ジョブトラ20s TOP  >   「人を巻き込む力」は仕事に必須!一人で抱え込まずに人を巻き込んで仕事する方法

「人を巻き込む力」は仕事に必須!一人で抱え込まずに人を巻き込んで仕事する方法

 2018年7月30日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

「人を巻き込む力」は、社会人向けのスキルとして耳にする言葉です。人を巻き込む力の有無で、仕事はどのように変わるのでしょうか。また、なぜ人を巻き込む力が必要なのでしょうか。社会人として「人を巻き込む」ことの大切さを、「人を巻き込む力」を育てる方法とともにご紹介します。

どうして仕事に「人を巻き込む力」が必要なの?

「人を巻き込む力」と言葉にしてみると、相手に迷惑をかけるような印象が残るかもしれません。しかし、人を巻き込む力は仕事で必ず使うときが来る重要なスキルです。なぜ仕事をしていると人を巻き込む力が必要になるのでしょうか?その理由をご紹介します。

一人でできる仕事はひとつもない

業種、職種を問わず、すべて自分一人で完結している仕事はどこにもありません。個人で処理できるタスクには限界があり、それぞれが強みを生かしながらお互いタスクを処理してチームを組むからこそ、ひとつの目標を達成できるものです。

人を巻き込む力のない人は、一人で仕事を抱え込んでタスクに追われてしまい、仕事の生産性が低くなったり、強みを生かせなくなったりします。

さらに、キャリアアップしていけばいくほど一人では完結しない仕事が増え、人を巻き込む必要性が出てきます。与えられたタスクなら問題なく処理できるのに、プロジェクトになると途端に成果が出なくなる人は、人を巻き込む力が足りないのかもしれません。

人を巻き込めば効率的に仕事を進めることができる

人を巻き込む力とは、単純に人と一緒に仕事をすることだけを指すのではなく、相手に適切な仕事を任せることができることも含んでいます。したがって、人を巻き込む力のある人は、仲間の強みを理解しています。

お互いが得意なことや強みを生かして業務に取り組めば、生産性は上がります。人を巻き込む力のある人は、効率的に仕事を進めることができるのです。

簡単そうで難しい、人を巻き込む必要のあるプロジェクト

たった一人で大きな成果を達成することと、大人数のチームで大きな成果を達成すること。目立つのは前者ですが、より難しいのは後者です。志も性格も違う人たちが同じ方向を向いてがんばるということは、当たり前のようにはできません。

人を巻き込む力のある人は、後者のようなプロジェクトをする際、必要な人材です。具体的なスキルではないかもしれませんが、チームメンバーをまとめてモチベーションを維持できる人は、どんな職場でも必要とされます。

「人を巻き込む力」を備える人が持つ3つの特徴

では、「人を巻き込む力」のある人はどんな人なのでしょうか。何故その人がいると自然と人が集まり、共に歩もうと思うのか、特徴を元に考えていきます。

(1)「この人の言うことは信じられる」と思わせる

人を巻き込む力の根底にあるのは、信頼です。信頼をどのように得るかということに関しては、簡単なノウハウとして書くことなど到底できないものです。

「言っていることとやっていることが一致している」、「相手をだまさない」、「感謝やお詫びの気持ちはきちんと伝える」などのポイントは押さえておきましょう。これらを日々当たり前のように続けられる人は、意外と少ないものです。

また、非常時でもパニックにならない冷静さや、自分や他人を感情的に判断しない客観性も信頼につながります。いずれも、日々の態度や行動で示していくものなので、無意識になるほどに積み重ねていくことが必要です。

(2)「優秀ではないけど魅力的」と評価されやすい

人を巻き込む力がある人は、決して完璧主義者ではありません。時に弱い部分を見せることも、できないことを認めることもあるでしょう。あらゆる人間的な部分を全てさらけだせる心の強さが、相手から見たとき、魅力になります。誰かに「優秀ではない自分」を見せることを恐れない姿勢が、人を巻き込む力がある人の特徴です。

(3)成し遂げたいことを口に出して言う

自分の夢や目標を語ることは、年齢を重ねれば重ねるほど難しくなるものです。実現するための苦労や時間を理解していて、さらに、それを口に出して言える人は周囲の心を動かし、巻きこむことができます。「絶対にこれを成し遂げたい、だから協力してくれ」というメッセージは、その目標のために協力したいと思わせてくれます。まずは自分の目標を口に出す習慣をつけましょう。

「人を巻き込む力」をこれから身につけるには?

「人を巻き込む力」を無意識でも発揮できる人は良いのですが、これから鍛えていくにはどうしたら良いのでしょうか。日々の行動で身につけられる3つの方法をご紹介します。

他人の魅力を見つけるプロを目指す

まず、周囲にいる人たちの強みを発見できるようになりましょう。自分がいつかその人と協力するときに、どんなことを任せたら輝くのかをイメージしてください。

そして、それを可能な限り相手に伝えてみましょう。「こんなに細かい作業ができるの、すごい」、「そういう丁寧なやりとりができるところ、すごく良いと思う」など、仕事に重ねて評価すると自然なコミュニケーションになります。

余力を見せない

人を巻き込むときの大前提は、自分が全力で取り組んでいることです。余裕を見せた表情で「ちょっと協力してくれない?」と言われても、助けたいと思えませんね。人を巻き込む理由が「楽をしたい」ではなく、全力でさらなる高みを目指したいということを伝えられるよう、余力は見せないように心がけてください。

一人でできることも複数人でやってみる

小さなタスクでも誰かと協力して進める癖をつけていると、大きな案件も自然とチームワークで動けるようになります。誰かと仕事を進めると、コミュニケーションの重要性やミスするポイントなどがわかってきます。その経験を重ねることが、人を巻き込む力を育てるきっかけになることでしょう。

伸び悩んでいる人は「人を巻き込む力」を意識してみよう

仕事での成長が感じられないという人は、自分自身の限界まで到達したのかもしれません。人を巻き込んで進めていく仕事は、自分のスキルを高めることとはまったく違った刺激と成長があります。人を巻き込む力をつけ、自分の経験値を更に高めていきましょう。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

近岡一磨【ジョブトラ20s編集部】

☆キャリアに関するブログ更新中☆//リアライブ創業メンバー/20代に特化した転職支援会社の事業責任者/社員数4名の折大学1年時に長期インターンシップとしてジョイン/大学2年の時に内定承諾/年間MVP最多取得/累計数千名支援/年間読書量1500冊超え/キャリア面談受付中!詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)