ジョブトラ20s TOP  >   俺、向いてないかも……営業職の向き・不向きを判断する基準は?転職の選択肢も紹介!

俺、向いてないかも……営業職の向き・不向きを判断する基準は?転職の選択肢も紹介!

 2018年8月2日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

営業職は「スキル不要の仕事」のように語られることが多いですが、意外と必要な能力が多い職種です。「俺って営業に向いてないな……」と悩む人も少なくないかと思うのですが、営業職の向き/不向きはどのように判断したら良いのでしょうか?

営業に向いていない人の特徴

営業は未経験でも働き始めるハードルが低いことが多いですが、なかなか成果を出せない人・すぐに辞めてしまう人もたくさん存在します。では、どんな人が営業に向いていないのでしょうか。

プライドが高い

営業と顧客とでは、基本的に立場がフェアではありません。自社の商品を相手に買ってもらうことが目的なので、ある程度プライドを捨てて対応しなければならない場面が多いのです。また、上司や顧客からの指摘やアドバイスを、素直に受け入れることができる人のほうが向いていると言えるでしょう。

逆算できない

期間で成果が問われる事が多い営業は、集計までにどれくらいの売上が必要になり、そのためにどう動けばよいかなどを逆算して考えることが重要となります。よって、ゴールを見据えず、目の前のことだけに集中してしまうタイプの人は向いていないと言えます。

こだわりが強い

軽いフットワークと柔軟な対応が求められる営業では、こだわりが強い完璧主義な人はあまり向いていません。自分の都合ではなく顧客のスケジュールに合わせるなどのフレキシブルな動きが出来ないと、一般的には高い成果を出すことは難しいのではないでしょうか。

自分の意見が言えない

「可愛がられる」ことと「言いなりになる」ことは、似ているようで異なります。顧客のほうが立場が上であるとはいえ、どんな顧客の意見でもまるっと飲んでしまうのでは売上に繋がりません。自分と相手、自社と顧客がともに利益を得られるよう、きちんと自分の意見を表明できる人のほうが向いています。

営業に向いているかどうかを判断するポイント

自分が営業に向いているのか、それとも向いていないのか分からない……という方もいるかもしれません。営業として働くうえで違和感をおぼえたら、以下のポイントをチェックしてみましょう。

成績が上がっても喜べない

営業のキャリアアップは比較的単純なシステムで、成果を上げることが出世に繋がります。翻って、上昇志向がなくキャリアアップや成長に喜びを感じないタイプの人はあまり営業に向いていないでしょう。営業は、他職種と比べても特に地位が高いほうが働きやすい職種です。

実力主義・成果主義に馴染めない

営業の成果は、基本的に数字で明確に現れることになります。企業によっては壁に成績を張り出したり、表彰を行なったりすることもあるでしょう。そのような世界は、年齢にあまり関係なく成果を上げた者が勝つ、いわゆる実力主義です。つまり、競争志向があるかどうかが大きな判断ポイントとなるでしょう。

変化の多い仕事が苦手

営業の仕事は、見た目以上に複雑な仕事です。業務のうち「コミュニケーション」が占める割合が高く、不定期な会食や出張も多いです。このような複雑性はストレスを生みやすいため、「明日も来年も同じ業務を続けていたい」と考えるタイプの人は少なくありません。しかし、営業に向いているとは言いづらいでしょう。

営業経験者が営業以外で活躍できる職種

コンサルタント

コンサルタントとは、経営者や企業に対して何らかのアドバイスをする仕事です。第三者の視点でビジネスを評価・指摘しなければならないため、コンサルタントになる難易度は高め。しかし営業を経験した人であれば、最低限必要とされるコミュニケーション力や、相手の考えを汲み取る力を活かせるはずです。

営業事務・アシスタント

営業の経験がある人は、営業がどのような仕事でどんな悩みを抱えているかなどに詳しくなります。そこで、転職先として「営業事務」などのアシスタント的な選択肢もあります。各種資料作成などの事務仕事がメインとなりますが、営業マンとして働いていた時の経験は間違いなく活かされるでしょう。

広報

営業職として売上を出すためには、「自社の商品・サービスがいかに優れているかを顧客に伝える力」が必要になります。これは広報やマーケティング系の職種においても重要なスキルです。営業として前線で商品を売り込むのではなく、今度は少し俯瞰的に商品のPRに努めてみるということも可能です。

 

営業は企業の顔となる存在です。コミュニケーション力が必要とされる場面が多く、向いていない人がいるのも事実。諦めずに克服するもよし、割り切って別の職種に転職するもよし。大事なのは、自分自身が楽しく働けるかどうかなのです。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

近岡一磨【ジョブトラ20s編集部】

☆キャリアに関するブログ更新中☆//リアライブ創業メンバー/20代に特化した転職支援会社の事業責任者/社員数4名の折大学1年時に長期インターンシップとしてジョイン/大学2年の時に内定承諾/年間MVP最多取得/累計数千名支援/年間読書量1500冊超え/キャリア面談受付中!詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)