ジョブトラ20s TOP  >   第二新卒のリアルな転職体験記!おすすめブログ3選

第二新卒のリアルな転職体験記!おすすめブログ3選

 2017年12月19日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

「1年で退職したら根性がないと判断されないか」「資格やスキルもないのに転職できるのか」など、第二新卒での転職には悩みが多いものです。そんな悩みの解決の糸口になってくれるのが、実際に第二新卒で転職した人の体験記。特におすすめの体験記ブログを3つ紹介いたします。

リストラをきっかけに転職した体験記

最初にご紹介するのは「リストラされますた。~第二新卒の転職活動~」で、社会人1年目でリストラされてしまったブログ運営者が内定をもらうまでの体験記です。

ブログデータ

・転職前と転職後の業種・職種:不明
筆者の業種・職種は、最初から最後までわかりません。具体名は登場しませんが、転職の一般的な事象は書かれています。

・転職理由:リストラ
なんといってもこのブログの特徴は、リストラから転職をスタートさせていることです。

・転職活動の手段と期間:2ヶ月
転職活動を始める前に、「2ヶ月で終わらせる!」と筆者自身で設定した期間。転職支援サービスを利用して転職しています。

・特記事項:ノースキルで失業者となった若者の転職奮闘記
売り手市場と言われている第二新卒ですが、状況によっては転職が大変になるということが綴られています。

「転職とはなんぞや。」

資格やスキルもなければ、勤めていた企業の知名度も低い、さらにキャリアも1年しかないという、お世辞にも有利とは言えない状況での転職活動の様子が時系列に沿って記されています。

求職活動中の人の役に立つように、という売り文句通り、日記という形を取りつつも、さまざまな転職のノウハウが豊富です。たとえば面接については、トレーニングの方法や自分がどのような想いで面接に臨んだかが詳しく紹介されています。そのほかにも、転職支援サービスの選び方と利用してみた感想は、実際に選ぶときの参考にもなります。

転職に関して強みのない中で、ブログの最後では見事に内定を勝ち取っているため、同じような状況で転職活動をする人にとっては、励みや心の支えになるのではないでしょうか。

蛇足ですが、読んでいておもしろい(失礼!)のが、失業中の生活についてのエピソード。失業給付金や失業生活中の経済状況などお金の話や、失業中の1日は、思わず笑ってしまうものばかり。こんな生活したくない!と、いい意味で転職活動のモチベーションになると思います。

ベンチャー企業への転職をした体験記

次にご紹介するブログは「僕が社員10名のベンチャーに第二新卒で入社した理由」です。新卒でベンチャー企業に就職したブログ運営者が、入社半年で社員が10名しかいないベンチャー企業への転職をした体験記です。

ブログデータ

・転職前と転職後の業種・職種:ベンチャー→ベンチャー
不動産のERPを販売するベンチャーから、エンジニアの人材を扱うベンチャーへの転職。

・転職理由:成長のため
成長には一緒に働く人が重要!と気づき、転職を決意しました。

・転職活動の手段と期間:紹介
現在の上司が前職の企業に入社し、退職。その方からの紹介で入社しています。

・特記事項:第二新卒×ベンチャーへの転職
もともとベンチャーにいた筆者が、別のベンチャーに第二新卒として入社する理由が記されています。

「もっと成長できる環境に移りたい」

実は彼の場合、大学在学中からベンチャー企業が第一志望でした。きっかけは、大学のゼミの活動中に出会ったベンチャー企業の社員たち。自分の頭で考えて、自分の道を切り開いていく姿勢に共感したそうです。

しかし、早くもインターンとして入社したベンチャー企業で「成長が遅い」と違和感を感じます。新卒ということもあり粘り続けた結果、運命ともいえる出会いが訪れます。Tさんは売り上げも成果も段違いで、実力も違う。「この人についていきたい」と思ったそうです。そして実際、このTさんの誘いを受けて転職を決意。営業として充実した日々を送っているとのことです。

ベンチャー企業からベンチャー企業へと転職した事例は数少なく、ベンチャー企業の内情や、どんな人が向いているのかの参考にもなると思います。

女性の第二新卒での転職体験記

最後にご紹介するのは「職歴1年、第二新卒女の就職活動記」です。前職でいわゆるブラック企業に勤めていて、過酷な業務により体調に異変をきたしたため、在職1年での退職を決意したそうです。

ブログデータ

・転職前と転職後の業種・職種:不明
「リストラされますた。」の筆者と同じく具体名は書かれていないものの、前職はどうやらブラック企業。

・転職理由:ブラック企業からの脱出
仕事内容は好きだったようですが、休日出勤や社内イベントの強制など「社風」についていけなかったことが伺えます。

・転職活動の手段と期間:1ヶ月、インターネットとハローワーク
インターネットの意見を参考に、ハローワークにも通って1ヶ月で内定を手に入れています。

・特記事項:辛く苦しい転職活動の実態
退職してからの転職活動中は収入もなく、カップラーメンを買う余裕もなかったそう。転職活動の重みがずっしりと伝わります。

「採用基準なんて適当なんだと知りました」

ブログを始めたきっかけは、ブラック企業での勤務が辛くて退職した人や、退職するか悩んでいる人たちの力になりたい、という思い。転職活動の状況を公開するだけでなく、書類選考に落ちたことを”運”のせいにしてみたり、何を思ったのかなど気持ちを綴っていたりと、共感を呼びやすく、また勇気づけられる内容になっています。

最初に紹介したブログの運営者と同じように、資格やスキル、語学力など転職活動で武器となるものはありませんでしたが、最終的には合計5社から内定を得ています。この結果を聞けば、「もう働きたくない」と思っていた人でも、希望を持てるようになるのではないでしょうか。

まとめ

転職体験記は、転職を考えている人や転職中の人にとって、知っておきたい情報やノウハウが詰まっています。また、心の支えや励みとなる言葉にも出会えます。ぜひ目を通して転職活動に役立ててくださいね。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

ジョブトラ20s編集部

ジョブトラ20s編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)