キャリアアップマガジンTOP  >   転職エージェントはお世話係ではない 知らなきゃ損する裏事情と上手な活用方法

転職エージェントはお世話係ではない 知らなきゃ損する裏事情と上手な活用方法

 2018年8月16日  Posted by  編集部


転職エージェントを活用することは、転職を有利に進めるために有効な方法です。しかし、人によってサポートに差があったり、思うように対応してくれなかったりしますので、そこに頼り切ってしまうと思わぬ損をするケースもあります。そんな転職エージェントの裏事情と対策についてお伝えします。

転職エージェントの裏事情と対策(1)登録時

転職エージェントは多くの求職者を担当していますから、どうしても人によってサポートの質が違うことがあります。けれども、最初に登録を行った段階で、その差をある程度見極めることができるのです。「相手はプロだから安心」とは限りません。まずは企業を選ぶ前に、エージェント選びから考えたほうが良いでしょう。

エージェントの本気度は面談場所でわかる!

転職エージェントに登録すると、最初に担当コンサルタントとの面談が行われます。実は、そのときの「面談の対応方法」によって、エージェント側の本気度が分かってしまうのです。そのパターンは主に3つ。本気度の高い順から、

  • ホテルや喫茶店
  • 社内
  • 電話

に分かれ、向こうから足を運んでくれるほど本気度が高いと判断できます。一般的にはエージェント会社の社内で面談するケースが多いので、ホテルや喫茶店まで出向いてきてくれるコンサルタントは、本気度が強いといえます。

一方で注意していただきたいのは、最初から電話で済まそうとするケース。このような対応をする理由はいくつか考えられますが、少なくとも、あなたと直接会って話す労力を惜しんでいる可能性が高いです。

サポートも手薄なことが多く、紹介される案件が少なかったり、こちらの希望を考慮せずに受かりやすい会社を薦めてくるなど、手抜きと感じるような対応をされることもあります。

対策:こちらから本気度を見せる

せっかくプロに頼るのですから、相応のメリットがなければ利用する意味がありません。

転職エージェント会社は、コンサルタントが紹介した企業で採用が決まったときに、その企業から報酬をもらうビジネスモデルです。さらに、それがコンサルタントの実績にもなりますから、必然的に「採用が決まりやすい人材のサポートを手厚くしよう」という心理が働くのです。

そのため、求職者自身から本気度を示して、コンサルタントの中で優先順位が上がるように努力することが必要なのです。

対策(1)企業に応募するつもりで登録情報を記入する

具体策としては、登録するときにの経歴や希望条件を「企業に応募するつもり」で細かく記入することが重要です。

コンサルタントは、あなたの登録情報や話したときの印象によって転職しやすい人物かを見極めていますし、本気度が高い人ほどサポートしたくなるのが人情というものです。転職への意欲が高いことを伝えられれば、自然とサポートにも熱が入るでしょう。

対策(2)可能な限り対面での面談を希望する

そして、電話面談を促されたときは、必ず「直接会って面談をしたい」と伝えましょう。本気度のアピールにもなりますし、断られるようであればサポートもあまり期待できませんのでやめたほうが無難です。

ただし、介護職や薬剤師など、採用ハードルが低い業界は、対応人数を最大化させるため、すべて電話対応と割り切っている会社もあるようです。

転職エージェントの裏事情と対策(2)案件紹介

コンサルタントから紹介される求人案件についても、求職者からは見えない裏事情があります。念のため知っておくだけで、転職を有利に進められるかもしれません。

求人票に書けない条件を知っている

企業の採用条件などが書かれている求人票ですが、実は表向き書けない「裏スペック」と呼ばれる条件が存在します。

実は、年齢、性別、国籍、地域などについて、募集段階で限定してはいけないことが法律で定められています。しかし、エージェント側は事前に企業からヒアリングを行っており、この点についてはほぼ確実に把握していると思ってよいでしょう。

そのため、もしも応募条件を満たしているのにエージェントに渋い顔をされた場合、この裏スペックに引っかかっている可能性があります。担当者としては言いづらいところですが、率直に理由を話してもらうようお願いするとこっそり教えてもらえるかもしれません。

このような情報を少しでも知っておくと、転職活動を有利に進められる可能性も高まります。

対策:本音で話してもらえる信頼関係を築く

対策としては、まず希望を遠慮せずに伝えることです。希望に合う案件を探せしてもらえると同時に、企業の実態に合っているかを確かめてもらうことができます。

また、こちらが率直に本音を話すことで、コンサルタントからも本音を引き出せる可能性が高まります。そうして、お互いの信頼関係を深めておくことで転職活動を進めやすくなります。ただし、前職の愚痴などを伝えすぎて、「採用の可能性が低い人」と思われないようにすることも忘れないでください。

転職エージェントの裏事情と対策(3)面談後のフォロー

登録面談後のフォローについても、コンサルタントによって対応が異なります。もしかすると、人によって対応を変えているのかもしれません…。

フィードバックがないのは「期待はずれ」だったから?それとも忙しいだけ?

たとえば、面談は良い雰囲気で終わり、「それではすぐに求人を紹介しますね」と言いながら、一向に音沙汰がないというケースも起こります。

その理由は、

  • 経歴と希望条件に合う求人がない
  • 採用まで時間がかかりそうと判断され、他の求職者を優先している
  • 単純にコンサルタントの能力不足で仕事が間に合っていない

などが考えられます。担当者は複数の求職者を担当していますので、やはり結果(=採用)に繋がりそうな人から手厚くサポートするのは仕方ないことでもあるのです。

企業との面談や内定受諾を急かされる

また、コンサルタントの中には、企業との面談、内定の受諾などを急かしてくる人もいます。理由は、応募期限が迫っていることを除けば、売上を出すことに焦っている以外にありません。

どんなコンサルタントでも売上のプレッシャーは共通して抱えていますから、その焦りを求職者に見せないようにすることは大前提。そこが垣間見えるということは、コンサルタントの経験不足を疑ったほうがよいでしょう。

対策:こちらからマメに連絡をする

求職者は大勢いると分かれば、受け身ではなく自分に意識が向くように仕掛ける必要があります。

したがって、コンサルタントへこちらからマメに連絡したり、「○○日までに回答をいただけますか」と具体的な期限を指定するくらいの姿勢で臨むことをおすすめします。こうすることで、担当者も本腰を入れて対応してくれる可能性が高まるでしょう。

しかし、それでも案件を紹介してくれない、返信が遅いといった場合にはすぐに担当を変更してもらいましょう。コンサルタントの質は会社によって違うことはもちろん、1人ひとりの能力差もありますので、こちらが積極的に見定める目を持つことが必要なのです。

また、リスクを分散するためには、複数の転職エージェントに登録しておくことも必須といえるでしょう。

転職エージェントもビジネスと割り切って上手に活用しよう

「一緒にがんばりましょう!」と愛想よく振舞ってくれたからといって、騙されてはいけません。相手も売上がかかった仕事ですから、ただの良心で無料相談に応じているはずがないのです。

裏を返せば、こちらのやる気と可能性次第で非常に良くしてくれますので、その点を踏まえて上手く活用することが、スムーズな転職にも繋がるでしょう。転職エージェント選びは、企業の0次面接のつもりで臨んでみてください。


和田

和田

東京在住のフリーライター。公務員からライターに転身し、転職サービスサイト、女性向けメディアなどで記事を執筆。自己実現、女性の活躍、美容健康にも高い関心がある。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)