ジョブトラ20s TOP  >   「どうにかなる」と思えるスキル、鈍感力を身につけよう!ただし、鈍感すぎることのデメリットも?

「どうにかなる」と思えるスキル、鈍感力を身につけよう!ただし、鈍感すぎることのデメリットも?

 2018年7月30日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

ビジネスシーンにおいては、「アンテナを張れ」「情報を逃すな」などと「敏感であること」ばかりがもてはやされていましたが、ここ数年は「鈍感であること」の素晴らしさが説かれることが多くなってきました。今回は、鈍感でいるためのスキル「鈍感力」のメリットとデメリット、また「いい鈍感力」の身につけ方などをご紹介します。

鈍感力を身につけることのメリット

結果に執着しない→どうにかなると思える

物事は成功するにしても失敗するにしても、絶対に「どうにか」はなるわけですが、こだわりが強いと「どうにもならない」と思ってしまいがちです。対して、こだわりが弱く成果などを気にしない人は、あらゆる場面でポジティブでいられます。

一回一回の結果に執着するのではなく、「とりあえずやってみよう」と思うスキルは意外にも重要なのです。

よけいな気遣いをしない→ストレスが溜まりにくい

また、鈍感力を身に付けると余計な気遣いをしなくて済むようになります。上司や顧客の顔色を伺いすぎるとストレスが溜まってしまったり、自分にメリットの少ない条件を飲んでしまったりします。ビジネスマナーを気にしすぎるのは日本人の特徴ですから、ここに鈍感でいられるのはスキルのひとつと言ってもよいでしょう。

細かいことを気にしない→挑戦しやすくなる

何かひとつのことに取り組んでいると、「なんか違うな……」と感じて別の活動を始める。それもまた「違う」と感じてしまう……というスパイラルに陥る人は少なくありません。しかし鈍感力があれば結果が気にならなくなるので、とりあえずひとつのことに集中して取り組むことができるようになります。個人的にはこれが鈍感力の最大のメリットであると考えています。

要注意!鈍感力を高めすぎるとこんなデメリットも…

鈍感であることはメリットが多いのですが、その塩梅を考えないと失敗に直結してしまうものでもあります。

上司の指示やアドバイスなどに気づかない、素直に従わない

自分とまったく同じ考えを持った人間は存在しないので、上司に限らず他人からのアドバイスというものは参考になる部分が少なからずあるものです。他人の意見に対して鈍感になりすぎると、その「学び」のタイミングを逃してしまう恐れがあります。

「興味のない分野」から得られる学びは大きいため、その機会損失になってしまうリスクを考えると、鈍感力は高めすぎないほうがよいと言えます。

何度も同じ失敗を繰り返してしまう

アドバイスを聞き入れないことの副次的作用として、同じ失敗を繰り返してしまうことも考えられます。「失敗しても凹まない」のはメリットですが、「失敗から何も学ばない」のでは問題があります。このあたりは割と紙一重なので、バランスをうまく調整していく必要があります。

”いい”鈍感力を鍛える方法

以上のように鈍感力はメリットとデメリットの両面をはらんでいますが、どうすれば鈍感力のメリットだけを享受することができるのでしょうか。ここからは、「いい鈍感力」を身に付ける方法を考えてみましょう。

相手の反応で自分を評価しない

自分で自分のことを評価するのはとても難しいことですが、だからといって他人からの評価だけを頼りにすることは賢明ではありません。いい鈍感力を身に付けるために、まずはある程度の「自分なりの尺度」を作り、他人の反応や評価は参考程度に考えることから始めてみましょう。

物事のいい面を見つける

前述の「学び」に関する部分とリンクすることですが、どんな相手や出来事に対しても「いい面」を見出すクセをつけてみると、鈍感力が高まりすぎることを抑制できます。

「嫌いな人だから」や「苦手なことだから」といった理由で物事を完全にシャットアウトするのではなく、「怒ってくれるだけありがたいな」「話のネタになるかもしれない」などと多少強引に考えて一歩踏み出してみましょう。またこうすることで、自分に対して100%デメリットしかない物事のほうが少ないことがわかり、ポジティブになれますよ。

信念を持つ

何かと不安定な現代において、何かを絶対的に信じることは容易ではありません。しかし、自分の思考や行動の軸となる「信念」くらいは持っていても良いと思います。信念がないと何に対しても心から取り組むことが難しく、広く浅い人間になってしまいがちです。

ですから、基本的な信念だけは持っておいて、たまに他者の意見に寄り道するくらいにとどめておくことが重要です。仕事や読書などを通して多くの人の考えを知り、その中から自分なりの価値観を導き出しましょう。

 

鈍感力を鍛えると、以上のようなさまざまなメリットを享受することができます。うまくスキルとして身につけることができれば、仕事やプライベートで活かせる場面は多いでしょう。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

近岡一磨【ジョブトラ20s編集部】

☆キャリアに関するブログ更新中☆//リアライブ創業メンバー/20代に特化した転職支援会社の事業責任者/社員数4名の折大学1年時に長期インターンシップとしてジョイン/大学2年の時に内定承諾/年間MVP最多取得/累計数千名支援/年間読書量1500冊超え/キャリア面談受付中!詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)