が好きな人は空気を読むことに敏感です。一人が好きという特徴が悪評につながらないよう、社交的に振る舞っているタイプも多いでしょう。

そういった意識を常に持っている一人好きにとって、「空気が読めない」という言葉は深く刺さります。過度に意識しすぎると精神的につらくなってしまうことも。

ときに疲れて本音が出ることもあるかもしれませんが、「空気読めよ」という圧力はかけないほうが懸命です。

どんな内容でも「突然の誘い」はストレス源

一人が好きな人にとって、一人でいる時間は至福のとき。さまざまな予定を調整して、一人の時間を確保することがエネルギーの補給になります。その時間に、突然の誘いや予定を入れられることは、苦痛以外のなにものでもありません。

決して誘い自体が苦手なのではなく、一人の時間を潰されることがつらいのです。時間に余裕がある、かつ断れる余白を持ったお誘いを心がけてください。

これもひとつの個性、一人好きを受け止めて!

一人が好きという特徴は、一見すると人付き合いが悪いような印象を与えがち。ですが、自分の自由な時間を何に費やすかは人それぞれで、一人でいたいという欲望もれっきとした個性です。

「一人が好き」という気持ちを周囲が尊重するとともに、その特徴をふまえた調整をお互いが気持ち良い形で進められると、より安心した生活を送ることができるでしょう。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

近岡一磨【ジョブトラ20s編集部】

☆キャリアに関するブログ更新中☆//リアライブ創業メンバー/20代に特化した転職支援会社の事業責任者/社員数4名の折大学1年時に長期インターンシップとしてジョイン/大学2年の時に内定承諾/年間MVP最多取得/累計数千名支援/年間読書量1500冊超え/キャリア面談受付中!詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)