キャリアアップマガジンTOP  >   「どうにかなる」と思えるスキル、鈍感力を身につけよう!ただし、鈍感すぎることのデメリットも?

「どうにかなる」と思えるスキル、鈍感力を身につけよう!ただし、鈍感すぎることのデメリットも?

 2018年7月30日  Posted by  編集部

ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

ジョブトラ20s
★非公開の優良ベンチャー情報を厳選紹介
・第二新卒&未経験業界への転職もOK
・20代で市場価値が高まるキャリアを提案
・選考フォローが手厚く、内定獲得率・年収UP率ともに高い
大注目の優良ベンチャー情報を得るなら、ジョブトラ20s

公式 

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

ビジネスシーンにおいては、「アンテナを張れ」「情報を逃すな」などと「敏感であること」ばかりがもてはやされていましたが、ここ数年は「鈍感であること」の素晴らしさが説かれることが多くなってきました。今回は、鈍感でいるためのスキル「鈍感力」のメリットとデメリット、また「いい鈍感力」の身につけ方などをご紹介します。

鈍感力を身につけることのメリット

結果に執着しない→どうにかなると思える

物事は成功するにしても失敗するにしても、絶対に「どうにか」はなるわけですが、こだわりが強いと「どうにもならない」と思ってしまいがちです。対して、こだわりが弱く成果などを気にしない人は、あらゆる場面でポジティブでいられます。

一回一回の結果に執着するのではなく、「とりあえずやってみよう」と思うスキルは意外にも重要なのです。

よけいな気遣いをしない→ストレスが溜まりにくい

また、鈍感力を身に付けると余計な気遣いをしなくて済むようになります。上司や顧客の顔色を伺いすぎるとストレスが溜まってしまったり、自分にメリットの少ない条件を飲んでしまったりします。ビジネスマナーを気にしすぎるのは日本人の特徴ですから、ここに鈍感でいられるのはスキルのひとつと言ってもよいでしょう。

細かいことを気にしない→挑戦しやすくなる

何かひとつのことに取り組んでいると、「なんか違うな……」と感じて別の活動を始める。それもまた「違う」と感じてしまう……というスパイラルに陥る人は少なくありません。しかし鈍感力があれば結果が気にならなくなるので、とりあえずひとつのことに集中して取り組むことができるようになります。個人的にはこれが鈍感力の最大のメリットであると考えています。

要注意!鈍感力を高めすぎるとこんなデメリットも…

鈍感であることはメリットが多いのですが、その塩梅を考えないと失敗に直結してしまうものでもあります。

上司の指示やアドバイスなどに気づかない、素直に従わない

自分とまったく同じ考えを持った人間は存在しないので、上司に限らず他人からのアドバイスというものは参考になる部分が少なからずあるものです。他人の意見に対して鈍感になりすぎると、その「学び」のタイミングを逃してしまう恐れがあります。

「興味のない分野」から得られる学びは大きいため、その機会損失になってしまうリスクを考えると、鈍感力は高めすぎないほうがよいと言えます。

何度も同じ失敗を繰り返してしまう

アドバイスを聞き入れないことの副次的作用として、同じ失敗を繰り返してしまうことも考えられます。「失敗しても凹まない」のはメリットですが、「失敗から何も学ばない」のでは問題があります。このあたりは割と紙一重なので、バランスをうまく調整していく必要があります。

”いい”鈍感力を鍛える方法

以上のように鈍感力はメリットとデメリットの両面をはらんでいますが、どうすれば鈍感力のメリットだけを享受することができるのでしょうか。ここからは、「いい鈍感力」を身に付ける方法を考えてみましょう。

相手の反応で自分を評価しない

自分で自分のことを評価するのはとても難しいことですが、だからといって他人からの評価だけを頼りにすることは賢明ではありません。いい鈍感力を身に付けるために、まずはある程度の「自分なりの尺度」を作り、他人の反応や評価は参考程度に考えることから始めてみましょう。

物事のいい面を見つける

前述の「学び」に関する部分とリンクすることですが、どんな相手や出来事に対しても「いい面」を見出すクセをつけてみると、鈍感力が高まりすぎることを抑制できます。

「嫌いな人だから」や「苦手なことだから」といった理由で物事を完全にシャットアウトするのではなく、「怒ってくれるだけありがたいな」「話のネタになるかもしれない」などと多少強引に考えて一歩踏み出してみましょう。またこうすることで、自分に対して100%デメリットしかない物事のほうが少ないことがわかり、ポジティブになれますよ。

信念を持つ

何かと不安定な現代において、何かを絶対的に信じることは容易ではありません。しかし、自分の思考や行動の軸となる「信念」くらいは持っていても良いと思います。信念がないと何に対しても心から取り組むことが難しく、広く浅い人間になってしまいがちです。

ですから、基本的な信念だけは持っておいて、たまに他者の意見に寄り道するくらいにとどめておくことが重要です。仕事や読書などを通して多くの人の考えを知り、その中から自分なりの価値観を導き出しましょう。

 

鈍感力を鍛えると、以上のようなさまざまなメリットを享受することができます。うまくスキルとして身につけることができれば、仕事やプライベートで活かせる場面は多いでしょう。


ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

市根井

市根井

1994年生まれ群馬県在住、新卒でいきなりフリーライターになりました。 群馬メディア「gooma」、観光メディア「SPOT」などで記事を書いています。得意分野は地方・フリーランス・WEBなど。 http://gooma.jp

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)